MONOCANAL ビデオ・アート展

HAPPENING


ここ2、3年、スペインではビデオがアーティスティックなメディアとして、多くの場で使用されるようになってきている。アーティストやプロデューサーの数が増す中、ビデオを再度見直してみるのには、絶好のチャンスなのかもしれない。1996年から2002年に間に制作された、スペイン人アーティストによるビデオ作品を集めたのが、この「MONOCANAL」。ユアン・アントニオ・アルヴァレズとネウス・ミロの指揮の下、また、レイナ・ソフィア国立アートセンター内オーディオ・ビジュアル部のディレクターである、ベルタ・シチェルとのコラボレーションによる展覧会だ。

オーディオ・ビジュアル部の運営により、1年間に渡って開催されてきたコンペティション。200点にも及ぶビデオ作品が集まり、そのうちの43本が最終選考作品として選ばれた。展覧会では、ドキュメンタリー、ビデオ・ミュージカル、物語、コンピューター・アニメーションなど、幅広いジャンルの作品が紹介されている。選抜されたアーティストは全員がスペイン人。その何名かは、海外在住だ。

7つのプログラムから構成されているこの展覧会。アーティストそれぞれの、アーティスティックなプロダクションについて、スムーズに理解してもらうためだ。プログラムにはタイトルはないので、それぞれには1から7の番号がふられている。そのことで、ジャンルや主題毎にグループされたりすることはないのだ。

選ばれたアーティストの中には、国際的に知名度がある人もいれば、まったくの無名人もいる。例えば有名どころでは、セルジオ・プレゴ、ユラリア・ヴァルドーセラ( 2001年のベニス・ビエンナーレに参加)、ジョルディ・コルマー、パイラー・アルバラシン、ジョアン、モレイ、トクソミン・バディオラ、カルレス・コンゴストなど。これからを期待されるアーティストとしては、マドリッド生まれのダニエル・シルヴォやジョルディ・モラゲスなどが挙げられるだろう。コカ・コーラとペプシの禁じられた愛についての、興味深いストーリーを制作したのは、このジョルディ・モラゲスだ。

今回は、巡回展として展開されるこの展覧会。マドリッドの他にも、サンティエゴ・デ・コンポステラとムーシアにも出現する。ビデオプログラムの大規模なパートは、今年11月、ニューヨークにある「ART IN GENERAL」で公開される。

Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia
会期:2003年3月7日〜4月6日
会場:Museo Nacional Centro de Arte Reina Sofia
住所:Santa Isabel, 52,28012 Madrid
TEL:+34 91 467 50 62
http://museoreinasofia.mcu.es

Text: Terevision Ruiz from Neo2 Magazine
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE