チーヤン・チェン

PEOPLEText: Satsuki Miyanishi

近代イギリス彫刻やポップ・アートの発展にも寄与したと言われるロンドンの美術大学、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートを2017年に卒業したチーヤン・チェン。全ての作品を綿密な実験結果から生み出すという科学的なこだわりとともに、ビジュアルコミュニケーションに基づき、個人が社会とどのように関わりを持つかという観点から様々な視点を提供してくれるチーヤン・チェンに、彼が作品に表現する根底にあるものについてインタビューを行なった。

12625856_1270261882990599_1504543321_n

これまでどういった作品を発表しているのか簡単にご紹介をお願いします。

私の作品にはグラフィックデザインと新しいメディアのインスタレーションがあります。ロイヤルカレッジ・オブ・アート(RCA)時代は、いくつもの層からなるような複雑なコンセプトを伝えるために、さまざまなメディアを柔軟に試みました。RCAで行なった面白いプロジェクトには、人間の肌の動きを模倣するインタラクティブな試作モデル、軌道共鳴を表現するレコードプレーヤーから開発された小さな移動式インスタレーション、成長し続ける自己意識の過程を暗示する、ロンドンのハイド・パークで集めた枝から作られた人工の木、インターネット社会における人間関係について、リアルタイムビデオプログラムによって作られたビデオインスタレーション、人間と惑星と宇宙との関係に自身の視点を併せた7枚のモノプリントと石板で作られたインスタレーションなどがあります。卒業制作の進行中、私は速いスピードで形成されるオブジェクトに興味を持ち、多くの実験を行い、象徴的な意味をオブジェクトに慎重に加え、その結果がプロジェクトとなりました。

Humans can only confess to Something rather than Somebody
「Humans can only confess to Something rather Somebody」

Humans can only confess to Something rather Somebody」では、特に3Dプリンターで作られた歪んだ物質がとても印象的でした。作品のプロセスを教えて下さい。

主題を決めるにあたって、人々が極度に厳しい感情に苦しんでいるときに人間と物体との間にはっきりとはしないつながりがあり、この微妙で抽象的、そして感情的な関係を伝えることが大きな課題であると考えていました。最初に思いついたのは、自分の得意分野であり、なおかつ簡単に感情を伝えることができる方法、つまり映像で物語を描くことでした。しかし同時に、物理的で触れることができるリアルなもの、感情を直接見る人にひと目で伝えることができる、力強く明白な何かが必要でした。そこで、私は元のコンセプトを見直し、出発点である「繋がりを具体化すること」から再編成しました。全ての物体が人間の行動や感情を理解し、記録することができるという投機的なプラットフォームを作りました。そういった物体の表面は、より多くの行動や感情を記録した後に歪んでしまいます。物体とその所有者との繋がりを強調するため、物語の映像の中でこの人たちにどんな恐ろしい出来事が起こったのか、なぜ彼らが物事に打ち明けたかを解説しました。展示では、物体がプロジェクターによって壁に投影され、インスタレーション全体が「感情的な繋がり」となりました。映像に加え、物体は所有者の結果を表すものとして展示されました。物語の映像は私の個人的な経験から発展したもので(次の質問で説明しますが)60以上の物語を集め、記号とビジュアル言語の両方をシナリオに組み込むことで、観客に共感を与えました。物体のパターンは、インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者に提供してもらったEEGデータから開発しました。EEGとは脳波を記録する装置で、異なる感情は異なる脳波を引き起こします。最初は情報を視覚化したインフォグラフィックなものでしたが、私自身の感情を入れて、より正直で直感的なパターンが完成しました。映像では、人々の誰にも自分の気持ちを伝えることができない本当に困難なときをさらけ出しました。物体は、人間と物体との間の否定的な感情と繋がりを具体化し、人間の不可解な隠された部分のシンボルとなりました。


「Humans can only confess to Something rather Somebody」

人の感情と物質の関係にフォーカスした理由があれば教えて下さい。

いつも私は人と人との微妙な関係に焦点を当てています。このプロジェクトでは、個人と社会の間の疎外された変化を強調するために、人間と物体の関係を利用しました。私が否定的な感情や物に焦点を当てるのには、個人的な理由もあります。実は以前うつ病に苦しんで、自殺しようとしたこともありました。またロンドンにいたときには、本当に親しい友人を失うという経験もしました。これらは映画に似ています。このような出来事によって、私がこういう感情が実際にどんなものであるか知ることになりました。こういうとき、誰も私の痛みを容認することができないし、私は最も苦痛な部分を内に呑み込まなければなりませんでした。他人には話すことができなかったので、“人”ではなく“物”にそれを打ち明けたのです。


「Humans can only confess to Something rather Somebody」

同様の経験を持つ人がどれくらいいるか知りたいので、まずインタビューを始めました。インタビューを通して、多くの同様のフィードバックを受けました。特に、良い家族と良い友達がいて、良い人生と言える「普通の人」は、何かひどいことに直面したときに、他人に自分の気持ちを伝えることをさらに困難にしてしまいます。“それほどひどいわけではない”人生を歩む人のことを理解しようとしたり、共感したりする人はいません。

これが私が物語に3人の“普通”の人物を登場させた理由です。彼らがどれほど絶望的で、もがき苦しんでいるかを示したかったのです。そして彼らが友人、家族、そして社会からどれほど離れてしまっているかを。彼らが感じ、経験するもの、これらは私たちの実生活で起こっています。これらの物体は、堪えがたい経験に直面した「普通の人」の行く末を暗示しています。

感情コミュニケーションの実験からこの作品がうまれたそうですが、あなたの作品は実験からうまれることが多いのでしょうか?

はい、私の作品のほとんどは実験から生まれました。私の作品には様々な層から成るものや、象徴的なものもあるので、観客からのフィードバックは私のコミュニケーションプロセスの調整にとても役立ちます。たとえば、感情的なコミュニケーションは私がこの二年間に行った実験の一つです。卒業展の際に得たフィードバックは、将来の作品をより良い物にしてくれるでしょう。また材料にも少し遊びを入れた作品がありますが、その中でも一番面白かったのは、腐った食べ物とカビを使った作品です。結果は本当にひどい物だったので私の作品集には入れていませんが…。

Humans can only confess to Something rather than Somebody
「Humans can only confess to Something rather than Somebody」

作品を制作する際にもっとも大切にしていることは何ですか?また作品のインスピレーションはどこから来ますか?

使用する全ての要素が意味を持っているので、それぞれの要素に見え隠れする、象徴しているものや繋がりに注意深く注目する必要があります。それは私にとってとても重要なことであり、作品の質を評価する基準でもあります。個人的には、不必要な要素はコミュニケーションを曖昧にするので、誇張した作品や装飾があまり好きではありません。私のインスピレーションは、常に個人が社会とどのように関わりを持つかという視点から来ていて、社会のマクロトピックから始め、個々人に絞り込んでいきます。社会の変化は個人にどのような影響を与えるのか、人々が社会における地位についてどのように考えるか、投機的な方法を使うことによって、私は世界についてさまざまな視点を提供したいと考えています。

あなたにとってのビジュアルコミュニケーションの魅力、またその可能性について教えて下さい。

RCAのビジュアルコミュニケーションは、非常に概念的なトレーニングを提供し、さまざまなメディアに適用できます。以前より多くの技術とメディアがあるので、単にこれらの技術を駆使するよりも、これらの技術における地位を見つけることが重要です。私の家庭教師が昔、私に言ったことを今でも覚えています。『アートとデザインを分けてはいけません。あなたが考える必要があるのは、何を伝えたいのか、あなたの作品を見た後に観客に何を求めるのか。最も重要なのは、選んだトピックに対してあなたの立場はどこにあり、何が貢献できるのか。』これらの質問がデザイン、芸術、コミュニケーション、さらには自分の人生に対する私の見方を大きく変えさせてくれたと思っています。平凡で場当たり的なものを作り、ただそれから利益を得るのではなく、私が選んだトピックに責任を負う、これはビジュアルコミュニケーションから学んだ最も重要なことです。

予定されているプロジェクトはありますか?今後挑戦していきたいことがあれば教えて下さい。

何人かのクラスの友人と上海でニューメディアを使った商業的なインスタレーションを行う予定です。その後ロンドンへ戻り、私の個人的なプロジェクトを進めます。次の作品は、体はメディア、使用されるツールは記号、行動は儀式、意図は宗教になるというような、人間が自分の体をどう扱うかについての新しいシリーズを作りたいと考えています。このプロジェクトの他にも、社会の象徴的な意味に興味があるので、将来の作品はこのテーマをより発展させていきたいと思っています。長期的な目標のため、ホログラフィック投影と速いスピードで形成されるオブジェクトを組み合わせた臨場感のある作品に取り組み、見る人を自分のコンテンツに導くより良い方法を提供していきたいと考えています。

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE