コリン・メトカーフ

PEOPLE

4年という短い期間で、レスフェストは、デジタル・フィルムメイキングの震央へとなりつつある。今回SHIFTでは、レスフェストのアートディレクターであるコリン・メトカーフにインタビューし、始めたきっかけや作品に対する彼のアプローチ、考えについて聞いてみた。

バックグラウンドについて教えてください。レスフェストに関わるようになったきっかけは何ですか?

学校では、ジャーナリズムとペインティングを学びました。卒業後ロンドンに移り、3年間自分のやりたい事を磨いていました。その頃は、少し目的を失っていて、1年目は、コベントガーデンにあるグラフィックデザインのサプライショップで働き、その後2年間、大きな広告代理店の下請けのイラストレーションスタジオで仕事をしました。僕の友人がグラフィックデザイン関係の仕事をやっているのを知り、その時に、デザイナーになろうとはっきり決意しました。タイプフェイスとイメージのミックスが、文章書きとペインティングを学んだ者にとって最適な場所のように思えたのです。

最終的には、生まれ故郷であるシカゴへ戻り、長年憧れていたT-26のカルロス・セグラのもとで仕事をする機会に恵まれました。1996年にカルロスがウエストコーストでプレゼンテーションを行った時に、観客のひとりとしてジョナサン・ウェルズがいました。現在、僕のビジネスパートナーであり、レスフェストのフェスティバルディレクターでもあるジョナサンは、その頃ちょうどサンフランシスコで「LOW RES」という草の根的なデジタルフィルムフェスティバルを創設したばかりで、グラフィックのアイデンティティを模索していた頃でした。SEGURA INC.で僕達が手掛けていた、ある種アートに影響を受けたデザインのようなものが、彼が求めていたように自然に合致したようです。僕の同僚でもある共通の友人が僕達を紹介してくれて、全てが始まりました。

レスフェストのアートディレクターとしての責務とは?

過去4年間でレス及びレスフェストの名前で制作したものに関しては、全て僕1人の個人スタジオとして制作しています。インタラクティブなものやフィルムなどといったものに関しては、通常パートナーと協力して制作しますが、僕自身の専門的技術はまだそこには含まれていません。僕の全パートナーと僕は、仕事量がたくさんあるのを当然のことと考えています。僕達にとっては、1日8時間くらいならまだ短い方です。

影響やインスピレーションは何から得ますか?

身の周りの物全てです。飛行機の窓から見る地形、200年前の中国製のキャビネットの取っ手、会話の断片、夢、逆さまに見たり遠くから見た時に違って見えるイメージ、ロケットや飛行機、マシンなどで遊んだ子供時代の遊びなど。作品の中に妙技を入れるのが、究極のゴールです。制作過程でディレクターとして作業することに満足している人もいますが、それにはメリットがあります。それは、プロジェクトを指揮する効果的な方法ですが、僕自身の長所や短所も含めて、僕は全て自分でやりたいのです。

インスピレーションを受けた人に関して言うと、僕にとって最もインスピレーションを与えてくれたのは大抵、僕が個人的に知っている人達です。僕をこの分野へ導いてくれたケビン・グラディは、素晴らしい焦点を持ったすごいデザイナーです。友人であり、ミュージシャン、サウンドエンジニア、プログラマー、デザイナー、タイポグラファー、詩人、ぺインターと多彩な顔を持つジム・マーカスは、間違いなく妙技を持った人物です。また、デザインのアイコンが数多くある時には、独自の道を突き進めと積極的に僕を励ましてくれたカルロス・セグラは、僕を導いてくれた人のひとりです。

レスフェスト全体のアートディレクション(プログラム・ブックレット、フェスティバルの予告編、タイプデザインその他)に非常に魅力を感じたのですが、デザインプロセスは、どのように行われるのですが?例えば、レスフェスト2000の予告編とブックレットのデザインに関して、最終的なビジュアルはどのようにして生まれるのですか?

基本的には、締切が一時的に緩和される時に毎年始めに時間があく時があるのですが、その時間を実験的なことをしたり、方向性を発展させたりするのに費やします。1999年には、ある意味通俗的な宇宙飛行というテーマをレスフェスト用に制作したのですが、コミック本のようなイメージでデザインしました。その感じで多分あと1、2年はできると思いましたが、2000年のアイデンティティとしては、180度違うものをやりたいと考えました。それで、物事がありふれたものに見えたり感じたりすることのできるもう1つの別宇宙という漠然としたコンセプトについて考え始め、架空の考古学上の発見の一部のようなものを作ろうと考えました。19世紀半ばをイメージし、木製の衛星、70ミリカメラ、戦闘機の胴体、アメリカと日本の国旗の混成物をデザインしました。

本の序章からの抜粋という形で物語と架空のニュース原稿も書いたのですが、世に出ることはありませんでした。また、秘密の地図やステンドグラスのフレーム、空気のグリッドを思い起こさせるような、ペンとインクで描いた直線的なイラストレーションも数多く制作しました。想像上のマシンのフェイスプレートも制作し、ジャンヌ・ヒラリーの協力で写真を撮影しました。タイポグラフィーに関しては、コンセプトをサポートするものとして、見なれたものであると同時にエキゾチックである必要があったので、数年前に作り始めた「M2K」という陽気でテクノっぽいタイプフェイスを発展させて使い、「RESOLUTION INDEPENDENT」の文字の部分には、アンティークでモダンな雰囲気を出すために、筆記体をカスタマイズしたロゴタイプを制作しました。

また、秘密のエラーメッセージのために、不規則なドットマトリックスフォントもデザインしました。全部で50くらいのイラストレーションやイメージを制作し、その殆どを削除していきました。全体的なプロセスは、それぞれの締切に合わせて2、3ヶ月の期間で展開しました。宣伝で使用したオブジェクトの3Dバージョンのレンダリングをするにあたって協力してくれたベン・ラダッツと彼の会社 MK12 では、木製の衛星を目玉として使い、その方向性に合うような、雰囲気のある予告編とタイトルを制作してくれました。R の形の巨大な巨石(もちろんバーチャルの)を作り、数秒間のうちに全体のストーリーが分かるようなものに仕上りました。


RESFEST 2000 Trailer Click above image for the QuickTime4 Streaming video.

デザイン分野だけでなく世界全体として、今日起こっている興味深い動きとは?

良くも悪くも、テクノロジーというものが中枢のコンセプトとなっていると思います。今現在、お粗末なルネッサンスとして解釈されていることが数多く巻き起こっています。音楽、デザイン、タイプ、建築、科学、プロダクトデザイン、フォトグラフィー、フィルム、それらは皆、再定義された影響を互いに与えています。ある分野にいる人達は、自由に使うことのできる道具があるために、他の分野でも実験を展開し、それぞれの眼識を表現することができるようになっています。

インターネットの普及による文化的な交流も、非常に面白い結果を生み出しています。ヒトゲノムプロジェクト、量子コンピューター、バーチャルセックス、工学的発見など。未来の人のエクスタシーのようなものを経験することは、簡単なことなのです。もちろん、その他の面も同様に注目すべきものがありますが。

テクノロジー・フェティシズムの文化は、それほど奨励できるものではありません。今日の株式市場と1年前のそれを比べてみると、昨年の4月までは、ほぼ盲目的な信用がテクノロジーとテクノロジーエコノミーに与えられていました。そしてその後、最新・最速を追い求めるが為に処分された旧式の製品によって埋め立てられた膨大な面積のゴミ処理場が生まれました。そして、技術的、物質的な没頭状態の副産物としてのその他の人達や生物が、自然界から分離されてしまっています。全てのものに、値段がついているのです。

もしデザイナーをやっていなかったとしたら、何になっていたと思いますか?また、今から10年後は、どんなことをやっていたいですか?

ライターか建築家になっていたと思います。将来的には、様々なメディアで自分自身のコンテンツを創造し、デザインし、制作していると思います。

最近読んだ本は何ですか?

パトリック・M・ギャリーの「A NATION OF ADVERSARIES(敵だらけの国家)」です。著者は、憲法で認められた法定学者で、彼の本は、アメリカの訴訟と法律に対する強迫観念によってもたらされた一般市民の社会的退廃についての論評となっています。気楽に読めました。

最後に一言お願いします。

若い時は謙虚に、年をとってからはオープンマインドであることを心掛けること。実験をくりかえし、失敗を恐れないこと。フランク・ゲーリーやフランク・ロイド・ライトのようなアーティスト達は、70代になってから多大な貢献を成し遂げました。僕はまだ30代で、もし僕がこれが僕の頂点だと考えるなら、今すぐやめていることでしょう。全体的にカルチャーは、若者に取りつかれていて、絶えまなく変化しています。希望と進化が過小評価されているのです。

Text and Interview: Rei Inamoto
Translation: Mayumi Kaneko

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
鈴木将弘
MoMA STORE