S.W.O.

PEOPLE

一人一サイン波というルールの元みんなでサイン波の海を作り出す「The SINE WAVE ORCHESTRA (以下S.W.O.)」。40名以上の人々が各々のサイン波をもちより、4月18日に多摩美術大学八王子キャンパスデザイン棟ギャラリーで開催された。

吉祥寺、名古屋に続き3回目となるこの「S.W.O.」。今回はサイン波の海に加え、会場となった多摩美術大学から、久保田晃弘、三原聡一郎、矢代諭史による「oscilloscape」、武蔵野美術大学からのクリストフ・シャルル率いる「KU/MA」、そして「S.W.O.」のコアメンバー4人からなる「The SINE WAVE QUARTET (以下S.W.Q.)」の以上3組の演奏との同時開催となった。


音を考える上で避けて通ることができない存在であり、コンセントから流れだす電流といった形でもごく身近にありながら普段あえて意識することの少ないサイン波。「S.W.O.」では参加者それぞれが何らかのサイン波を出すものを持ち寄り、一人一本一スピーカというルールの元、会場となる場所の空間を変容させることを目的としている。

久保田晃弘によるイベント概要の説明に続き、夕暮れが訪れる中、「oscilloscape」の演奏が始まった。ラップトップの画面がプロジェクションされた会場では、パルスやノイズを織りまぜた彼等の演奏に、この4月に入学したばかりの新入生が軽く耳を押さえながらびっくりしたように聴き入っていた。

続いて行われた、「Oval」とのコラボレーション等でも知られるクリストフ・シャルル率いるKU/MAの演奏では、5台のMacから繰り出される緻密に構築された音の響きを聴くことが出来た。引き続いての「S.W.Q.」の演奏は、Macに加えアナログのオシレータを用い、「S.W.O.」同様、サイン波のみによって行われ、会場には演奏中の音を視覚化したスペクトログラムが映し出されていた。

プロジェクションによる合図の後、「S.W.Q.」の演奏を引き継ぐかのように静かに始まった「S.W.O.」。自作のアナログシンセサイザーやオシレータ、ラップトップから発せられるサイン波の本数が次第に増していく。その中で、最初は戸惑うかのようじっと座っていた参加者は、徐々にラップトップを片手に歩き出し互いの画面を見せあったり、耳元にそれぞれのスピーカを近付け周波数のずれを知覚しあったり、と1時間弱の間ではあったがそこではサイン波によるコミュニケーションが実現していた。

時として寝入ってしまうこともあるラップトップだけのライブとは、全く異なる体験ができるこの「S.W.O.」。次回は6月中旬にパリでの開催が予定されている。また7月以降には京都、広島での開催も検討中とのこと。興味を持たれた方は、ぜひウェブサイトにアクセスしてスケジュールを確認してみて欲しい。

THE SINE WAVE ORCHESTRA
日時:2003年4月18日(金)17:00〜19:00
会場:多摩美術大学八王子キャンパス、デザイン棟ギャラリー
住所:東京都八王子市鑓水2丁目1723番地
参加費:無料
出演アーティスト:S.W.Q、oscilloscape、参加希望者全員
http://www.arch-project.com/sine/wave/orchestra/

Text and Photos: Jo Kazuhiro from S.W.Q.
Photos: Mihara Soichiro

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
カラードットインク
MoMA STORE