NIKE 公式オンラインストア

伊賀信個展「ドット・ストライプ・クロス」

HAPPENINGText: Ayumi Yakura

北海道を拠点に「G.A.A.L」(幾何学的抽象芸術実験室)を主宰している美術家・伊賀信が、クロスホテル札幌にて個展「ドット・ストライプ・クロス」を2014年9月3日から開催している。

タイトルに表された3つのキーワードは、これまでも伊賀作品を構成してきた基本要素だが、それらを冠して作品を発表するのは今回が初だという。シンプルなのに独創的、スタイリッシュなのに普遍的で、無機質なようでどこか心地良さを感じさせる「幾何学的造形」。その謎に迫る絶好の機会だ。

iga_F.JPG
2階ロビーとミートラウンジの壁面には、長方形の板をベースとして、ドット・ストライプ・クロスからなる約20作品の幾何学造形が洗練された色合いで並べられている。

クロスホテル札幌では、2007年のオープン以来、「ART X(アートクロス)」と題して館内でアート作品の展示などを行ってきた。2011年からはSHIFTとのコラボレーションにより道内作家の展覧会を行い、札幌から世界へ向けて発信している。ARTX_IGA_02.jpg

本展は「まちなかアート・クロス・エディション」としてクラークギャラリー+SHIFTがキュレーションを担当する展覧会の第13弾。「まちなかアート」とは、街中にアートが溢れ、気軽に楽しめる環境づくりを目指す札幌から展開中のプロジェクトで、ギャラリー・作家・店舗が一体となりアートのある日常をつくるというもの。

iga_B.JPG

ギャラリーのような鑑賞空間ではないホテルだからこそ、アーティストとして約30年間「作品と空間の調和」を追求し、他方インテリアコーディネーターとしても実績を重ねてきた、伊賀の優れたバランス感覚による調和が見所の一つとなっている。

伊賀にとって「調和」や「バランス」が重要な価値観であろうことは、創作及び生活の拠点としている札幌の魅力を『四季のはっきりした、生活圏と自然が上手く重なっている都市』と語っていることからも窺える。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE