ヨアヒム・シュミット展

HAPPENING

ロンドンの繁華街の程近く、SOHOに「The Photographers’ Gallery」がある。ひとりのフォトグラファーにフォーカスした展示から、イメージをめぐる歴史的な検証にいたるまで、その名の通り写真を専門としたギャラリーだ。「The Photography Prize」という主要なフォトアワードのホストを担うなど、その存在感はヨーロッパでも際立つ。日本からは川内倫子や都築響一なども展示を行っているが、いつ訪れても示唆に富む展示に出会えるだろう。ロンドンに着いたらさっそく覘いてみたいギャラリーのひとつと言える。そして、僕がロンドンにいた4月20日に始まったのが、ヨアヒム・シュミット展と「Found, shared: The magazine photowork」展だ。(どちらも6月17日まで開催中)

photog_01.jpg


ヨアヒム・シュミットは、1980年代から活躍するドイツ人の批評家であり写真のアーティストである。しかし、彼自身はフォトグラファーではない。「Fotokritik」という写真批評誌を立ち上げた後、『古い写真を使い尽くすことなしに、新しい写真はありえない!』と大胆にも公言。さまざまな写真を蒐集してはユニークな視点でエディットし、それをアートとして表現している人物だ。

photog_02.jpg

主な作品はこんな感じである。1982年から2007年のロンドンまで、ひたすら街で拾い続けたスナップショットとIDフォト集「Pictures from the Street」、あるいは広告で使われた同じ構図のポートレートをつなぎ合わせる「Photogenetic Drafts」などなど。そのコンテクストを言葉で説明するのは簡単かもしれない。それでも、コレクションが整然と並べられたときの違和感とユーモアは、ありがちなイメージのクリシェを浮かび上がらせるのに充分だ。まるでカメラを目の前にして、必ずやってしまうパターンには謎めいた普遍性があるかのように。

そしてもうひとつの展示「Found, shared: The magazine photowork」もまた、興味深いものだった。こちらはドイツ発「OHIO」、オランダ発「Useful Photography」、アメリカ発「Found」という3つの“普通じゃない”フォトビジュアル誌のインスターレション。これらの雑誌の特徴は、写真を撮らずに選ぶ、ということだ。

photog_03.jpg

「OHIO」は、フォトコレクターとアーティストという異色のコラボレーションで、イメージを再構築する挑戦的なメディア。「Useful Photography」は、ハイアートと日常写真の間すれすれにある豊かなイメージをコレクトする。プロデュースはクリエイティブ業界を賑わすケッセルスクラマーだ。そして、「Found」は、いろんな人が偶然見つけた古ぼけた写真と、「I found …=私はどうやってそれを見つけたか」というメッセージとともに構成されている。

ふたつの展示に共通する視点は明白だ。アマチュアによる写真、あるいは名も無きプロフェッショナルによる写真が大量にあって、エディターやキュレーターの手によって、それぞれの写真は現像されるにいたったストーリーとはまったく違った新たな意味が与えられたのである。そこには選んだ人のトーンがにじみ出る。時にはバックグラウンドの違いから理解しがたいパロディもあるが、分かる感じと分からない感じも含めて、私たちは発見を楽しむ。

話がそれるが、毎年「TIME」誌では、一年の締めくくりとして「今年の顔」が表紙を飾る。2004年はブッシュ大統領、2005年はビル・ゲイツ夫妻とボノ(U2)と、言わずと知れたビッグネームが続いた。そして昨年の表紙は、ミラー加工されたPCスクリーンと「YOU」の文字。もっとも世界に影響を与えた2006年の顔は、鏡に映ったパソコンの前の「あなた」というものだった。

かつてないスケールのグローバルなコミュニティと能動的なコラボレーション、TIMEは昨年の出来事をそうまとめている。いわゆる「web2.0」的なテクノロジーによって、みんながつながるフラットな世界に僕たちは生きているのだ。そこでは誰もが何かをアップロードでき、すぐさまそれを共有する。ブログを書いたり、FlickrやYouTubeに写真や動画を投稿すれば、「あなた」は既にオーディエンスのいる表現者だ。こうして言うまでも無く、アマチュアとプロフェッショナルの垣根が大きく揺さぶられているのが今である。Googleでイメージ検索をすれば、瞬時にピンからキリまでヒットする。デジタルの時代に、イメージとの関わり方がいよいよ劇的に変わってきたのだ。

ギャラリーの話に戻ろう。ここでは無数の「あなた」が存在していた。それでも作品として鑑賞するならば、美しいものもあれば、そうでないものもあった。テクストは美をフィクションで補うものの、圧倒されるほどの美しさには巡りあえなかった、というのも本音ではある。ただ名のあるフォトグラファー不在の展示は、“写真”そのものの変化を爽快に示唆していた。

時代の気分とともに、写真を鑑賞すること、ひいては写真との距離感も変わっていく。やがて「あなた」が写真を撮るときに、豊かなフィードバックがやってくるだろう。過去のリミックスが価値を増幅する中で、飛び抜けた強さをもつ美しさは、その先の変動から生まれるはずである。

ヨアヒム・シュミット展/Found, shared: The magazine photowork展
会期:2007年4月20日〜6月17日
会場:The Photographers’ Gallery
住所:5 & 8 Great Newport Street, London WC2H 7HY
TEL:+44 (0)20 7831 1772
info@photonet.org.uk
http://www.photonet.org.uk

Text and photos: Yoshihiro Kanematsu

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
マリアンナ・ドブコウスカ
MoMA STORE