トランスレーション展

HAPPENING


パリにある「パレ・ド・トウキョウ」は、2002年のオープン以来、コンテンポラリーカルチャーの最先端にて飛躍的に成長を遂げ、今や全てのアートを愛する者達やファッションジャンキー達にとって、はずせない場所になっている。

この夏「パレ・ド・トウキョウ」は、グラフィックデザイナー「M/M」(ミカエル・アムザラムとマティアス・オグスティニアック )をセレクターに招き、ギリシャのコレクター、ダキス・ヨアノウのコレクションを展示する「トランスレーション」展を行った。ヴァネッサ、ビークロフト、マウリツィオ・カテラン、マイク・ケリー、村上隆、ジョセフ・コススなど、この一大プロジェクトのキャスティングも素晴しい。言ってみれば、世界でも稀なアートセンターの1つにおける、コンテンポラリーカルチャー 最高の作品群だ。

実際に「パレ・ド・トウキョウ」の広大な展示スペースにあるヴィジュアルオペラでは、様々なアートワークが互いに影響し合い、それは混沌としていながらも、とても楽しい「M/M」世界への旅となった。


M/M, poster

「M/M」は、ペインティングに彫像を重ねたり、アートワークにポスターを施したり、またはポスターにアートワークを施したりしながら、一般的ではない、意外な、もしくは絶対に合わないと思われるような組み合わせをつくりだしていた。この「トランスレーション」展は、彼らが他でも開催中のグループ展と同じように、「M/M」の大きなインスタレーションとも言える。「M/M」のポスターも素晴らしく、時にそれらはアートワークそのものよりも良く見えたから面白い。とてもパワフルで、興味をそそるできだった。


F.O.B. by Ashley Bickerton, 1993

また、それに劣らず十分に印象的な作品もいくつかある。その1つが村上隆氏のプロジェクト「INOCHI」だ。これは村上氏の新しい作品で、約5フィートのエイリアンボーイの像が、日本の教室の様々なシーンのショートビデオと共に展示されていた。特に牛乳アレルギーのビデオには笑わされた。村上氏の作品の可愛さは、同時に商業的でもある。彼はこのプロジェクトを、まるで車やレジャーのプロジェクトのように手がけていた。東京の大手フィルムメーカーの会社と共に、スクリプト、キャスティング、サウンド、コンセプトなどプロジェクトの様々な要素に働きかけている。コンテンポラリーファインアートの世界で、最も意欲的な魅力あるフィルム作品になっていた。


Amazing Grace by Nari Ward, 1993

様々な作品に埋もれてしまう環境ながらも、印象的なアートワークは他にもある。例として、ジェフ・クーンズの「ミラーバルーン」(Moon/1994-2000) ステインレス・スチールバージョンがある。この作品は「M/M」のポスター(オランダのファッションフォトグラファー、イネズ・ファン・ラムスヴィールデとフィノード・マタディンとのコラボレーション作)と、フィリップ・バレノとピエール・ユイグによるカーペットに反映されていた。しかし何よりもすごかったのは、「M/M」のアートワークとシアターグラフィックが共存するある部屋だった。「アメイジング・グレイス」と名付けられたナリ・ワードのインスタレーションである。その部屋を歩くと、マハリア・ジャクソンによる「アメイジング・グレイス」の歌が流れ、とても強い敬虔な雰囲気を醸し出していた。日常の断片を、強制的に人間の経験についての陳述に変換してきたこのアーティストは、いつも感情的に訴える。この「トランスレーション」で「M/M」は、クリエイティブの経験についての陳述に、アートワークを掛け合わせることを決めた。


TRANSLATION

会期:2005年6月23日〜9月18日
会場: Palais de Tokyo
住所:13, avenue du President Wilson F – 75116 Paris
http://www.palaisdetokyo.com

Text and Photos: Vincent Vella from Batofar
Translation: Yurie Hatano

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE