サル・ヴァニラ「インター/アクション」

HAPPENINGText: Yasuharu Motomiya

6月27日、28日の2日間、東京・六本木ヒルズアリーナで、現代舞踏集団サル・ヴァニラとラップトップ・オーケストラによるライブアートパフォーマンスイベント「インター/アクション」が行われた。

近年高まる、都市の再開発という視点で開発された六本木ヒルズは、超高層ビルと映画館、ショッピングモール、美術館などが集った、複合型文化施設だ。その中で六本木ヒルズアリーナは「都市型の野外エンターテイメントスペース」というユニークなコンセプトを持ったビルの間に挟まれた、円形の多目的スペースだ。

そのスペースで行われた「インター/アクション」は、サル・ヴァニラとラップトップ・オーケストラによる、ライブアートパフォーマンスの2部構成になっていた。

前半部分のパフォーマンスは、クリストフ・シャルルを中心に集まった世界的に活躍するクリエーター、青木孝允、半野喜弘らが、ラップトップ・コンピューターという近年、音楽が進化することに欠かせないツールを用い、即興でライブをするというものだった。形式も面白いもので、シャルル・クリストフが作ったリズムやオーガニックな音などと、簡単にキーワードが書かれたスコアを元に、それぞれ2分のシークエンスを自由に演奏し、それを32分間行うというものだった。サウンドシステムも、アリーナの特徴を生かし円形状に並べられ、それと同じ様に並べられた各々のラップトップ・コンピューターからの音源が出てくることによって、音が構築する空間に立体感を持たせていた。

ライブが始まると、会場に設置されたスクリーンには、音に同期したビジュアルが映し出され、参加しているアーティスト、青木孝允、半野喜弘らのラップトップ・コンピューターから出される音がリアルタイムの波形としてスクリーンを照らし、視覚的にも、今出されている音を体感でき、それを見ながら今誰がどの音を出しているのかと考えを巡らすのも、また楽しむことができるものだった。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スネハ・ディビアス
MoMA STORE