高臣大介

PEOPLEText: Hanae Kawai

千葉の生まれではあるが、今では北海道を代表するガラス作家として活躍する高臣大介。北海道洞爺湖町月浦にてガラス工房とカフェを運営し、アート作品を中心に、食器や照明器具といった生活用品など、その独自の世界観と表現から生まれる作品は昨今知らず知らずのうち道民の生活に溶け込んできているように思う。様々な展覧会のほか、2012年には映画「しあわせのパン」にて作品が使用され、今年は音とガラスの融合に挑戦するなど、その幅広い活躍から目が離せない。

glagla_portrait
Daisuke Takatomi, Photo: Kei Furuse

まず初めに、自己紹介をお願いします。

高臣大介、42歳、洞爺湖町月浦在住です。

数ある表現方法の中からガラスを選んだのは何故ですか?また何かきっかけがあれば教えてください。

僕は図画工作の頃から美術はあまり好きではなかったのですが、たまたまふと見たガラス作品が綺麗で、それから始めました。あまり詳しい記憶がないのですが、20歳ぐらいの時にたまたま足を運んだ展覧会か何かで見たガラスのオブジェだったと思います。

glagla10
One scene from film “The Bread of Happiness” © 2011 Shiawase Pan Production Committee

東京でガラスの勉強をされたそうですが、拠点を北海道にした理由を教えてください。

はい、東京のガラス工芸研究所というところでガラスを学びました。北海道に移ったのは工房を開くためでした。ガラスの学校を卒業してから、1〜2年は工房を借りて作品を作って展覧会をするというサイクルだったのですが、それだとガラスを作る以外の時間が多く少し不満を感じていました。北海道へ移るという選択は、工房を持つという点でメリットだと思っています。

glagla05
glass cafe gla_gla, Lake Toya, Photo: Daisuke Takatomi

2002年に北海道洞爺湖でグラス・カフェ・グラグラ(glass cafe gla_gla)をオープンされていますね。ガラスとカフェの融合にはどのような狙いがあったのでしょうか?また「グラグラ」という名前の由来も教えてください。

元々バーがやりたかくて、夜営業のバーとガラスの工房にしようかなと思っていたのですが、僕の住んでいるところが田舎過ぎてしまい、バーは難しいということでカフェにしました。「グラグラ」という名前は、特に意味がないことと字面や音の響きがいいという理由でつけました。

gla_gla_201411light
Glass Pendant Light, MUSEUM STORE, Sapporo, 2014

高臣さんのガラスは柔らかな曲線や自由な形が特徴的だと思います。このスタイルを追求する理由を教えてください。

特にないですよ。好きなものを好きに作っているだけです。たぶん僕の優しさとかそう言ったものがにじみ出ているんだと思います(笑)。 僕は「宙吹き」という型を使わない手法を使っていて、これは技術的に難しいと言われています。型を使って作られたかっちりとしたものと違って、自由に形を作れる反面、そこに制約があったりもします。そこが好きですね。

その柔らかな作風から北海道の自然を想像します。インスパイアされる部分がありましたら教えてください。

基本的にはあまりそういうことは考えないようにしています。自然の中で生活していると、自然の偉大さには到底叶わないし、そういうことを意識すると間違えるというか。そういった自然からインスピレーションを受けようとすると、一瞬を切り取ることはできるかもしれないけれど、自然というのは毎日違うし、それを表現することはできないと思っています。だからあまりそういうことは考えずに制作します。でも何か(影響を)受けていることはあると思います。それはあえて意識しないようにする。自然に出てきたらいいなと。それこそ、作品を見る人にしかわからないことかもしれないですけど。

glagla16
Glass Plate “Winter Light”, MUSEUM STORE, Sapporo, 2014

照明や食器だけに留まらず、ガラスを人型に積み上げた作品やガラスの音を作品としたものなど、とても幅広いですが、ひとつの分野に留まらず制作されていることに関して、何かこだわりや理由があるのでしょうか?

やはり宙吹きにこだわっているので、宙吹きでできることだったらなんでも作ろうと思っています。器なのかオブジェなのかといった違いは、僕の中では特に意味がありません。インスタレーションをすることも器を作ることも僕にとっては同じです。あと、飽きっぽいので(笑)、ずっと同じことができないっていうのもありますね。

glagla06
Glass Bowl “Vessel of Full Moon”, glass cafe gla_gla, Lake Toya, Photo: Daisuke Takatomi

それぞれの作品にメッセージなどはありますか?

制作時には、タイトルから作ります。そのタイトルの中にはいろんな妄想や物語、詩が含まれています。詩は元々好きで自分で書いています。基本的には日常のことがその中に含まれていたりとか。訴えかけたいことっていうのは特にないです。どちらかというと、そのタイトルや作品を見てそれぞれの人がそれぞれの解釈をしてくれたらいいと思っています。それを僕にフィードバックしてくれるとさらに面白いですね。「そういうことも考えるんですね~」とか。たまにちょっと解釈がいき過ぎてるなっていう時は、ブログに詩を載せたりもします(笑)。

glagla12
Daisuke Takatomi Glass Show “Endlessly.”, Temporary Space, Sapporo, 2015, Photo: Daisuke Takatomi

今年1月に札幌で行った個展「とめどなく。」ではガラスが作り出した唯一無二の神秘的な音色が特徴的でしたが、この作品の完成までのプロセスを教えてください。

アイディア自体は10年前からありました。風鈴が、音を奏でられるガラスとしてよく知られていますが、それを試行錯誤して大体10年ぐらいかけてこの作品に辿り着きました。ここに行き着くまで、それだけをやり続けるわけにはいかなかったので、色々なことを考えて他の作品も制作して、うまくいったりいかなかったりして、次第にこの形になりました。

glagla03
Daisuke Takatomi Glass Show “Resonanting.”, Takino National Goverment Park, 2014, Photo: Daisuke Takatomi

今回、7月からクラークギャラリー+SHIFTでも「なつしずく。」というタイトルで個展を開催していますが、何か期待されていることや新たな思いがありましたら教えてください。また、先日作品がMUSEUMに搬入されましたが、実際に展示されたものをみて一言お願いします。

ガラスと音の作品については、僕は音の専門家ではないのでわからないのですが(笑)、実験や経験を重ねていくのが大切かなと思っています。去年、滝野すずらん公園の屋外で飾らせてもらって、屋外も悪くないなと発見もありました。その時、一度台風があって折れたのは2本ぐらいだったのですが、結構面白かったですよ。場所を変えて展示することで新しい発見ができたらいいと思います。今回のMUSEUMでは、閉鎖された広い空間の中、ガラスを、ガラスの音を、ゆっくりと感じさせてくれる空間にできたかなと思います。

glagla02
Daisuke Takatomi Glass Exhibition “Summer Drops.”, Clark Gallery+SHIFT, Sapporo, 2015, Photo: Kei Furuse

「なつしずく。」というタイトルの由来や思いを教えてください。

夏の思い出は、しずくのような一瞬の出来事さえもキラキラとしているもので、ガラスの音に身を委ねながら、あの夏の日をゆっくりと思い出してもらえたらいいなと思います。

usapi02usapi01
Usapi, From left “No.205” and “No.206”, MUSEUM STORE, Sapporo, 2015

クラークギャラリー+SHIFTもまた北海道を拠点とした作家や作品にこだわったギャラリーですが、北海道でご活躍する高臣さんにとってどんな存在ですか?

ゆくゆくは世界に出ようと考えると、日本のどこでも変わらない気もしてます。チャンスは東京の方が多いのかもしれないけど、これだけインターネットも普及してるし、やりようかなと思います。

glagla09
Daisuke Takatomi Glass Show “Resonanting.”, Takino National Goverment Park, 2014, Photo: Daisuke Takatomi

そして、去年に引き続き滝野すずらん公園でも展示を開催なさるということですが。

はい、8月1日から31日まで滝野すずらん公園カントリーガーデンに「なつしずく。」を飾ります。風に吹かれ、ガラスが自然に出す音に耳を傾けてください。

glagla13
Grass Bowl “Restless.”, glass cafe gla_gla, Lake Toya, Photo: Daisuke Takatomi

今後の活動や目標などあれば教えてください。

ワールドツアーを実現させたいです。ガラスの学校に行っている時からできればいいなと思っているのですが、ただ今ほど現実的には考えていなかったですね。ロンドン、パリ、ニューヨークなど世界の大きな都市から始めたいです。いろんな人のつながりもでき始め、パリでは知り合いのつてで何かできそうな気もします。現地で作れる場所があれば、なお良いですね。道具を持って色々な工房で制作をしてみたいです。世界に出るとなると、どうやって日本人としての自分のアイデンティティーを表現するかが大切だと思っています。前々から興味のあった茶道もその準備として始めました。言葉ではない表現でそういったものを伝えられたらいいなと思います。あとは花が好きなので、花とガラスの融合には興味があります。それこそ世界に行けばいろんな花があるし、その融合も是非やってみたいです。

一切色を使わない透き通った軽やかなガラス。それでいて、大胆なねじりや膨らみからは男らしい重みを感じる。そんな美しい矛盾をはらんだ彼の作品は今後も様々なアイディアとともに進化していくだろう。どの進化も見逃さないように、まずはこの夏、ぜひ彼の新作を楽しんでほしい。きっと新しいガラス工芸の可能性を感じることができる。

高臣大介ガラス展「なつしずく。」
会期:2015年7月3日(金)~31日(金)
時間:11:00~19:00(月曜、第3火曜定休)
会場:クラークギャラリー+SHIFT
住所:札幌市中央区南3条東2丁目6 MUSEUM2階
TEL:011-596-7752
http://www.clarkgallery.co.jp

Text: Hanae Kawai
Photos: Kei Furuse

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE