アラン・フレッチャー回顧展

HAPPENING

123london1.JPG

たった一枚の紙の上に、それもポストカードサイズ、時にはもっと小さな名刺サイズだったりする。そんなにもちいさな空間に、線と形、カラーと余白、それだけで構成されうるものがある。そのシンプルさに、改めて驚かされる。そして、身の回りにあるあらゆるものが、その「グラフィックデザイン」という行程を経て存在するということ、そこに含まれる思惑について、思いをめぐらす機会となるかもしれない。


123london2.JPG

『アラン・フレッチャー、グラフィックワークの50年(そして遊びの)』と、題されたエキシビジョンは、昨年9月に惜しくも亡くなった英国グラフィックデザインの草分け的存在である彼の、50年に渡る軌跡をたどる回顧展である。「フレッチャー/フォーブズ/ギル」や「ペンタグラム」の共同創立者、またロイター、IBM、ポラロイド、ピレリ、ヴィクトリア&アルバート美術館などを、大きなクライアントとして抱えたアラン フレッチャー。その作風はシンプルでエレガント、気がきいていてかつ遊び心にあふれている。

企業のためのグリーティングカードから、ポスター、ブックカバーデザイン、パッケージデザイン、ステイショナリーなどプロダクトデザインと、数百にのぼる作品が展示されているこの企画展。デザインというものが、ただの仕事としてではなく、フレッチャーにとって人生の一部であったことを物語るように、妻のパオラにあてたポストカード、PAOLA という字体を使ってのコラージュなど、プライベートな一面を垣間見ることができるのも興味深い。

123london3.JPG

入り口を入ると、ロンドンバスにプリントされたピレリ社スリッパの広告に迎えられる。ちょうど窓から見える乗客を上手に作品に取り入れたデザインには、感心する前にくすりと笑ってしまわずにいられない。そのとなりには、スリッパのノベルティとしてデザインされたスリッパホルダーがある。それはスリッパをくわえることのできるカードボードでできた犬の形のホルダーで、とにかくそのアイディアがかわいらしくて、スリッパを買ってしまった人も多かっただろうと思ってしまった。 

123london4.JPG

プリントの担当者があまりのまぶしさにサングラスをしないと作業ができなかった、と語るオリベッティの蛍光で描かれたポスターからは、色の魅力が、ベーゼルの公園のためにデザインされた、あらゆるものの形(鳥や猿、植物や道具、スポーツなど)が切り抜かれたフェンスからは、形のおもしろさが、存分に伝わってくる。おもしろいゲートがないから、と自宅のゲートをアルファベットを縦に長く長くのばしたフォントで作ってしまう。この人は、ほんとうにデザインを楽しんで、そして愛していたのだろう。

123london5.JPG

そしておもしろみを追求するだけではなく、クライアントの意向をしっかりと理解し、需要にあったデザインを供給する、ということ。その対象である商品や企業と、イメージがぴったりと合うデザインであることにも、フレッチャーは非常に長けている。60年代にデザインされたヴィクトリア&アルバート美術館の V&Aというシンプルなロゴが、現在でもなおしっくりと馴染んで、使われていることもうなずける。

アラン・フレッチャーの50年をたどるには、たっぷり一時間以上はかかるだろう。そこにあふれるアイディアやスタイルはグラフィックデザイナーでなくとも、きっと十分に楽しむことができるだろう。そして、デザインというものが、いかにわたしたちの生活を、ほんの少し明るく、楽しく、彩りうるということに気がつかされ、なんとなくうれしくなったりするだろう。

ALAN FLETCHER 50 YEARS OF GRAPHIC WORK (AND PLAY)
会期:2006年11月11日〜2007年2月18日
会場:DESIGN MUSEUM LONDON
住所:Shad Thames London SE1 2YD

Text and Photos: Sayaka Hirakawa

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
カラードットインク
MoMA STORE