「インゲニウム:写真と工学 1846-2006」展

HAPPENINGText: Filip De Haes

Thomas Weinberger
“Cracker”, Esso Raffinerie, 2003 © Thomas Weinberger

写真展「インゲニウム:写真と工学 1846-2006」が、ボザールで開催されている。本展では、世界各地164名の写真家による345点の写真を展示しており、テーマである「インゲニウム」、つまりは「人間の巧妙さ」であり、その中に「ジーニアス(才能、天分などの意)」という言葉を見てとることができるだろう。

Richard Woldendorp
Car cemetery at Sims Metal, Perth Industrial Area, for recycling, Western Australia, 1991 © Richard Woldendorp

展示は、地球、水、火、空気の4つのカテゴリーに分けられている。これらから、風船、飛行機、鉄道、炭坑、山火事、雷、橋、車、洪水、地震、宇宙への旅、摩天楼などの作品がおそらく想像できるだろう。

Edward Burtynsky
Shipbreaking #42, Chittagong, Bangladesh, 2001 © Edward Burtynsky

この展覧会をアーティスティックに解説できるレポータが数多くいることは間違いないだろう。実際には、いい写真を単に集めた展示にすぎないのだが、足を運ぶに値するかと聞かれれば、値するだろう。

学生やお年寄り、無所得の人や教師などは割引を受けられるが、通常の入場料は7ユーロ。

Ingenium: Photography and engineering 1846-2006
会期:2007年7月6日~9月9日 
時間:10:00~18:00(木曜日21:00まで)
会場:Bozar, Center for Fine Arts
住所:23 Rue Ravensteinstraat, 1000 Brussels
TEL:+32 (0)2 507 8200
http://www.bozar.be

Text: Filip De Haes
Translation: Kyoko Tachibana
Photos: Courtesy of Bozar, Center for Fine Arts © the artist

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
マナカ・プロジェクト
MoMA STORE