オノ・ヨーコ展「ワン・ウーマン・ショー 1960-1971」

HAPPENINGText: Antoine Revoy

3-yoko-ono-show
“Yoko Ono: One Woman Show”, 2015

衝撃的デビューから44年、オノ・ヨーコがニューヨーク近代美術館(以下、MoMA)に帰ってきた。MoMAにて、フィルム、音楽、パフォーミング・コンセプチュアルアートなどの代表作とともに彼女の回顧展「オノ・ヨーコ:ワン・ウーマン・ショー、1960-1971」が開催されている。彼女のMoMAでの初めての個展「Museum of Modern [F]art」は非公式で開催され、来場者に館内に放たれたハエを捕まえてもらう体験型アートを実施するなど規模も最小限であったが、今回の回顧展は1960年から1971年の数々の前衛的な作品のほか、2015年の新作もあわせた総集編となっている。来場者がオノのアートやその考え方を学び、鑑賞するだけではなく実際にアートを体験することができる内容となっている。

2-yoko-ono-bagpiece
“Bag Piece”, 1966, Yoko Ono, reenacted by an anonymous visitor

MoMAの最上階に設置された本展は、来場者を鑑賞者としてではなく、アーティストとしてアートの世界へ誘う。展示作品のひとつ、1964年のパフォーマンス「バッグ・ピース」(Bag Piece)は、来場者に実際にアクターとなって演じてもらうのが目的だ。黒いバッグで自らを覆い通りゆく人々を見つめるという行為は鑑賞者という立場を超越し、真のアーティスト、パフォーマーという感覚を味わうことができる。

0-yoko-ono-eyeblink
“Eyeblink”, 1966, Yoko Ono

また、視覚、聴覚、触覚などのあらゆる感覚が刺激されるのもこの個展の魅力である。様々な体験型フィルム作品はテレビモニターや館内の壁に映し出されている。16ミリフィルムに高フレームレートで撮られた1966年の「アイブリンク」(Eyeblink)はオノ自身の瞬きを拡大して、静止に近い状態でスロー再生している。1970年に制作された「フライ」(Fly)は裸の女性の周りを飛び回る大量の虫を撮影し、女性の体に対する性的モノ化をフェミニズムの視点から訴えている。

4-yoko-ono-plasticonoband
“PLASTIC ONO BAND”, sound room, 2015

斬新なサウンド作品はプラスティック・オノ・バンド(Plastic Ono Band)の発起人としてオノが作曲し、ジョン・レノンとの合作で知られるプライベートルームで流された。最近の作品である鳥の歌やさえずりのループが断続的に再生される「バード・サウンド」(Bird Sounds、1996)もまた、楽しむことができる。

5-yoko-ono-paintingtobesteppedon
“Painting To Be Stepped On”, 1966/2015

墨やその他のミクストメディアで壁に掛けられた平面作品の、その数の多さに来場者は驚くだろう。さらなる驚きは、「Painting to be stepped on」(踏み込み可)と書かれたメモとともに床に展示された一枚。作品に触れてはいけないというアート展示の概念を変えた。

6-yoko-ono-toseethesky
Visitors eagerly wait to ascend the staircase “To See The Sky”, 2015

今回の個展は回顧展ではあるが、過去をひたすら振り返るものとは違う。これは今も続くオノのアーティスト活動とその現代アート界での妥当性の証明なのだ。私営ギャラリーでは「ザ・スカイ」(The Sky)というテーマで制作された2015年の様々な新作を展示。「トゥー・シー・ザ・スカイ」(To See The Sky)は螺旋階段が作品の一部となっており、来場者は一人ずつそれを登っていく。頂上まで上がると天窓を通してニューヨークの空を一望できる。単純明快に、オノは空を常に変化し続けるキャンバスとして表現した。

8-yoko-ono-chess
“White Chess Set”, 1966

オノが生涯を通じて唱い続けているテーマ「平和」。社会的変化を促そうとする広告を皮肉的に指摘した「ウォー・イズ・オーバー」(War Is Over!:If You Want It)のポスターと並び、「ホワイト・チェス・セット」(White Chess Set)のインスタレーションもまた力強く平和主義を象徴している。チェスのボードや駒はプレイヤーが通常のチェスとは違って駒を追いかけられなくなるように、全て白く塗ってある。チェスの戦闘的要素をなくすことで、両プレイヤーに新しい方法でチェスを楽しむことを促している。

9-yoko-ono-garden
Abby Aldrich Rockefeller Sculpture Garden

オノの人々を実際にアートの世界へ誘うという手法をもとに、来場者が自由にチェスを楽しむことができるよう、「ホワイト・チェス・セット」は、MoMAのアビー・アルドリッチ・ロックフェラー・スカルプチャー・ガーデンにも設置された。

1-yoko-ono-apple
“Apple”, 1966, Yoko Ono

「オノ・ヨーコ:ワン・ウーマン・ショー」は人々と深く共鳴しあえる特別な展示会である。来場者がアートに触れ、自らアートを作り出させることで自身の心を刺激することができる。この個展は、オノのアートに対する情熱を具現化して伝え、その希望に満ちた魂を改めて主張している。

Yoko Ono: One Woman Show, 1960–1971
会期:2015年5月17日(日)~9月7日(月)
時間:10:30~17:30(金曜日は20:00まで)
会場:The Museum of Modern Art
住所:11 West 53 Street, New York, NY
TEL:+1 212 708 9400
入場:大人25$、学生14$、16歳以下無料など
休館:感謝祭、クリスマス
https://www.moma.org

Text: Antoine Revoy
Translation: Hanae Kawai
Photos: Antoine Revoy

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE