MEGANE

THINGSText: Mariko Takei

Megane
Yu Nagaba

アーティストや作品のセレクションについてはどのようにされているのでしょう?

アーティストは日本の若手、と絞っていますが、つまり僕の身近にいるアーティストがそう言った層になるんだと思います。「若手」という表現には僕も多少違和感を感じます。10代でも、30代でも、50代でも「若手」になりうると僕は思っています。彼らが花開いていたとしても、まだそれとは別に「つぼみ」持っていて、可能性を秘めていれば、僕はたとえどんな年月を経ていても「若手」と解釈しています。1回発行してみたら、あの人も、あの人もと載せたいアーティストが沢山浮かんできました。だから今後も続けようと思っています。載せたいアーティストが思い浮かぶかぎり、僕にも可能性を秘めていることになるからです。いつかは自分が描いた絵も載せたいな、なんて馬鹿なことも時々考えています。

Megane
Yusuke Hanai

Meganeの裏表紙には、マイク・ミルズやエド・テンプルトン、カウズ等6名のアメリカのビッグアーティスト達から日本のアーティストへ向けてのメッセージも掲載されていますね。

今回、マイク・ミルズカウズ、レイモンド・ペティボン、エド・テンプルトン、ジョン・マッケンブリッジ、アルマ・アレンの6名より日本のアーティストに激励のメッセージをもらいました。
このプロジェクトに対する簡単な説明を1枚つくって、彼らのもとを巡って行きました。メールで依頼したエドからはすぐ返信があり、その時は凄く嬉しかったです。色々共感してもらえたようで、また優しさを感じました。ペティボンはとても温和な方で「メッセージをください」って言ったら、いきなり彼の本当の住所を書き始めて、「もし、あなた方が作品作りの場所を必要としていたらここに来なさい」って言うのでびっくりしました。でも、これはプライベートな情報だから公にはしない方がいいのでは?と思い、何とか書き直してもらいました。

Megane

今後の展開について教えて下さい。

今後は地道に発行を繰り返し、販売できる店舗も増やしていきながら、掲載されたアーティストにとって幸運が舞い降りるように願っています。僕はこの本を持ってアメリカ中をまわり彼らへの恩返しができれば嬉しいです。いつかは、ロスで「Megane展」みたいな展示をしたいです。しかも、アメリカ横断の巡回展なんか素晴らしいですよね。アーティスト達とワゴンに乗って、あちこちで展示して行くような、アーロンの真似になっちゃうかもしれないですけど。。そしたらフィルムを撮ってどこかで流したりして。

Meganeはどこで入手できますか?

現在は3店舗の取扱いですが、日々開拓しているのでどんどん増えて行くと思います。

ファミリー。ウエストハリウッドにある本屋さんで、僕の大好きな場所でもあります。ここでは手塚治虫の漫画や、マイク・ミルズの作品、レイモンド・ペティボンのポスターまで幅広く取り扱っています。毎週のようにイベントもやっていて、ジーン発行者にとってはロスにおける最重要拠点です。ここがまさに登竜門って感じですね。ここで扱ってもらえればそのジーンもはくがつくような、そんな本屋さんです。当然、日本への郵送も可能です。

モンキーキング。主にデザイナーズフィギュアのようなものを販売しています。定期的に地元のアーティストを絡めたイベントやアートショーも行っていて、とても元気で僕には優しいお店です。場所はメルローズ・アベニューという東京で言う原宿のようなところにあります。

トータス。以前SHIFTでも紹介しているお店。Meganeを取り扱っていただけます。

Megane
発行:スターグラフィックス
リリース:2009年3月20日
価格:10USD
不定期にて定期的に発行予定
https://www.stargraphics.jp

Text: Mariko Takei

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
クォン・オサン
MoMA STORE