ブエノス・アイレス現代美術展

HAPPENING


昨年の11月から、今年一杯、ブエノスアイレス・ラテンアメリカ美術館 (MALBA) では、5名のキュレーターによる、ローカルシーンで活動するアーティスト達の「現代」アート展が開催されている。

MALBA は、真っ白な壁に包まれた、国際的なテイストが感じられる美術館。階段への最初の一歩を踏み締める直前から既に、異国情緒が感じられる雰囲気だ。

「コンテンポラリー(現代)」というシリーズを展開しているこの展覧会。ディレクターのマルセロ・パチェコにより選出された、5名のキュレイターによる企画展だ。

キュレーターそれぞれが、アーティストの選出を担当し(アーティストは最低でも2名以上でなければならない)、アーティスト自身が持つ美と矛盾という、平和的な作品を紹介する、というものだ。

おそらく、コンテンポラリー2が、パチェコの胸に秘められたアイディアを、最も明確に表現したものではないかと思われる。担当は、キュレイターのラファエル・キッポリーニ。エレクトリックな方法で展示物を選出。ギレルモ・ウエノ、ムミ(両者とも写真家)、ドマ・グループ(グラフィックアートとデザインを専門)という、3グループの作品をひとつの作品として完成させた人物だ。キッポリーニに作品選出について伺ってみると「彼の周りには、優しさと利口さが感じられる雰囲気がある。それがギレルモという男。ドマを知ったのは、今の僕の彼女との最初のデートの時に、彼女が持ってきたポストカードを見た時。 ムミのポトフォリオは僕のお気に入りなんだけど、彼女はドマのファンでもあったんだ。ドマと一緒に活動してみたい、という気持ちがムニにはあったらしく、それで彼女の作品に手を加えることになった。僕の心を揺さぶるような、でもまだあまり知名度がないアーティスト達を集めて、美の共存という試みの中に彼らを置いてみたかったんだ。」と語ってくれた。

この一風変わった組み合わせが、本来のキャラクターを比較してみる、という新しい結果をもたらす。もし仮に、これを違って視点で分析してみると、展覧会はもっと輝かしいものになるはずだ。そしてこのポイントこそ、ドマが、合理的かつ科学技術的な猛威を、汚れたタンクのまん中におかれた、人間と、すでに亡くなっている彫刻家をまねた牛を通じて表現している。すべてが一目で見えてしまうような社会における、社会的な暴力や自由の欠如は、 オレンジ色の円錐形のコーンと、セキュリティ・カメラの間を実際にすり抜けてみることで、見抜くことができる。

平和や静寂といったものが感じられるのが、ギレルモ・ウエノの写真作品。彼のギャラリーにいると、まるで彼の自宅に来たような気分になってしまい、窓から差し込む光が私達を包み込むような感じ。彼の家族、そして彼を取り巻く色に遭遇するような訪問。そう感じた瞬間、MALBAはすでに、彼の作品の展示に適した場所に感じられた。

展覧会鑑賞も終盤に差し掛かった頃見えてきたのが、ムミの作品。これは、ドマとの共同作品だ。その冷たいイメージがあるお陰で、リアリティが未完成のままになっている。それを通じて、平静や不気味な気持ちが表現されている。

展示室の一角にはテレビカメラが設置されており、それに映ろうと待ちわびる人たちの姿も。そんな中、ウエノの作品は最も光り輝いていたのではないだろうか。

コンテンポラリー3も、なかなか見応えのあるの内容だ。ここの担当を受け持ったのは、キュレイターのジョージ・マイアー。彼のキュレーションにより、2名の若手アルゼンチン人アーティストの作品が合体した。彼らの作品に対するリアクションも、他のものとひと味違うだけではなく、アーティスト本人もユニーク。マイアーによると、ナフエル・ベッチーノは、どちらかと言うとよく喋り、スリムでちょっと弱々しい感じ。それとは逆にサンドロ・ペレイラは、言葉少なだが、体格が良く色黒だ。ベッチーノが描いたのは、環境や戦争、あるいはさまざまな理由で被害を受け、離ればなれになってしまった人々の風景。私達にとっては見なれない風景かもしれないが、どこかしか、親近感が湧く作品だ。彼のロマンチックなスタイルは、まるで血液のように赤みがある。そして、反対側の展示物にまでその勢いが届きそうなのだ。

ペレイラは今回、展示物として彫刻作品2点を選出。結婚式を挙げたばかりの新郎と、巨大なアヒルがライフガードのように働く、という作品だ。この2作品があるだけで、美術館全体が小さく感じられる。それだけではなく、人やすべてのものの意味さえもが、小さく感じてしまうのは不思議だ。

ぽつんとおかれたテレビでは、巨大なアヒルが湖で繰り広げる冒険物語が放映されていた。小さなアヒルの集団が、偽物のアヒルにひょこひょこついて歩く姿がとても面白かった。

ちょうどその時、偶然にも老齢の男性が、彼の奥さんと思われる女性に「小さいアヒル、見たことあるかい?かわいいよね!」と言っているところを聞いた。彼の後ろ姿を見ながら私は、そう言いつつも彼の声に隠れていた恐怖心を噛み締めていた。
テレビの中では、アヒルはまだ泳いでいる。流れに乗ってどこまでも行くアヒル。そんな絵を見てると、誰しも何か他のアクションを期待してしまう。しかし、一番の山場はもう既に終わっているのだ。現代人は、何を他人に求めているのだろうか。その答は、迷宮の奥に隠れているのだ。

共存という復活。死ぬ運命にある人を助けるアヒルの中の共存。さらさらの髪のかわいい日本人の女の子との共存と、次へ進め、という警告サイン。ライスシャワーを思う存分浴びた、出口をうつろな目で探す新郎との共存。覗いてみることさえ嫌になってしまう、カビ臭いタンクと、誰もがもう一度、シャンペンを開ける前に思わず見入ってしまうテレビ。

その答はおそらく、オープンな質問の中にあるのだろう。そして、このアーティスト達を世間が受け入れるかどうかについても、とにかく聞いてみるしかないのである。

ブエノス・アイレス現代美術展
Contemporary 2:Doma + Mumi + Ueno
会期:2002年11月21日〜2003年1月13日
招待キュレーター:Rafael Cippolini
Contemporary 3:Sandro Pereira / Nahuel Vecino
会期:2003年2月21日〜4月7日
招待キュレーター:Gumier Maier
会場:Museum of Latin American Art of Buenos Aires
住所:Avda. Figueroa Alcorta 3415 (C1425CLA) Buenos Aires, Argentina
TEL: (54 11) 4808-6500
info@malba.org.ar

Text and Photos: Gisella Natalia Lifchitz
Translation: Sachiko Kurashina

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE