バサバ

PEOPLEText: Naoko Fukushi

1997年に設立され、現在11名ものスタッフを抱えるまで成長したスペイン、バルセロナのクリエイテエィブスタジオ・バサバ。コマーシャルワークと非営利プロジェクトをバランスよく手掛けながら、実に様々なプロジェクトをこなす彼らの、成功の秘訣やクリエイティブの姿勢について、設立者の一人、ブルーノ・セレスに話を伺った。


Photographed by Leila Mendez

まずはじめに設立の経緯も含め、自己紹介をお願いします。

バサバは、1997年にブルーノ・セレスとトニー・セレスによって設立されました。トニーは、グラフィックデザインと広告のアート・ディレクターの経験があり、ブルーノは、イラストレーションとグラフィティのバックグラウンドがあります。

私達は、慣習的なグラフィック、広告制作の手法にうんざりしていたので、前の仕事をやめて、自分のスタジオをつくることを決定しました。私たちが好きなように働ける場所、また最終的に私達がプロダクトを完成させるまでの全てのステップにおいて、コントロールすることができる場所が私達のスタジオです。

この7年で、私達のスタジオは2人から1一人に成長し、現在のメンバーは、グラフィックデザイナー、アニメーター、プログラマー達と、2002年にパートナーとして加わったプロジェクト・マネージャーのエンリック・ゴデスで構成されています。私達には、秘書や経理を担当するスタッフはいなく、全ての仕事を自身で管理しています。しかし活動範囲が多岐に渡るので、大きなフリーランスのコラボレーターのネットワークを持っています。

どのような活動をしていますか?

先程も話しましたが、私達は特定の分野の仕事をしているスタジオではないので、いつも楽しみながら、新しいゴールを目指しチャレンジし、私達自身を刺激したいと常に思っています。私達は、ロゴや、タイポグラフィー、インタラクティブデザイン、出版や映画のような様々な分野でのプロジェクトを行っています。

私達の特徴は、フェスティバルのアイデンティティやロゴといった、コミッションワークと「PLACE」や「VASAVA FONTS」のような自分達のプロジェクトのバランスを保つ努力をしているところです。実験的な部分と依頼をされ部分をベースにした制作過程という新しい方法論を持っています。新しいコミュニケーション価値、トレンド、新しい考え方の模索は、私たちをインスパイアするものです。

実際の制作過程はどのように行なわれるのですか?メンバーが多くアイディアがぶつかりあったりすることはないのでしょうか?

私達は多くの異なる技術を持っていますが、最初のステップとして、ブレインストーミングで基本コンセプトを見つける間、スタジオのどのメンバーでもアイディアを寄せ合うことができ、それがアイディアを広げることができるという意見で一致しています。そうしてプロジェクトを共有して仕事をすすめます。

また、予測可能で標準的なソリューションではなく、それぞれのケースに応じたソリューションを提供したいと考えているので、決して同じ事は、繰り返さないです。

最近手掛けたプロジェクトを紹介してください。

コマーシャルワークでは、「1X1. Pixel based graphic design and Illustration」のカバーとレイアウトデザイン、アートディレクション、編集の全てを行いました。この本は、世界中の73組のアーティストによる様々なピクセルグラフィックを一つにまとめたもので、ピクセルグラフィックの参考書のような本です。

非営利のプロジェクトでは、1年半に渡るプロジェクト「PLACE」がもうすぐ終わるところです。これはトラベルブックで、真っ白なTシャツと、ビデオカメラと一緒にパッケージされ、世界中の36のアーティストのもとを巡回します。そしてそれぞれのアーティストは、これらの3つのアイテムを使い、彼らが自身の作品に影響を及ぼしている身の周りのカルチャーを写し出します。

このプロジェクトは、2004年11月に出版物として発行され、バルセロナで展覧会も開催します。またウェブサイトでは、このプロジェクトが現在どのように進んでいるかを日々見る事ができるようになっています。「PLACE」は、カローチェ・ジーンズのサポートを受けて行われているバサバのプロジェクトです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ミルク倉庫+ココナッツ
MoMA STORE