ノルベリ・フェスティバル 2015

HAPPENINGText: Victor Moreno

1999年に始まった「ノルベリ・フェスティバル」。2015年となる今年もより多くの海外ゲストらを迎え、新鮮さとハングリーさは健在だ。それも、このイベントが音楽に対しユニークなアプローチで、多くのアーティストたちに実験的な機会を与えているからだろう。観客を惹きつけ煽るための有名アーティストを高額で招致するまでもなく、ノルベリ・フェスティバルは体験的な音楽、DIY音楽、電子音楽のプロとミュージシャンたちが集結する毎年恒例のイベントとなった。スウェーデン南部のダーラナ地方という田舎にある古い炭鉱で行われ、その会場や環境とアーティストたちのコンビネーションが他との違いを作り出している。歴史的に、スウェーデンは常にトップの鉄鉱石輸出国で、前世紀の半ばからこの渓谷はその主な生産地だったが、生産は80年代後半にスウェーデンの最北に移動し、その後この鉱山の坑口は閉鎖された。こうしてこのコンクリートでできた廃墟を会場とした実験音楽のイベント、ノルベリ・フェスティバルが毎年行われるに至ったのだ。実際、これらの建物はスウェーデンの産業遺産の一つである。

nf1184
the defunct mine site Mimerlaven, 2015

数多く集まったノルベリ・フェスティバルのパートナーには、ドイツ文化センター、スペイン大使館、ベルリン音楽会EMSエレクトロ・ミュージック・スタジオアンスティチュ・フランセなどのよく知られた文化施設が名を連ねる。サウンドの合成、コンクリート環境でのサウンドテクスチャの広がり、そして真夜中を過ぎたあとの露の香りがこのイベントの特徴として際立つ。今回私は、鉱山の周りを散歩しながらライブを楽しみ、さらに今年出演したアーティストたちに話を聞くことができた。

nf0023
Mats Lindström (EMS/Fylkingen), Norberg Festival, 2015

プログラムは地元のアーティストと海外アーティストが組み合わされており、メイン会場の「マイマー」では、マッツ・リンドストロームのパフォーマンスが行われた。リンドストロームは、電子音楽、サウンドアートのため、またサウンドの研究と実験、合成を目的とした音楽制作のためのプロ向けのスタジオとして利用できるスウェーデンの施設EMSのヘッドディレクターだ。彼が作曲家として演奏するのはノルベリ・フェスティバルが初めてではなく、これまでベネチア、ニューヨーク、モスクワ、ストックホルム、ワルシャワなど多くの国際的な芸術イベントでパフォーマンスやサウンドインスタレーションを行ってきた。今年用意したのは、アメリカ人の実験音楽作曲家デビッド・チューダーのオマージュとして制作された「ワン」というショー。パフォーマンスの少し後に、このイベントでの体験を語ってくれた。

「このショーは20ヶ国で行ってきたけど、今夜の反応が最も感動的だった。パフォーマンス中、周りの全ての人がここにいるという実感ができたことに本当に感謝しているよ。建物の構造上長いケーブルを使用しなくてはいけなかったので、パフォーマンスも多少違ってきた。どの機材を使用するかによって常に違うバリエーションがあるんだ。同じ方法での接続や、全く同じギアを使用することは決してないので、サウンドは常に別モノで、演奏の度にちょっとした驚きがあるよ。機材構成も自分で行っているけれど、コンクリート造りのこの建物は大きな残響があり、教会のように音響環境としてはとても難しい場所なので、聴く側の観客も大変だと思うよ。音響的に「最悪」なこんな場所でもパフォーマンス経験があるから、今回はとてもユニークなものに仕上がったね」。

nf1160
Former power station building, namely Kraftverk room., 2015

鉱山の旧発電所はクラフトヴェルクステージ。ショーは、ムードがありながらも狂ったような盛り上がりを見せ、人々が集まって踊り出した。ここの音は、マイマーより反響が少なかった。

nf1145
Kali Malone & Caterina Barbieri (EMS/Fylkingen), Norberg Festival, 2015

今回のフェスティバルでギターのみを使ってパフォーマンスしたのは、カーリー・マローンカテリーナ・バーベリ。彼らにもショーの後に話を聞いた。

「私はアメリカ、カテリーナはイタリア出身の2人組です。この数週間で2本のギターと2つのエフェクター(スペクトル・エレクトロ・ハーモニック・フリーズ)を使った『グローリー』という曲をEMSで制作しました。この曲は、調性とカノンに焦点を当て、長さは40分のライブに合わせ3部で構成しました。この曲では私たちはギター奏者なのです。同じメロディーをカノン、つまり違ったパートで始め、共に同じメロディーを演奏することで、面白いハーモニーが起きたり、止まったり、非常に激しいハーモニーの連続が生まれるのです。繰り返しとポリリズムの要素を使って、2本のギターとペダル以外にはバックトラックなど何も加えず、全てライブで行いますが、現在スタジオバージョンでは10本のギターを使用しています。私たちは互いに同じメロディーを繰り返すので、対話や独り言のようになります。ノルベリ・フェスティバルでの演奏は、産業遺跡のような場所で宗教的な雰囲気もあり、『グローリー』という曲をここで奏でることがこの会場にとても合っていたようでした。巨大なこの会場では13秒も残響が残るので、美しいギターの響きがあれば電子的なプロセスは必要ありません。ただ非常に大きなアンプと自然に起こるエコーがあるのです。私たちはミュージシャンとしてとても活動的で、カテリーナはモジュラーシンセサイザーを使ったソロのコンサートを行っています。それから現代的なギター曲ためのツアーも企画していますよ」。

nf1177
Sophia Loizou (Astro:Dynaics), Norberg Festival, 2015

ソフィア・ロイズは、夜明け前のマイマーで、ある種のバイオリンの弓を使用した演奏を行った。この廃墟の音響効果のおかげで、もう一度息を吹き返したアコースティックな楽器と電子音で処理されたフレーズが雰囲気をつくり出す。まったりとした雰囲気というよりはむしろ甘い子守唄となって、この建物での3度目となるパフォーマンスで観客を寝袋へと誘い、その様子はまるで「エイリアン2」でシガニー・ウィーバーが卵のプランテーションを発見した時のようだった。

フェスティバル最終日に演奏をしたイタリア人アーティスト、ロレンソ・センニには、演奏前に話を聞くことができた。

「ノルベリ・フェスティバルで演奏するのがとても楽しみです。会場はとても良さそうだし、観客の反応にも期待しています。今回演奏するクラフトヴェルクは、マイマーに比べると印象は薄いですが、実際には音響は非常に優れています。残響に悩まされる必要はなく、演奏する楽器にもよりよい環境です。トランスミュージックを作るクラシックなシンセサイザーは90年代から使っていて、最近制作した楽曲を録音した音響と共にライブで演奏します」。

ほかに興味深いパフォーマンスを見せたのは、サイケデリックなヒップホップステージ、サン・ローとイギリスのテクノステージ、パーク。また、その他の多くのアーティストたちが音楽プログラムや視覚インスタレーションを見せてくれた。

nf0009
Samuel Kerridge (Contort), Norberg Festival, 2015

全体として、ノルベリ・フェスティバルは美しいスウェーデンの深い自然に囲まれた産業施設というユニークな組み合わせの会場で、実験音楽を楽しむという素晴らしい機会を提供した。イベントの組織メンバーの一人、トム・ハンセンが自身の言葉でこう語ってくれた。

「今回は、イベントが成功する仕組みを更に専門化するという内容でした。私から見るとイベント全体がスムーズに進み、今年は誰もが満足していたと感じています。イベントで多くの初出演アーティストたちを見るのは楽しかったですね(特に海外アーティスト)。より専門性が高まったとは言え、ノルベリ・フェスティバルはこれまでと変わらず想像性、手作り感、素晴らしい経験のユニークな雰囲気を届けているはずです。(トムの所属する)メディアチームも非常によく機能し、計画通りイベントの取材を進めることができましたし。ただここで起こることをもう少し楽しむ時間があればよかったのですが、自分たちで何かをする時は大抵こうですね。アーティストとパフォーマーのためのより大きなステージを提供するという点で、スカンジナビアでの実験音楽、電子音楽の発展のためにも、純粋にノルベリ・フェスティバルは極めて重要だと感じています」。

Norberg Festival 2015
会期:2015年7月30日(木)〜8月1日(土)
会場:Mimerlavenとその周辺
住所:Gamla Banan 6, 738 33, Norberg, Sweden
http://norbergfestival.com

Text: Victor Moreno
Translation: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
ステファン・マークス
MoMA STORE