リカルド・リニエルス・スリ

PEOPLE


『ウディ・アレンの映画「スターダスト・メモリーズ」に、ウディが世の中の悪魔や破壊、癌や戦争すべてに不満を漏らすシーンがある。そうしたら突然、宇宙人が宇宙船から出くるんだ。ウディは彼らに、こんな世の中をどうすればいいのか訪ね、宇宙人は答える。ましなジョークを言いなさい、と。』

リカルド・リニエルス・スリは、毎朝「ラ・ナシオン」新聞で会える魔法の世界のへんてこキャラクターの作家だ。以前は「パジナ12」新聞で登場していたのと同じキャラクター達だ。今では、キャラクター達は違った観点や性格などのもっと細かいところまで描かれている。現在、彼は絵本の編集をしたり、新しいコミックのためにスケッチをしたりしている。彼はスペイン、バルセロナから招かれて、「マカヌード」(コミックのタイトル)の原画を見せたり、コミックを編集する予定である。

『僕は幼いころにみんながするように絵を描き始めたんだ。』と彼は言う。『両親はただペンをくれて、リカルド、何か描いてみなさいって言っただけ。けどそのうち夢中になってきて、それがすごく楽しくて仕方なくなったんだ。他の子供たちは僕のことをスーパーヒーローだと思っていたよ。ただ絵が描けるだけでね。そのうち、子供達は絵を描くのをやめて他のことをするようになるんだけど、僕にそんなことはなく、絵を描き続けたんだ。たぶんきっと、僕が成長しなかったんだね。』

彼は続ける。『幼少時代ってすばらしいよ。だって目に映るすべての世界がはじめてのもので、新しい発見ばっかりなんだから。全部がすばらしくて、なんでも可能に見えるんだから。サンタクロースを信じていて、とってもイノセントでオープンなんだ。皮肉なんて知らないんだよ。僕が子供のころ、ベッドの時間になると、天井をみつめて、父がドアを閉めたら、部屋が真っ暗になるんだけど、僕はもう天井なんかなくなっちゃったんじゃないかって思ってた。僕の中では天井は毎晩消えるものだったんだ。』
彼の本を読めば、彼が無垢なままなのだとわかる。私たちが彼の魔法の世界を信じてしまうのは、私たちの中にある無邪気な部分に話しかけてくるから。気づけば、もう家だけど、もっと彼の世界と遊んでいたくなる。

『僕は落書きが好きなんだ。コミックのために絵を描いていると、落書きの精神が失われてしまうよね。面白いのを描かなくちゃいけないプレッシャーがなくて何でも好きなものを描ける状態があれば、本当にいいのが描けるんだ。僕はアイディアだけのコミックを見るのが好きだし、まだ考え中のアイディアを見るのも大好きだよ。』リカルドは言う。
私たちは彼のコミックがないといけないくらいに夢中で、他の誰かに彼のコミックをプレゼントしないといられなくなる。なぜならそれを読めばすべてが通じ合えるから。だからもちろん、ベットにはいって彼のコミックを読むのが待ちきれなくなる。

彼は幸せそうな小鳥が草原を飛び回る風景を夢見ていて、私も同じだ。たぶん彼が今まで都会でしか生活したことがないからだろう。『騒音、汚染や人だらけの環境なんだ。家を出たら小鳥や木々が見たいよ。でも、ここはここで楽しいから、ここから逃げ出す必要はないんだ。』

たまに彼の絵が私たちの住む世界に批判的であっても、彼は『世界はいい方向に向かっていると思うし、違う時代や場所で生きたいとも思わないよ。人間の権利は昔に比べて大分良くなってきているしね。僕は今で十分に幸せだよ。だって、したいことをやれているし、いいことだって起こるんだよ。僕の友達以外の人が、僕の本を読んでくれるなんて思っても見なかったんだから。』と。

リカルドはまたこんなことも言ってくれた。『法律と経済の勉強を始めたことがあったんだけど、あれはひどいもんだったよ。もし僕が絵を描くこと以外の道に進んでいたら、きっとみんなにとっても良くはなかっただろうね。僕はやりたいことをやっている人々と一緒にいれるのだから、僕もやりたいことをやらないとね。』

彼はとってもシンプルで面白い男だ。冗談ばかり言ってシャイな自分を隠している。これも彼の魅力なんだろう。だから彼の創り出すキャラクターを信じられるのだろう。

『僕は、僕のコミックが自由でオープンであることが好きなんだ。僕のコミックに退屈したくはないんだ。だからたくさんのキャラクターを描くし、そのキャラクターがもう面白くなければなくしちゃっても平気なんだ。僕はコミックに登場するすべてのキャラクターが好きだよ。全部のキャラクターを混ぜ合わせたら僕自身になると思う。謎めいていて、繊細で馬鹿な僕にね。』とリカルドは強く言う。

私は彼に好きなものと嫌いなものを聞いてみた。『なんでもない様な些細なものが本物だと思う。もし誰かに何かとても小さな発見をしたら、それがその人自身なんだろうね。みんな何か些細なもので繋がっているんだよ。』とリカルドは答えてくれた。

私は家に帰って、ましなジョークでも考えよう。貴重な小さな絵とお近づきになれたし、そこには世界中のソウルメイトがいることを知ったのだから。そして、なんであれ、そこには小さな天国のかけらがあるのだから。

Text: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Naoko Wowsugi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE