NIKE 公式オンラインストア

ロンドン・ポリス

PEOPLE


アーティスというアムステルダムでも落ち着き感があるエリアに、ある一軒のアパートがある。そこの住民の一人が、ギャレット・コウ。「ロンドン・ポリス」というストリートアートグループのメンバーのひとりだ。ロンドン・ポリスの活動目的は何か?そんな質問を投げてみると「多くの人の目に触れてもらえるように、アートを街の中に存在させること。僕達にとっては、公共の場こそがアートギャラリー」という答が返ってきた。彼ら特有のそのキャラクターとシンプルなグラフィック。そんなロンドン・ポリスの作品は、ロンドン、ベルリン、ニューヨーク、サンフランシスコなど、世界中のストリートで目撃することができる。

ロンドン・ポリスは3人グループ。ギャレットの他に、チャズとボブ・ギブソンがメンバーだ。4年前に、地元に根付いたプロジェクトとしてスタートしたこのロンドン・ポリス。地元プロジェクトでありながらも、世界中で認知され、ひとつのストリートアート「ブランド」として注目を集めることが目的だった。

チャズとボブには、アムステルダムのストリートで自然に出会えたというギャレット。彼らのグラフィティの活動に、ギャレットが参加したのだ。「とにかく好きだったから、ストリートで絵を描き続けていました。おもしろいということ以外、理由などありませんでしたね。そうしているうちに、僕達の作品も徐々に知られるようになってきて、それと同時に、人々の作品への興味も高まって行ったようです。ギャロットと本格的にプロジェクトを実行に移そうと思ったのは、ちょうどそんな時期でした。ロンドンポリスという名前は、僕達は警察のようにいつもストリートにいるから、という理由ですぐに決めてしまいました。グラフィティをやっている者にとっては、この名前もそんなに悪くはないんじゃないかと思っています」。

他のグループと比べて、ロンドンポリスが際立っている点。それは、オリジナルのキャラクターや作品に対するアプローチの方法だ。「作品はひとつのブランドとして扱っています。どれもこれも、ひとつひとつ異なるものとして扱っているため、作品には人間のように頭があり、体があり、そして脚があるといったかんじです。いろいろな意味で、陰と陽の2つの面も持ち合わせているとも言えますね。良く見回してみると、自分の周りは色で溢れていることに気付くと思います。色は、そういった周りのものすべてから解放され、シンプルなグラフィックへと導いてくれると考えています」。

「ブランドという潜在意識はまた、キャラクターがなくても、“ヘッド”につながるというコンセプトに集中するのを促してくれます。これらはすべて、垂直にも水平的なものにもなり得ますが、キャラクターとしては同じものです。そうすることで、かなり自由にキャラクターを作り上げることができ、さまざまなメディアを通じて多くの人たちに作品を発表することができているのだと思います。つまり、僕達は筆やスプレー缶を持って、ただむやみやたらに描いている訳ではなく、柔らかい頭で考え、自分自身に限界という線を引かずに、壁に作品を描いているのです」。

例えば彼らの人気キャラクターシリーズ「ラッズ」は、通りでよく見かけるような電圧機が収納された箱だけではなく、天井画やTシャツ、そしてバスケットコートにまで出現。これらの作品を通じて、多くのファンを魅了し、人気が瞬時に高まったのは言うまでもない。

しかし、かつてはストリートを中心に活動していたロンドン・ポリスが、このように商業的に活躍することに関して、リスクは発生しないのだろうか?「もし一人のオーディエンスだけに語りかけていたら、それは他のオーディエンスに対してドアを閉ざすことになり、その方がリスクだと僕達は考えています。途中まで順調だったプロジェクトを突然中止することが時々あるのですが、それは、そのプロジェクトを真面目に捉えてくれていない人たちを巻き込んでしまった場合です。僕達はあえて、商品についての広告活動は行わないことにしています。ウェブを含め、すべて自分達でやっています。僕達の活動を理解してくれる人。かつ、友人としてつき合っていける人がパートナー、と言うか…。今の所、お金の発生するプロジェクトはすべてこのようなスタイルで行っています。もちろん、お金が発生しないようなものもやりますよ」。

では何故、活動の場所としてアムステルダムを選んだのだろうか?チャズとボブはロンドン出身。大都市特有の喧噪から逃れるため、この地に引っ越してきた。かくゆうこの記事を書いている私も、そんな彼らのような人達のひとりだ。「僕(ギャロット)は元々、サンフランシスコの出身なのですが、5年間程ロスで活動していました。でもある日、急に生活のすべてのボリュームを下げてみたくなった。アムステルダムは都市だけど、どこにでもすぐに行けるちょうど良い程度の規模だし、何かプロジェクトを始めた時、拠点にするにも何も不便を感じないだろう、と。他のヨーロッパの街と比べても、アムステルダムは小さいですよね。小規模であるが故の、新しい一歩を踏み出す時の利点もたくさんあると思います。そして何よりも、この街は僕達に合っている。僕達はよく、いろいろな街に出かけたりするのですが、その先々で得たエネルギーはすべてアムスに持ち帰っています。でも最近は、ちょっと環境を変える時が近いんじゃないかなという気がしないでもないです。チャズはベルリンに行きたいみたいなのですが、僕はロンドンに興味があります。ボブはこのままアムスに残りたいみたいで、みんな言ってることがバラバラです。それぞれが好きな所に自由に行けるのは、ラッキーなことだと思っています。離れていても、同じ目的があれば、一緒に活動していることと同じですしね」。

ロンドン・ポリスはこの秋、日本での初展覧会を予定している。「昨年の2月に、ロンドンのニューボロ通りにある 55DSLストア でイベントを行ったのですが、その時にサンフランシスコのファッションブランド、アッパー・プレイグランドの共同経営者の方とお会いしました。彼はすごく僕達の作品を気に入ってくれたみたいで、東京にある姉妹店で作品を展示してみないか、と提案してくれたのです。実を言うと、僕達は、告知無しにいろいろな街に行くのがほとんどです。黙って行って、作品を制作し、立ち去る。そして後日、その作品についてのリアクションを楽しんでいるのですが、東京は初めての場所なので、このスタイルはどうやら通用しないようですね。今回の展覧会では、シェパード・フェアリーの作品も展示されます。展覧会場も素晴らしい所ですし、お互いの一番良い作品を発表できるのではないかと思っています。それに、今まで知らなかった街も探索できますしね。何が起こるかは神のみぞ知る。わくわくです。もし時間があれば、香港にも行ってみたいです。個人的に、僕達の作品をベースにしたおもちゃ作りにも興味があります」。

秋以降の予定も気になるところ。「ロンドン・ポリスはもう、僕達にとっては人生そのものです。最近まで、僕とチャズはロンドン・ポリス以外に仕事を持っていたのですが、それも辞めました。辞めた途端、これこそ、僕がいつまでもやっていきたいことなんだな、ということに気付きました。これからは、何が起ころうと、利潤を重視することよりも、ロンドン・ポリスとして、良いアートをどんどん作って行きたいと思っています」。

ロンドン・ポリスや東京での展覧会についての情報は、ロンドン・ポリスのサイトにアップされているので、是非一度チェックを。

Text: Ania Markham from PostPanic
Photos: Mark Visser from PostPanic
Additional photos: courtesy of The London Police
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE