MEX 2001

HAPPENING

東京の郊外にあるスタジオで行われた、3時間に渡るライブのウェブ中継や、アクシス・ギャラリーでのインタラクティブ/コンピューターグラフィックアーティストによるグループ展といったイベント、MeX 2001 が開催された。MeXは、日欧の様々な分野で活躍するアーティスト間における、コミュニケーション、ディストリビューション、クリエイティブ・コラボレーションのチャンネルを確立する目的において発足した。このプロジェクトをプロデュースした伊藤裕美氏は、キュレーターやアドバイザーと共に関連プロジェクトを企画。また彼女は、このプロジェクトの間、メディアエクスチェンジで作品展時を行うウェブやビデオをベースに活動するデザイナー、ディレクターのコーディネートを行う傍ら、インフォメーションのアクセスを可能にするために言語の壁を取り払ったり、プロモーションやサポートの広いネットワークを作り上げた。


MeXのオープニングを飾ったウェブ中継イベント、「MeXビジュアル・オープン・スタジオ・ライブ」は、川崎、蒲田の日本工学院専門学校にあるテレビ・スタジオで開催された。このイベントは、躍動的な和太鼓とダンスパフォーマンスにより、MeX2001 の開始を告げて始まった。TVアートのバラエティプログラムのベーシック・フォーマットを用いたライブフォンとウェブカメラのリンクが、ヨーロッパにいる多くのクリエイター間にセットされ、彼らによる作品の簡単な説明と、東京スタジオにいるゲストのインタビューを中継。東京に拠点を置く漫画とアニメのサイト、マンガズー・ドット・コムのプレゼンテーションの一環で、新海誠のアニメーションフィルムや、フランス、リールを拠点にしたチーム・シマンで活動し、現在オンライン・インタラクティブ・ゲーム「BANJA」の日本語バージョンの制作や世界中のあらゆる場所で開催するウェブデザインイベント、ベクターラウンジ (Vector Lounge) をプロデュースしているオリバーによるディスカッション、その他明和電気による、音波技術を使ったばかばかしい爆発音パフォーマンスなどが、このイベントのハイライトとなった。

MeX 2001 と連携したプロモーションイベント、「ザ・イースト・ミーツ・ザ・ウェスト展」は、六本木のアクシスギャラリーで開かれた。このショーは、国際的なイベントとして開催された「シーグラフ・アルスエレクトロニカ・アンド・ミリア」に出品、受賞した5人の日本人クリエーターをフィーチャーしている。CGディレクターの森野和馬が、ケン・イシイとのコラボレーションにより、スペースシャワーTVのためにストライプファクトリーから発表したアニメーションは、奮闘している金属製のレスラーと走り続けるランナーのモチーフを使い、ボディーとモーションを探究するような作品となっている。大石暁規の展示作品「ミクロ・プランテーション」は、もともと携帯電話向けのアニメーションコンテンツとして開発されたもので、モノクロのブロックとキャラクターがユーザーを魅了。大石のもう1つの展示作品は、ユーザーの操作によってインタラクティブかつ有機的に動くアニメーションを用いた、折り重なる都会の風景で構成されている。明らかに、今回展示された若手アーティストのインスタレーションに含まれる、多くのインターフェースには、商業的な利用が潜在している。そうすることによって、マルチメディアクリエーターたちは、岩井敏雄のように成功と発見を競うことができるのだ。

このMeX2001の目的とインスピレーションについて、伊藤裕美さんにお話を伺った。

まずはじめに、自己紹介お願いします。

フリーのメディアエクスチェンジプロデューサーとして、ヨーロッパのCG短編映画やアニメーターなどを日本に紹介しています。また、日本からも映像や有望な作家をヨーロッパに紹介しはじめています。
このような仕事を始める前は、「エリアス・ウェーブフロント」という3DCGソフトウェア開発会社のアジアパシフィック担当マーケティング・コミュニケーションズ・マネージャーをしていました。

MeX 2001について教えて下さい。何から着想を得たのですか?また、このプロジェクトの目的はなんですか?

MeXは、映像に関わるクリエイタや関係者のエクスチェンジを促すためのプラットフォームです。相手を知り、自分を紹介し、コラボレーションの機会を探る。つまり、新しくクリエイティブなコンテンツを生み出すためには、まず互いを知り合うことからです。

私事ですが、エリアス・ウェーブフロントで働いていた頃から、国外のCG作品を見る機会がありました。常々感じていたのは、日本の様々なCGクリエイターの存在が、国外では一般観客だけでなく、関係者の間でも、国内で予想しているほど知られていないということでした。そして、フリーになりヨーロッパのCG映像関係者や若手クリエイターに接する機会が増えると、クリエイティブな日本人の力が認識されていないのは、アピールの仕方が悪いことが原因だと気付いたのです。一方、ヨーロッパの関係者(CGやアニメーション映像)の中には日本と仕事をしたいと望んでいる人が結構いることを知りました。
また日本のアニメ、ゲーム、マンガといったサブカルチャーが大好きで、日本の文化に敬意を抱いてくれている、日本で働きたいと望んでいる若い人たちが育っていることも知りました。しかし、彼らは誰に(どこに)アプローチして良いか分からない。日本には、入り口が見えない壁があるようです。
つまり、日本語という言葉の壁だけでなく、日本ではコネ(人脈)が大切にされます。仲間だけでかたまり、仲間内で通じる言葉で自分たちの流儀で仕事をすることを好む関係者が多いようです。まして、コンテンツやプロジェクトを取引できる見本市が公にない。
そこで、コンテンツやクリエイター、プロジェクトやコンテストの機会をエクスチェンジするプラットフォームを始めようと思い立ちました。MeXが、コンテンツ見本市を始めよう!という機運のきっかけになってくれれば最高です。

どのようなプロダクションやイベントを計画していますか?

まず、Eショーケースというプロフィール公開サイトがMeXのウェブサイトにあります。これは、クリエイターやスタジオが自己紹介できるサイトです。(登録無料、更新回数無制限)またコンテストやイベントなどクリエイティブな人たちを必要とする団体や会社もアピールできます。
このEショーケースから、興味あるパートナを見つけて、新しいことを始めるきっかけを作って欲しいと期待しています。また、MeXはEショーケース登録者が何かをしたいと思った時に、出来る範囲で手助けをしたい、とも思っています。

それから、ヨーロッパのCG短編映画を上映するビデオ上映会を行います。これは、東京の短編映画館トリウッドで11月に興行します。さらに、地方でも鑑賞してもらえる機会を作る予定です。
たとえば、各地のインターネットカフェでアーカイブ化された映像を見てもらうとか。一部の上映作品は、MeXのウエブサイトで公募する予定です。

さらに、9月には幕張の「WORLD PC EXPO」でフィルムギャラリーを行います。これは、アンシー国際アニメーション・フェスティバル事務局と「WORLD PC EXPO」のご協力を得て、ANNECY 2001の優秀作品集めた短編映画上映会です。

11月くらいには、MeXのクロージング・イベントとして、インターネットナマ中継を交えた日欧エクスチェンジ・イベントを考えています。
その前に、ヨーロッパでブレイクしている BANJA というウエブコミュニティのキャラクターを用いたアニメーション・チャンピオンシップをウェブ上で行う予定です。クロージング・イベントで、チャンピオンの表彰会を行います。これらのプランは、MeXのウェブで情報を公開していきます。

アート、デザインで特に好きな分野はありますか?

特別に興味がある特定のジャンルはありません。それに、わたしはアートの歴史(誰が、いつ、何を創作したか)にも興味はありません。コンテンツを観る時に大切にしているのは、それが人の心を動かす力を持っているかどうか、です。
ただ美しいだけ、ショッキングなだけ、目新しいだけ、あるいはリアルなCGである、というのには興味はありません。心を動かすことができるエネルギーを発しているコンテンツを見出したい、そのようなクリエイターたちが成功する手助けをしたい、と個人的には望んでいます。

どのような事、人にインスピレーションを受けますか?

子供の頃から、日本の落語とフランスの映画が好きでした。コンテンツへの関心を持ったのは、それらの影響でしょうか。映画は、アメリカ映画はB級でもC級でも大量に出回っているのに、他の国の映画を観る機会は少ないですね。これは、日本だけの現象ではないでしょう。それは、ここ数十年間はコンテンツ流通が資本力ある人たちが握ってしまったためではないでしょうか?アメリカ流の映画だけがエンターテイメントではないでしょう。
エンターテイメントというと安っぽい戯言みたいな印象もありますが、わたしは幸せの方向に心を動かせるコンテンツがエンターテイメントの真髄だと思っています。ある一定方向だけのエンターテイメントには飽きが訪れるでしょう。

これからすぐに行う予定のものはありますか?

MeX 2001は11月末くらいに完了させます。というのは、事務局は全員ボランティアで動いていますので、長期間の活動は負担が大きすぎるのです。しかし、 来年2002年には日欧に限定せず、日本と交流したい世界中のクリエイティブな人たちのためのプラットフォームを再開させたい、と希望しています。そのためには、活動を支えてくれるスポンサーや公の組織が必要です。
今年は、フランス大使館文化部、ドイツ文化センター、フィンランドセンターの皆さんがMeXを後援してくれています。そして、私企業の方々も物心両面のサポートをしてくれています。来年は、もっと多くの人たち、特に日本の公的機関にもMeXを正式に応援していただきたい、と心から望んでいます。もちろん、活動資金の援助は大歓迎です。

グローバルデザインコミュニティに対し、メッセージがあれば聞かせて下さい。

日本人には言葉の壁があります。それが原因で、日本語圏(仲間)以外の人たちと交流するのに臆病になる人もたくさんいます。でも、“仲間の外”の人たちと交流して、新しいことを始めてみたいという“野望”を持つひとたちも大勢いるのです。お互いの文化や創作意欲を尊敬しつつ、心を動かすコンテンツを生み出して行きましょう。
ブロードバンド・インターネットという新しい伝達と交流の手段をわたしたちは手に入れようとしています。このツールを最大限に活かせるようなコンテンツを創造していきましょう。そして、クリエイティブな人たちが本業で生活し、成功して行けるようなビジネス・プラットフォームを作って行きましょう。

日本では、「アートで食べて行けない」と言われます。でも、ヨーロッパではアートで食べている人たちが大勢います。やってやれないことはないのです。

MeX 2001
Online/Offline Media Exchange 2001
http://www.mex2001.net

Text and Photos: Andrew Thomas

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE