カール・フィッシャー & フランク・ハビット

PEOPLE


Andy Warhol © Carl Fischer


今月、世界で最もホットなショップのメッカとも言えるコレットが、2人のフォトグラファーと共に60年代へとタイムスリップする。

ギャラリースペースでは、エスクァイア・マガジン(1963 – 1977)の写真で有名なアメリカ人フォトグラファー、カール・フィッシャーの作品が60年代を再現し、1階スペースに展示されるフランク・ハビットの作品集「KARMA SIXTIES」への完璧な空間をも創りあげる。


Telly Savalas © Carl Fischer

ベトナム戦争、市民権運動の拡大、フェミニズムの台頭、セックス、ドラッグ、ロックンロールで彩られた激動の60年代。そんな時代、ニューヨークの写真家カール・フィッシャーの高度な技術力と、ドイツ生まれの写真家フランク・ハビヒトの構図はまったく対照的なものだった。

60年代のエスクァイア・マガジンにおける大多数の写真を手掛けたカール・フィッシャーは、ニューヨークのマディソン通りに位置するクリエイティブ・エージェンシーのトップ、ジョージ・ロイスとよく仕事をした。ハンドメイドでディテールをつくるという高度な技術に注目した新手法の概念化を、プロデューサーであるハロルド・ヘイズと共に進め、その結果、彼の作品は「ビジュアルの変容」と称されるようになった。


Dustin Hoffman © Carl Fischer

つまり、フィッシャーの作品はその当時にしては非常に珍しいものだったのだ。まずスタジオで通常のポートレートを撮影し、それをある背景の上に重ね、被写体の背景のディテールが残るように切り抜いていく。

キャンプベルのスープ缶の中で溺れるアンディ・ウォーホルから、マンハッタンのビル群の中で、まるでガリバーのごとく佇むダスティン・ホフマンの写真に見られるように、彼の技術はとても精密だ。


MATA HARI BOUTIQUE 1967 © Frank Habicht

この頃大西洋を挟んだドイツでは、映画のような切り口の写真を撮るフランク・ハビヒトが次第に評判を高めていた。今回のコレットの展覧会では、彼の、被写体のアクションやリアクションを巧妙に引き出す技術をも感じることのできる、一瞬の自然な表情を切り取ったポートレート集が展示される。


Playmate 69 © Frank Habicht

10代の頃に写真に興味を持ち始めたハビットは、短いながらも実りある修行をロンドンで積み、その後パリへ移り住み、ライティングの技術を磨きながら、エスクァイアやガーディアン紙、サンデー・タイムズ紙などの仕事をフリーランスとして手掛け、駆け出しの写真家としてロマン・ポランスキー、ジュールス・ダッシン、ジャック・ドレーなどの映画監督とも仕事をしていた。


She’ll do the ton © Frank Habicht

ヨーロッパでの彼の活躍がピークに達する頃、驚くことにハビットは家族と共にニュージーランドへと移り住んでしまう。現在も彼はそこでフリーの写真家として活動を続け、最近「IN THE SIXTIES」(TANDEM PRESS)という作品集を出した。(展覧会会場で購入可)

ついこの間、ドキュメンタリー作家のフランソワーズ・ラザードとパトリック・ジュコーがコレットで買い物をしているとき、偶然「YOUNG LONDON:PERMISSIVE PARADISE」(1969)という、フランク・ハビットの作品集に目をつけた。彼らはニュージーランドにいる彼にコンタクトを取り、60年代最盛期のポップアイドルやモデル、スター、一般の人々を集めた写真集を出版しようと説得した。その写真集は「KARMA SIXTIES」と名付けられ、今回コレットでの展覧会を実現した。

Carl Fischer & Frank Habicht Exhibition
会期:2004年10月4日〜30日 (日曜定休)
会場:コレット
住所:213 rue st honore, 75001, Paris
http://www.colette.fr

Text Linlee Allen from colette
Translation: Naoko Fukushi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE