ブラインド・デイト

HAPPENING

ベルリンにあるドイツ・グッゲンハイム美術館で1月31日、ベルリン在住の日本人アーティスト、小金沢健人によるパフォーマンスが行なわれた。主に映像作品を制作し、近年ではドローイングの作品集なども出版しているアーティストだ。こちらに住んで4年ほどが経ち、その間にも積極的な活動を行なっている。


この時期、ベルリン中の美術館が夜遅くまで開館しているという週末があり、そのイベントに関連したパフォーマンスであった。会場は、美術館に入ってすぐのところにある、天井が吹き抜けになっている長方形の広いスペース。その空間だけでも視覚的に気持ちのよいものだが、今回はそれを一杯に使っていて、いったい何が始まるのだろうかという緊張感がある。

演奏者は、ラスターノトンからのリリースや「To Rococo Roto」のメンバーとしても知られ、今回はエレクトロニクスを担当したロバート・リポック、クラリネット/コンピューターでクリストフ・クルツマン、ヴィブラフォンで斉藤易子、チューバでロビン・ヘイワード、そしてダンスで和田淳子。小金沢氏はこのパフォーマンスのディレクションとラジカセを媒体として参加している。演奏者およびダンサーはタイトルにあるように目隠しをしたスタイル。小金沢氏だけ一人目隠しをしていない。
これは、作者が視覚を奪うことによる演者自体の体験の変化や純粋化などを意図していたようだ。そして、演奏も即興演奏というリアルタイムのもの。楽曲が決まったものを演奏するのであれば目隠して演奏することも多少たやすいだろうが、暗闇のなかで音と触覚だけを頼りにその場で表現していくという行為はそれがどんなものであれエキサイティングなものだ。

いよいよパフォーマンスが始まったが、いっこうに音の出る気配は無い。しかしその様子も、見るものにとっては音を出してはいけないのではないかといった緊張感が生まれる。演者同様、耳を澄ませていなければいけないからだ。まるで耳を目にするような体験。
やがて、ちらほらと音が鳴り始める。なぜかこちらの引きつった緊張感も同時にとける。しかし、その音も微音で、遠いところで演奏している場所の音は判別できないくらい空間と溶け合ってしまっている。スペースは縦約30メートル、横約50メートルと比較的大きなスペースなので一番離れているところからだとまさに環境音としか呼べない音に変化してしまう。
環境と演奏される音がこういった効果も交じり合い、そのスペース自体が共鳴装置となり一つの音を作り出す。大音量で聴くより、より観客の感覚に訴えかけてくる。こういった効果も考慮していたのだろう。

その、広くて、微音、少し混乱したスペースをダンサーの和田淳子は踊りながら一人悠々自適な旅を続けているように見える。
現代舞踏をみていると、一見形にとらわれていないようでいてとても不自由な制限されている印象を受けていたが、この時ほどダンスを見ていて自由な印象を持ったことは無かった。即興ということもあるだろうが、それだけではない。多分、彼女は自分の視覚を奪われることによって、同時に観客の視線からも解放されていたのだろう。目が見えない上に動き回るという行為は一番危険な印象を持つが、見ているほうからすると一番安心していられるのが不思議であった。動き回ることの無い、ミュージシャンたちの方が危うい印象を持った。

こういった環境のなかで一人目隠しをしていない小金沢氏は、ラジカセを片手に動き回る。いったい何をしているのだろうと、注意をして見ていると、演奏者の近くに行ってテープを回したりとめたり、またその場所にあったラジカセを別の場所に持っていったりしている。
どうも、録音・再生を繰り返しているようだ。お互い離れ離れで演奏しなければならない演者はお互いの位置を音で判断しなければならないが一つ一つが小さな音なので、それだけでもとても確認が困難になる。そのうえ、小金沢氏が遠い演者の音を録音し近くに持っていき再生すると、ただでさえ危うい演者の空間感覚はこちらから見ていても混乱してしまっていただろう。そういった、演出も非常に面白いものであった。

時々、小金沢氏は美術館の外までラジカセを持ち録音・再生をし動き回る。室内という空間から飛び出し、外の環境まで取り入れようとしているようだ。彼にとって、地球上に存在する音すべてが素材なのだろう。別に新しくない考え方だが、それを観客により分かりやすい形で表現しているところが興味深かった。

彼のビデオ作品の中に、「物音」−身の回りの物を使い音を出し遊ぶ−をコンセプトにした作品がある。スクリーンを三面使い、一つ一つ違った映像を流す。その一つ一つの映像は身の回りにあるブロダクトや食品などであり、それを擦ったり、折ったり、引っかいたりした音が同時に録音してある。そして、全ての映像のBPMは120。同期しているのだ。それを3つのスクリーンを使いオーディオ・ビジュアル・ミックスする。少しづつずれていく三つのループを組み合わせることによって様々なリズムが生まれるというものだ。この作品は作者のアイデアとユーモア、労力がつまったすばらしい作品であった。アメリカなどでも発表したようで、日本での公開が待ち望まれる。
この様なことからも、小金沢氏の音と映像とに対する並々ならぬ傾倒が伺える。そういったものに加味して今回は近年、問題として切実になっていったという、即興という要素も加味していったようだ。

こういったパフォーマンスが時間としては比較的長い3時間行なわれた。その間も、通常行なわれている美術館のエキシビジョンに訪れる観客が入れ替わり立ち寄る。それさえも、このパフォーマンスの一部としてアクセントを加えていた。人間の歩く音、ひそひそ声、グラスを落とす音や灰皿のすべる音。この場所でこの瞬間起こる出来事がすべて「ブラインド・デート」という作品に溶け合い同化していく。環境、即興演奏、ダンスという要素が静かに静かに時を刻んでいく。始めから終わりまでいた観客、10分程だけいた観客、通り過ぎるだけでその場をすぐ立ち去った観客など様々だったが、それぞれ皆違う印象をもったことだろう。
演者達自身も「非常に困惑した」、「自由な気分で楽しかった」、「時間感覚が狂い、触覚が変化した」など小金沢氏本人がインタビューしたコメントを読むだけで様々だった。ダンサーの和田淳子にいたってはかなり普段とは違った身体感覚を味わっていたようで、客観したところから鳥瞰し音と環境を波乗りするように踊っていたという。
本人は、グラスがテーブルから落ち割れた音などが響き渡り、空間と演奏される音に混じりあったりするさまを注意深く聴き非常に楽しんでいたようだ。

この様に、空間、微音な即興演奏、フィールドレコーディング、ダンス、そして観客が溶け合ったり反発したりしながら、3時間という静かだが濃密な時間を作り出していた。観ていることしかできないと限定される観客も時間が経つごとにいつの間にか作品自体に影響していくというのは、大変面白い体験であった。作品としての完成度というよりは、有機的に変化していくさまを、観聴きし後にも先にも同じ作品は作ることができないという点でも貴重なものだろう。
これからの小金沢氏のスケジュールは未定だが、これからまた新しくどのような作品を作り出していくのか楽しみである。

Blind Date
日時:2004年1月31日
会場:ドイツ・グッケンハイム美術館
出演:小金沢健人、和田淳子、ロバート・リポック、ブルクハルト・バインズ、ロビン・ヘイワード、クリストフ・クルツマン、斉藤易子

Text and Photos: Yasuharu Motomiya from Nordform
Photos: Manograph

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE