丸尾結子

PEOPLEText: Seiichi Endo, Mitsuka Kimura

それに対して、2016年に発表した「BLOOM」では、イメージの世界に登場する何かの象徴としての「像」ではなく、一体ごとが私自身の感情や感覚のヒダのようなものとか、繊細で複雑なニュアンス持っている、それぞれが唯一の存在で、よりリアルにそれに出会い向き合いたいという欲が、あの色彩を施すことにつながったのだと思います。

ホワイトストーン・ギャラリー 軽井沢ニューミュージアム
「BLOOM “Rei”」, 丸尾結子, 2013年, 300 x 150 mm, 石粉粘土、ミクスドメディア

粘土の表面に指先をすべらせながら少しずつ感覚を確認するのと同じように、思うままに色を作り、選び、彩色するということで、その一体のより深く微妙な個性を感じられるのではないかという、模索をしていたのかも知れません。

今は、内側から表にふと現れてしまう、優しさや切なさ、ひょうきんさなど、無数に存在するその「PULSE」の色やリズムが折り重なって、唯一のそしてシンプルでリアルな存在感に出会いたいという気持ちで作品を作っています。

ホワイトストーン・ギャラリー 軽井沢ニューミュージアム

これからの展望や、夢などはありますか?

素材や表現方法などがどう変わっていくかはわかりませんが、その時々で感じたものに敏感に向き合って、表現し続けていきたいと思っています。そのプロセスや作品を通じていろいろな発見や未知の心地好さ、驚き、喜びなどに出会えると嬉しいと思います。

また、今回の「PULSE」のような、手の中で存在を確かめながら作る作品だけでなく、たとえば大型の造形作品や絵本などの制作にも興味があるので、妄想を膨らませたり思いを巡らせたりもしています。「Wavering Garden」や「Jamnical Parramo」などのような、音楽、サウンドや空間、料理、ジュエリーなどいろいろなジャンルやメディア、アイテムとのコラボレーションもとても面白かったので、今後もこうした経験したことのないことにもできるだけ機会を見つけて取り組んで、いろいろな「感覚」に出会いたいと思っています。

ART NAGOYA 2017
会期:2017年2月18日(土) 11:00~19:00 / 19日(日) 11:00~18:00
  (プレビュー 2月17日(金) 13:00~19:30 ※招待者、プレスのみ)
会場:ウェスティンナゴヤキャッスル 9F フロア
住所:名古屋市西区樋の口町3-19
出展ブース数:26ギャラリー
入場料:1,000円(一般公開日一日間有効)
主催:ART NAGOYA 実行委員会
TEL:052-955-1790 (株式会社トークン内)
info@artnagoya.jp
http://www.artnagoya.jp

Text: Seiichi Endo, Mitsuka Kimura

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE