レスフェスト東京 2000

HAPPENING

昨年遂に日本で開催されたデジタル・フィルム・フェスティバル「レスフェスト」が、今年もまた原宿ラフォーレミュージアムに帰ってきた。世界のトップ・デジタル・アーティストの作品が一同に集まるフェスティバルとして5年目を迎えた今年は、世界5カ国10都市で開催され、日本を最後に今年の幕を閉じる。

今年の上映プログラムは通常上映される「フィーチャーズ」、「短編」、「長編」、ミュージック・ビデオ・クリップ対象の「シネマエロクトロニカ」、日本のクリエイターを対象としたレスフェスト東京のみのオリジナルプログラム「レズミックス」。そして今年から追加されたインターネット上で配信されるデジタル映像が対象の「ネットシネマ」。また、別会場にて行われたイギリスのTVCM、ミュージックビデオ紹介、デザイナーズ・リパブリックや、アンダーワールドのメンバー、カール・ハイドを招いてのトークショーなど、見ごたえ、聴きごたえのあるフェスティバルとなった。


昨年に続きSHIFTでは、日本で活躍するアーティストの作品をフィーチャーする「レズミックス」と、今年の新プログラム「ネットシネマ」からいつくかの作品を紹介しようと思う。

まず「レズミックス」からアニメーション作品、デビル・ロボッツの「トーフ親子」。3DアニメやフルCG作品が多かった中で、映像、サウンドはもの凄くシンプルな分、デビル・ロボッツらしい脚本の良さが際立っていた作品。彼らがストーリーやキャラクターを大事にしていることがとても良くわかる。
ストーリーはトーフの親子が宇宙船(これもトーフ)から地上に着陸する際に、臆病な子供ドーフがこけて「グチャ!」と潰れる(なんせトーフですから)というもの。これが5パターンほどあり、“シンプル・イズ・ベスト”を実感できる楽しい作品だった。

ミュージックビデオ作品、電気グルーブの「NOTHING’S GONNA CHANGE」。フル3DCG作品の醍醐味と言えば、やはり色彩の豊かさ、リアリティだろう。この作品は完璧なフル3DCGアニメーション作品。楽曲のイメージと映像のベストマッチは、映像監督である田中秀幸氏と電気グルーブのピエール瀧氏によるユニット「プリンストンガ」によるもの。

同じくミュージックビデオ作品、宇多田ヒカルの「FLY ME TO THE MOON」。イラストレーター、伊藤桂司氏のシンプルで荒いタッチのイラストにCG、そしてスローな楽曲。企画・演出の谷田一郎氏のセンスの良さが感じられる作品。イラストとCGのコラボレーションは、どこかアナログ的で、とても新鮮に感じられた。

「ネットシネマ」ではどの作品もフラッシュの機能をフル活用し、起承転結がしっかりと表現されているものを多くみることができた。特にこのニック・ニコラス、ジャスティン・ウィロー、クリス・リンドランドの3人による作品「BEEBEARD AND THE WORLD RECORD HEROES」は、最高のバカバカしさ、そして最高にクール!
ストーリーは、全員がとてもずば抜けた変な特技を持つ、犯罪撲滅グループの話。舞台は21世紀。メディアが支配するカリフォルニアのサーカディア市を拠点とし、彼等は口達者なごろつきや新手の凶悪犯を相手にバトルを繰り広げるというもの。作品は、BEEBEARD.COMで見ることができる。

同様に、バカバカしいが、アイディアが最高に良かった作品が、ジャネット・ギャロアの「FISHBAR 10」。3分弱というショート作だが、ミュージカル仕立てで、飛行機の中で友達の恋の橋渡しをしようと歌いだす、ユーモアのある作品。作品は、HONKWORM.COMで見ることができる。
これらの作品がインターネット上だけしか楽しめないのはとても惜しい!と思う反面、自分だけの楽しみがまたひとつ増えた喜びも大いにある。

両プログラムとも第一線で活躍するクリエイターが多く参加しているということもあり、クオリティの高さを再認識することができた。また期間中を通して、フェスティバルには、業界関係者だけではなく一般客も大勢訪れ、立見も出るほどだった。
デザイナーズ・リパブリックやカール・ハイドを招いてのトークショーもかなりの盛り上がりをみせたが、近年、日本で世界的有名なアーティストのメッセージをライブで聞ける機会はなかなか少ないので、いい機会だったのではないだろうか。

最後に、第一線で活躍するクリエイター達(カール・ハイド、デザイナーズ・リパブリックのイアン・アンダーソン、エリック・ヘンリーなど)からの共通していたメッセージがある。
“テクノロジーは、単なるのアイデアを具体的にする道具にしか過ぎない。最も大切なことは自分のビジョンを持つこと、見失わないこと、そしてやりたいことをやること。”
とても当たり前なことなのだが、ハイクオリティで更に低コスト化が想像以上にスピードアップし、制作が容易になった今、クリエイターからの警告として受け止めるべきなのかもしれない。

RESFEST TOKYO 2000
会期:2000年11月24日〜26日
会場:ラフォーレ原宿
http://www.resfest.com

Text: Aya Funaki

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE