五十嵐 淳

PEOPLEText: Hanae Kawai

建築家であった祖父の影響を受けて育ち、建築設計のみに留まらず、今や北欧やヨーロッパをはじめ国内外からデザインやレクチャのオファーが後を絶たない建築家、五十嵐淳。彼は「札幌や北海道がワクワクするような場に変化していく多様な”良きウイルス”を発明していきたい」と語る。これまで手がけた作品のこと、ミュージアムの設計のこと、そしてフリッツハンセン主催の企画展「オマージュ・アルネ・ヤコブセン」のことなど限られた質問への回答から、その言葉の背景や作品の根底に流れるコンセプト、想いの断片が見えてくる。9月にはフィンランドで開催される「ヘルシンキ・デザイン・ウィーク」のプログラムでレクチャーが組まれ、今秋から拠点の中心を札幌に移動させる彼に話を聞いた。

junigarashi_portrait
Jun Igarashi

まず初めに、自己紹介をお願いします。

職業は建築家で、五十嵐淳建築設計事務所を主宰しています。

rectangular_wood
“Rectangular Forest” Jun Igarashi, 2000, Photo: Shinkenchiku-sha

日本に限らず世界でも活躍されている五十嵐さんですが、建築という分野に興味を持たれたきっかけやその魅力について教えて下さい。

1945年以降、祖父が佐呂間町に入植し五十嵐組という工務店を始めました。祖父は工作兵をしていたそうで戦地で橋や建築を作っていたようです。佐呂間町に入植した頃は、建築に限らず木製の雪車なども作っていたと聞きました。父が二代目で私が三代目となります。私は小さな頃から祖父の影響を受けて育ち、漠然とですが建築に興味を持っていたのがキッカケで建築の道に進みました。

kazenowa3
“wind circle” Jun Igarashi, 2003, Photo: Shinkenchiku-sha

技術の発展に連れ、最近では複雑な近代建築物が多く見られます。一方で、五十嵐さんの作品は色や形もシンプルに感じます。設計し形にしていく上で、何か気をつけていることやテーマはありますか?

建築は常にテクノロジーと共に歩んできましたし、これからも同様だと思います。複雑な建築はテクノロジーの、特に構造技術によるところが多く、巨大建築物に多く用いられています。公共的な建築物に用いられている技術は一般の多くの目にさらされることが多いので、そのような建築が増えている印象となりますが、建築はそもそも人類にとって、とても原初的な存在なのです。私の建築はその原初的な部分に応答したいと考えています。特に光や風、居心地といったシンプルな快楽について思考しています。

cologal
“Korogaru Park in Nature” YCAM InterLab+Jun Igarashi, Sapporo, 2014, Photo: Jun Igarashi

木漏れ日と子どもの声がこだまする「コロガル公園inネイチャー YCAM InterLab+五十嵐淳」は、常設しておいて欲しいほど素晴らしいものでした。設計されていかがでしたか?

ひょんなことから関わらせて頂くことになったプロジェクトでしたが、もともと既にYCAMインターラボにより、しっかりとした概念が構築されていたので、初めは正直、難しい仕事だと思いました。ただ色々と思考を重ねているうちに遊具的ではダメで、例えば自然物に子供が触れた時、それは遊ぶ為に存在しているモノではありませんが、子供たちは想像力で遊びを発明するんですね。遊具は制作側が「このように遊んで(使用して)下さい」というモノですが、そうではない「子供にとっての気付きのキッカケ」となるようなモノを作りたいと考え始めました。つまり子供の気付きの視点により、多様に変化が繰り返されていくような存在を作りたいと考えました。遊園地ではなく「森」(自然物)のような建築を作りたいと。

kazenowa
“Wind circle” Jun Igarashi, 2003, Photo: Shinkenchiku-sha

これまで手がけた設計で、特に印象に残っている作品についてお聞かせ下さい。

当然ですが、どのプロジェクトもベストで挑んできましたので印象深く残っていますし、私は思考の連続性により設計を続けているのでどのプロジェクトも大切です。ただその中でも契機になった作品がいくつかあります。「矩形の森」はデビュー作となりますが、この作品の思考が全ての思考のベースとなり連続しています。「風の輪」では北海道特有の気候風土による気付きと発見が建築の新たな創造性を獲得することに繋がりました。「光の矩形」「相間の谷」「間の門」ではその思考をさらに拡張することができました。そして内モンゴル自治区での「オルドス100」プロジェクトでは世界との距離感を掴むことができました。

hikari_kukei
“Rectangle of Light” Jun Igarashi, 2007, Photo: Jun Igarashi

soma_village
“House of Trough” Jun Igarashi, 2008, Photo: Jun Igarashi

日本だけでなく海外からも高い評価を受けていますが、海外にご自身の作品を発表するという考えは以前からお持ちだったのでしょうか?

そのような感覚は当初から全くありませんでしたが、私が建築設計を始めたのが1997年頃でしたので、Windows95によりインターネットの世界が一気に拡張した時期でした。私の実感としては、良い建築を作っていれば、世界のどこかで誰かが必ず見ていて、そして気付いてくれるのだということです。

seven_chair
“Homenaje A Arne Jacobsen”, Flitz Hansen, Jun Igarashi, 2015

今年7月には、デンマークの老舗家具メーカー、フリッツハンセンの60周年を記念した展覧会「オマージュ・アルネ・ヤコブセン」において、アルネ・ヤコブセンの代表作、セブンチェアをアレンジする建築家、デザイナーの一人に選ばれました。出品に至る経緯や、実際にデザインしてみてのご感想をお聞かせ下さい。

今回に限らずオファーは突然メールで来ることが多いです。今回もそうでした。オファーが来た時にザハ・ハディドジャン・ヌーベルの参加が決まっていましたし、他のメンバーもそれぞれの国を代表する建築家ばかりなので、その中に選んで頂けたこと、そして日本として私を選んで頂けたことに興奮しましたし、セブンチェアはとても好きな椅子のひとつでしたから本当に嬉しいオファーでした。同時に原型を崩さずにデザインをするという企画内容にプレッシャーも感じながら取り組みました。

ainomon
“Layered House” Jun Igarashi, 2008, Photo: Jun Igarashi

古い建築資材を材料として再利用されたそうですが、この方法に行き着いたきっかけと、完成までのプロセスを教えて下さい。

私は単に「デザイン」するというような作業をしたことがなく、コンテクストを読み解くことから始めます。セブンチェアに限らず工業製品は大量に消費されさます。私が普段やっている建築の仕事も同様です。生産する行為は人類にとって原初的な行動です。それは石器時代に始まったといえるかも知れません。ですので生産を否定することは正しくありませんが、何か少し生産と廃棄のサイクルの中でできることは無いかと考え始めました。東日本大震災の瓦礫が強い印象として私の中に存在していました。また日本では特に木造建築が多く、寿命が短く廃棄のサイクルも早い為、それらの木片の瓦礫を大量生産されるプロダクトに利用できないかと考えました。

museum
“MUSEUM” Jun Igarashi, Sapporo, 2014, Photo: Jun Igarashi

リユーズといえば、SHIFTの編集室が入っているミュージアムも北海道の建築物のリフォームですね。他の案件と異なり、ミュージアムは専門の内装業者は入らず、SHIFTのスタッフ自らリノベーションすることが前提だったと聞きました。気をつけたこと、大変だったこと、面白かったことなどを教えて頂けますか?

先ず骨格(構造躯体)が素晴らしい建築であることに気付きました。そこで厚化粧(ハリボテ)を撤去することから始めて頂きました。その後、デザインに関するコードのような決まり事を全体にセルフリノベーションして頂きました。通常の工事の場合、設計図通りに忠実に作ることになるのですが、セルフリノベーションの場合、突発的に現場で合意形成が生まれ、そこから新たな発想や空間が作られる面白さがあります。つまり今回、僕はある種の「デザインウイルス」を古い建物に注入しドライブさせたのです。

ordos100
“Ordos 100” Jun Igarashi, Inner Mongolia Autonomous Region, 2008

また、資源や古い建築物の再利用について、どのように考えていらっしゃいますか?

建築もその他のモノも、単に古ければ価値があるということでは無いと考えます。ですので再利用すべき建築であるかどうかを冷静に判断する必用があると考えています。

7chair_in_hikari_kukei
“Homenaje A Arne Jacobsen” Flitz Hansen, “Seven Chair in Hikari Kukei”, Jun Igarashi, 2015

現在の幅広い活動を考えると、もっと利便性のよい立地もあると思うのですが、なぜ、事務所は佐呂間なのでしょうか?

祖父は大工の棟梁で戦後、佐呂間で工務店を始めました。私は三代目という立場で建築を始めました。特に佐呂間にこだわりがある訳ではなく、たまたま佐呂間でスタートしてがむしゃらに走り続けていたら、あっという間に時間が経っていました。実は今年の秋から札幌へ拠点の中心を移動します。これは必然的な流れだと考えています。

‘åãŒ»‘㉉Œ€Õ‰¼ÝŒ€ê17-20
“Osaka Contemporary Theater Festival -Temporary Theater” Jun Igarashi, Inner Mongolia Autonomous Region, 2005, Photo: Shinkenchiku-sha

影響を受けた人物や作品について聞かせて下さい。

小学生の頃、テレビで安藤忠雄さんのドキュメンタリーを見ました。その中の「住吉の長屋」という家の真ん中に中庭のある建物が紹介されていて、僕は家の真ん中に外部があることに衝撃を受け、素直にこんな家に住みたいと思いました。その後、高校生の修学旅行の時に、たまたま安藤忠雄さんの建築に出会い体験する機会がありました。その時は安藤さんの建築だと知りませんでしたが、とても惹かれました。建築を学ぶようになり再び安藤忠雄さんの書籍に出会い、過去の体験と同期しました。安藤さんには「建築家」という存在として惹かれました。建築そのもので影響を受けたのは篠原一男妹島和世レム・クールハースなどですが挙げるときりがありません。建築ではありませんが倉俣史朗さんにもとても影響を受けています。

houseO
“house O” Jun Igarashi, Inner Mongolia Autonomous Region, 2008, Photo: Iwan Baan

今、訪れてみたい場所を教えて下さい。

世界中を隈無く体験したいですが、今は特にスリランカへ行きたいです。

最後に、今後の活動や目標について教えて下さい。

多様に様々なことに関わって行きたいと考えていますし、色々と僕を活用して頂けるように状態を開いていければと思います。その結果、札幌や北海道がワクワクするような場に変化していく多様な「良きウイルス」を発明していきたいです。

Text: Hanae Kawai

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE