フェルナンド・トロッカ

PEOPLEText: Celeste Najt

ブエノスアイレスで有名なシェフ、フェルナンド・トロッカをご存知だろうか?レストラン「サンタ・テレジータ」を経営しながら、「スクレ・レストラン」のエグゼクティブ・シェフも兼務するほか「フレスコ・レストラン」のメニュー開発も行なうなどひっぱりだこだ。今回幸運にも、その忙しい彼にインタビューする機会を得た。

Fernando_Trocca_copia.png_1160840842
Fernando Trocca

シェフとしての経歴を教えて下さい。

幼少期に祖母セレフィーナと一緒にいることが多かったため、彼女の料理を見よう見まねで身につけ、10歳から「料理」のキャリアはスタートしています。18歳で料理人の道へ進み、ブエノスアイレスで5年間の修行を積み、その後はイタリア、スペイン、フランスなど欧州を渡り歩きました。1992年に初めての自分の店「リェルス」をニューヨークにオープン、2001年にはブエノスアイレスに戻り、現在も営業を続けている「スクレ」を開きました。2007年から2年間だけメキシコに暮らしましたが、非常に楽しかったです。2013年開業のレストラン「サンタ・テレジータ」はウルグアイのホセ・イグナシオにあります。ほかには、この8年間はイギリスの「グアチョ」にも籍を置いています。

何をしている時が一番楽しいですか?

料理です。それこそ四六時中、料理ばかりです。チームでメニューを考えることも楽しいです。

sucre_piedra-036
”Shrimps with black pudding and apple in two textures”, menu developed by Fernando Trocca

ブエノスアイレスの料理はいかがですか?

非常に美しく美味しいからこそ(作ることは)とても大変でもあります。

ニューヨークでのレストラン経営はいかがでしたか?

料理の世界選手権に出場するようなもので、本当に貴重な経験になりました。

fernandotorocca
“Candied pumpkins, boar ham, pumpkin seeds”, menu developed by Fernando Trocca

最近のお気に入りレシピは何でしょうか?

ずっと「ミラネーザ」が大好きです(南米の国々の定番メニューで、パンでカツレツを挟んだ食事)。マッシュポテトとカボチャも添えて。

インスピレーションの源を教えて下さい。

旅行、ファッション、本、レストラン、散歩、そして読書です。

最後に最新情報を教えて下さい。

初の書籍「料理人 トロッカ」(原題「Trocca Cocinero」)が発売となりました。どうぞご覧下さい。

Mostrador Santa Teresita
住所:Jose Ignacio, Maldonado, Uruguay
営業時間:8:00〜23:00
TEL:+598-4486-2861
http://www.fernandotrocca.com

Text: Celeste Najt
Translation: Aya Shomura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE