アートフェア札幌 2014

HAPPENINGText: Hanae Kawai

国内外18のギャラリーが札幌に集結。昨年に続き、国際的アートフェアが札幌で開催。

アートフェア札幌 2014

アートは観て楽しむもの、買って楽しむのは、ほんのひとにぎりの人々のため。そんな意識がいまだ多くの日本人のなかにある。近年では、そんな固定観念を壊そうと、世界中のギャラリスト、アーティスト、コレクター達が動き始めている。日本でも東京を中心に、人々とアートを繋ぐイベントが増え始めた。しかしながら、その波はまだ北海道には届いていないように感じる。コマーシャルギャラリーの少なさ、本州で人気の企画展や舞台などが北海道には共有されないなどの理由で、いまだアートと北海道民との溝は一際深い。そんななかでのアートフェア札幌の開催は、札幌・北海道のアートシーンを変える大きなチャンスなのだ。

アートフェア札幌 2014
[アートフェア札幌2014 特別企画] 青幻舎ポップアップ・ストア

アートフェア札幌は今回で2回目を迎えた。一般公開は、11月23日(日)から24日(月)。来場者は、22日(土)のプレビューと合わせると1500人を超えた。会場は昨年に引き続き、クロスホテル札幌。SAPPORO CITY JAZZとのコラボレーションやART-Xと題しホテル館内でアート作品を展示する企画を行うなど、文化的イベントに積極的なホテルのひとつである。それぞれのギャラリーが13・14階のひと部屋づつを使用し、自由にアート作品を展示していく。クロスホテル札幌は部屋のデザインが様々で、それぞれの部屋で全く異なる空間を楽しむことができるのが特徴だ。また今回はデポジット制を導入し、作品・物販購入者には会計の際に返金するというちょっぴりお得な仕組み。また、今回の特別協賛として、ミシュラン一つ星レストラン「ル・ミュゼ」の食事券を先着5名の作品購入者にプレゼントという企画も行われた。こうしたちょっとした工夫と各ギャラリーの協力のおかげで、売り上げも前年を上回るものとなった。

アートフェア札幌 2014
ル・ミュゼ

国際的な現代アートの見本市というだけあって、今年も多くの実力派ギャラリーが集まった。参加した18ギャラリーのうち、東京からはギャラリー小暮、モグラグ・ガレージを含む7つのギャラリーが参加。関西からは同時代ギャラリー(京都)、YODギャラリー(大阪)、ギャラリー アウト・オブ・プレイス(奈良・東京)、中部からはギャラリー点(金沢)とギャラリー水無月(岐阜)が参加した。海外からは、アジア圏の3つのギャラリー、オフィス339(上海)、リソウル・ギャラリー(ソウル)、ギャラリー・グラン・シエクル(台北)が参加。道民が、わざわざ遠出する必要もなく、これだけの質の高いギャラリーの作品をいっぺんに楽しむことができる機会は、現時点の北海道でアートフェア札幌しかありえない。

アートフェア札幌 2014
1310号室 クラークギャラリー+SHIFT(札幌)

もちろん、道内作家も出展した。ギャラリーとしては、クラークギャラリー+SHIFT(札幌)、ギャラリー門馬(札幌)、ハナアグラ(札幌)が参加。クラークギャラリー+SHIFTでは、人気の作家SHUUN(シュゥン)が出品。代表作である不思議な生き物が描かれた「アニマルズ」や「あいつら」が独自の世界観を放っていた。また、「アニマルズ」がプリントされた星型のクッションやクラッチバックも販売された。

アートフェア札幌 2014
1311号室 ギャラリー門馬(札幌)

ギャラリー門馬(札幌)からは4人の作家が参加。特に午前中は、窓から入る日の光が高臣大介のガラスアートに反射し、さらにそこから跳ね返る光はjobin.のモビールや久野志乃の絵画をも照らし、温かな空間を作り出していた。

アートフェア札幌 2014
[アートフェア札幌2014 特別展示] 川上りえ「TRACE」

さらにギャラリー門馬のもうひとりの出展作家である川上りえは、部屋での展示以外に、二階のロビーにて作品を展示。針金の曲線だけで作られたユーモラスな犬たちが来場者を出迎えた。

アートフェア札幌 2014
1312号室 ハナアグラ(札幌)

そして道内の若手アーティストの作品を多数出品したハナアグラ(札幌)。経塚真代の小人のような粘土作品をはじめ、絵画や立体作品、映像作品が部屋いっぱいに飾られていた。館内で個展「ドット・ストライプ・クロス」を開催中の伊賀信もハナアグラから出展。彼の作品の特徴とも言える細かな装飾や木の温かみは、緊張感と心地よさを生み出した。

アートフェア札幌 2014
[アートフェア札幌2014 特別企画] 米澤卓也 ライブ・ドローイング

また、ハナアグラから出展していた若手人気アーティストの米澤卓也は、13階踊り場にてライブドローイングを披露。カラーペンと鉛筆を駆使し、約16時間かけて完成させた。アボカドやティッシュの雲などユニークなモチーフをベースに、今回のアートフェアにちなんで、それぞれのモチーフに額をあてがいポップに描きあげた。

アートフェア札幌 2014
[アートフェア札幌2014 連携企画] 澁谷俊彦「クロス・ウィンド II」

そのほかにも、今回出展は無かったものの、北海道を代表する作家であり今年札幌文化奨励賞も受賞した澁谷俊彦の最新インスタレーション「クロスウィンドII」がエントランスに展示された。光を放ちながらまるでサンゴのように動くこの作品の前に、立ち止まって写真をとっていく来場者や通行人が多く見られた。

アートフェア札幌 2014
[アートフェア札幌2014 特別企画] owtn.(おわたん)ポエムコア・ライブ・パフォーマンス

さらには、24日には、宇宙初ポエムコア・アイドルとして国内外からも注目を集めつつある「owtn.」(おわたん)のライブが開催。いつもとは雰囲気を変え、アユミミツカネの衣装を身にまとって登場し、その日リリースの最新EP「ワニの棲息地」からの2曲を含む全7曲を披露した。新曲は今までの幻想的なメロディと吐息のような声とは違い、はっきりとした音色の楽曲に強気な口調が印象的だった。

アートフェア札幌は、道外のアート作品をお手頃に観せるだけの場ではない。前述のフレンチレストラン「ル・ミュゼ」の協賛や「スノージュエルズ」のトマトジュースの試飲が行われるなど、道外の出展者や作家、また来場者には、北海道の食や自然とアートのコラボレーションを楽しんでもらえる機会であり、道内アーティストにとっては、道民に、または道外に、世界に、アピールする場でもある。北海道の文化や魅力を発信できる良いプラットフォームになっているのだ。

アートフェア札幌 2014
[アートフェア札幌2014 特別企画] クロストーク「アートフェアの楽しみ方」

23日には、アートフェア札幌2014出展ギャラリーのディレクター陣による「クロストーク」が開催。トークゲストに戸塚賢太郎(hpgrp GALLERY TOKYO)、宮下和秀(MUG)、鈴木一成(ギャラリー アウト・オブ・プレイス)三名のギャラリストを迎え、国内外のアートフェアの紹介や、アートフェアを楽しむ方法について紹介。3人全員が強調して言ったことは、『国内でも、世界でも、アートマーケットは発展途上であり、今後はいかに普段アートに触れていない人に観てもらうかというのが課題』だということ。そして、普段アートに触れていない人にとってアートフェアは絶好の機会であるということ。

アートフェア札幌 2014
1407号室 モグラグ・ガレージ(東京・京都)

とくにホテル型アートフェアは、コスト面のメリットだけではなく、来場者があらかじめ部屋に飾られた状態のアート作品を観ることができるため、生活とアートをつなげながら鑑賞できる。それぞれのギャラリーの異なる空間コーディネートを見比べるのも楽しみ方のひとつ。モグラグ・ガレージ(東京・京都)では玄関から窓際、ベッドまで、たかくらかずきのタペストリーや、カラフルなシーツがひかれた伊波英里の「ベッドの上で食べるピザ」をコンセプトにしたユニークな作品が部屋中をカラフルに彩った。

アートフェア札幌 2014
1408号室 MUG(東京)

MUG(東京)では入口に設置された小型の望遠鏡を覗き込んで楽しむ山下耕平の登山をモチーフにした体験型アートが大人気だった。また、写真の待場崇生のユニークなアート作品は、そのインパクトが来場者を惹きつけた。壁に飾られた「Peekaboo」は、表面がめくられ中身がそっと見えている。”Pee-ka-boo”とは、「いないいないばぁ」のこと。ちょっとしたストーリーが垣間見えるのも面白い。

アートフェア札幌 2014
1304号室 同時代ギャラリー(京都)

同時代ギャラリー(京都)の部屋はモダンかつトラディショナルな雰囲気が特徴的だった。マリリン・モンローがモチーフにされた權宰賢の「Monroe & SEXY」のポップなアート作品がある一方、写真の日本の伝統的な漆芸を用いた佐々木友恵の作品や秋山はるかの焼き物などが、和の空間を作り上げた。

アートフェア札幌 2014
1306号室 ギャラリー点(金沢)

または、ギャラリー点(金沢)のように非日常的空間を演出できるのもホテル展示の特徴。ギャラリー点では、バスルームに菊谷達史の絵画が並べられ、写真の小曽川瑠那の繊細なガラス作品がベッド上に展示されていた。堀一浩の強大な絵画もまた注目を集めた。写実的に描かれたそれらの作品は、異空間と現実が混ざり合い、独特の雰囲気を醸し出した。

アートフェアでは、作品購入を躊躇しないこと。アート作品との出会いは一期一会。その時を逃せば、二度と手に入らないといってもいい。たしかに、購入するのには金銭面での勇気がいる。しかし、アート作品は全てが高価格ではない。もちろん質の高い作品はそれなりの値段がするが、実は探せばリーズナブルに作品購入ができるものもたくさんあるのだ。そうやって、買いやすい作品の中から自分のお気に入りを探すのもアートフェアのひとつの楽しみ方だ。

アートフェア札幌 2014
1406号室 アインシュタイン・スタジオ(東京)

今回のアートフェア札幌でも、例えばアインシュタイン・スタジオ(東京)では、JAPAN PHOTO AWARD受賞者たちの作品を展示。その一人である矢野信夫の写真はフレーム付きで2万円で買えてしまう。さらには、世界的現代アーティスト、ジェフ・クーンズの作品も、ポスターとなれば2000円程度で購入できる。

アートフェア札幌 2014
1307号室 ギャラリー水無月(岐阜)

ギャラリー水無月(岐阜)では小作品から絵画やモビールまで、さまざまなアート作品が賑やかな空間を作り出した。その中には、ひとつ2500円で販売された彫刻家・HUITの木彫りの作品も。窓際いっぱいに並べられたその作品からは、ひとつひとつ異なるストーリーを感じることができる。

もちろん購入につなげるのがベストだが、観て楽しんでアートと繋がるのもとても大切。その方法として3人のギャラリストがおすすめするのは、見たことある!聞いたことある!というアーティストの作品を見つけながら楽しむこと。知っているアーティストを探して楽しむだけでも興味が湧き、アートがもっと身近に感じられるはずだ。

アートフェア札幌 2014
1305号室 YODギャラリー(大阪)

今回の出展作家・作品もなかなかの有名人たちがいる。例えば、YODギャラリー(大阪)では、日本を代表する作家・三島由紀夫が被写体となった細江英公の薔薇刑から2点が展示された。同じく、細江英公が撮ったニューヨーク留学時代の草間彌生も今回初展示ということで注目を集めた。そして「アラーキー」として知られる荒木経惟の作品も緊縛シリーズからバスルームに2点展示された。

アートフェア札幌 2014
1403号室 ギャラリー小暮(東京)

ギャラリー小暮(東京)では、北海道三笠市出身で世界的な芸術家・川俣正の作品「Fence Passage Start From Alte Oper And Continue That Park」も展示。プロジェクトの写真がコラージュされたこの作品は、立体ではなく平面だが、部屋のなかで堂々と飾られているのは圧巻であった。大きな美術館でなくても、有名作家たちの精巧な作品が楽しめるということを知っておいてほしい。

そして、現代アートを鑑賞する上でもっとも大事なことは、作家や作品のメッセージを汲み取ること。現代のアートでは美しさや巧さだけではなく、メッセージやコンセプトの重要性がますます高まっている。

アートフェア札幌 2014
1405号室 マキイマサル・ファイン・アーツ(東京)

今回出展したマキイマサル・ファイン・アーツ(東京)では大河ドラマ「軍師官兵衛」の題字を描いた書道家の祥洲の作品や人気上昇中の小林俊哉の作品が注目を集める一方、米山幸助の日本画が、描かれた動物園のシロクマが可愛いととりわけ来場者から評判だった。水の中を楽しそうに泳ぐシロクマの姿は穏やかで観る人を癒してくれる。しかし、タイトルをみると誰もがどきっとする。この絵のタイトルは、「climate change(気候変動)」。シロクマが泳ぐこの水は、温暖化によってできたものとも考えられる。この絵にはそうした風刺的メッセージがひっそりと隠れているのだ。このように、作家の伝えたいメッセージを受け取ることができると、わたしたちはますますその絵に惹きつけられる。

アートフェア札幌 2014
1409号室 hpgrp GALLERY TOKYO(東京・ニューヨーク)

もちろん、すべての作品のメッセージがわかりやすいわけではない。今回の例で言えば、技法・視覚効果・コンセプト、さまざまな面で質の高い写真家・大和田良などの作品を多数展示した hpgrp GALLERY TOKYO(東京・ニューヨーク)の上野友幸の作品は、一見デザイン性が重視されたスタイリッシュな平面作品にみえるが、実は聞かねばわからぬ重要なメッセージが詰まっている。世界の国歌を英語で書き直し重ねられ、ところどころ「love(愛)」や「parents(両親)」「sister(姉妹)」などといった文字だけはっきりプリントされている。これは、戦争を唱う国歌の歌詞から、作者はあえて「家族」に関わる単語を抜き出しているのだ。戦争の厳しさや国々の過ちと、それと対照的な家族の愛を物語っていると思われる。わからないこと、興味をもった点については、躊躇せずギャラリストに聞いてもらいたい。皆説明したくて、作品の良さを分かち合いたくてうずうずしているのだ。

アートフェア札幌 2014
1303号室 ギャラリー アウト・オブ・プレイス(奈良・東京)

また、コンセプトだけでなく、その作品の制作過程なども聞いてみるといい。 ギャラリー アウト・オブ・プレイス(奈良・東京)では多くの写真作品が展示されたが、中でもとりわけ坂田峰男のモノトーンな写真たちは注目を集めた。黒い背景上に白い植物がぼんやりと、または箇所によってははっきりと映し出されている。これらはフォトグラムという技法を使うことによってできるもので、普通の写真のように複数製作が不可能な、瞬間そのものを捉えた作品なのだ。作家の努力やスタイルを知ることで、その作品がどんどん愛おしく感じてくるはずだ。このようなギャラリストたちとの会話も、アートフェアの魅力の一つである。

アートフェア札幌 2014
1404号室 AI KOWADA GALLERY(東京・上海)

そして、せっかく方々からギャラリーが集まるのだから、普段なかなか触れられないタイプのアートにも注目してほしい。とくに近年は、アジアのアートマーケットの発展は著しい。今回出展した AI KOWADA GALLERY(東京・上海)は作家としてデザイナーとして活躍する福原寛重の作品を展示。日本でのアーティストにスポットをあてる一方、アジア圏にも進出している。

アートフェア札幌 2014
1410号室 オフィス339(上海)

そんな注目のアジア圏のギャラリーも今回のアートフェア札幌のために興味深い作品を多数持ってきてくれた。 オフィス339(上海)からは日本と中国で活躍するふたりの女性作家が参加。そのうちのひとり作家・長沢郁美は多数のアクリル画やドローイングを出展。今回のために新作も描きあげたそうだ。彼女にしか描けない少女たちや果物などが部屋いっぱいに並べられ、その可愛さに女性来場者からの人気が高かった。日本と中国をつなぐアーティストとして今後も期待してほしい。

アートフェア札幌 2014
1412号室 ギャラリー・グラン・シエクル(台北)

ギャラリー・グラン・シエクル(台北)では今回のアートフェア札幌のポスター写真としても起用されたツー・ハン・スの作品が注目を集めた。透明感のある作品はどこか神秘的で来場者を魅了した。それぞれの作品には人や謎の生物が登場し、そこから生まれる物語も魅力のひとつだったようだ。

アートフェア札幌 2014
1411号室 リソウル・ギャラリー(ソウル)

ソウルから出展したリソウル・ギャラリー(ソウル)では、韓国の伝統的な文化を引き継ぎつつ、独自にアレンジした作品が多く見られた。チョ・ヨンジュの3点は、韓国の工芸品である紙人形を平面へ織り交ぜるという、伝統的かつ斬新な作品。さらに彼女は風刺的なメッセージも込めていて、現代の人間の発展と破壊されていく自然や文化を作品のなかで強調しているのだ。このようにアーティストの生まれた場所や文化の違いから発見することはたくさんある。

今年はアートフェア札幌のほかに、初めての札幌国際芸術祭も開催された。来場者は47万人を超えたという数値的に見える成功とは別に、様々な改善すべき点も多々見られ、まだまだこれから発揮されるべき可能性も感じた。ともあれ、札幌での2大アートイベント、アートフェア札幌と札幌国際芸術祭により、北海道はようやく、新たなアートマーケットとなるための第一歩を踏み出した。

冒頭でも述べたように、どれだけ北海道民をアートへ引き込むかが北海道アートシーンの鍵となってくる。そのためには、個性豊かな優れたアーティストが北海道にもいることをアピールし続けること、と同時に「外の力」を借りることも重要だ。道外・海外のアーティストやギャラリーと協力することで、今しか観れない!飛行機にのって行かないと観れないはずの作品がここ北海道で楽しめる!と、人々の興味を誘うことができる。アートフェア札幌はこの点をしっかり押さえていると感じる。来年、再来年と継続されればさらなる成果が得られるだろう。ぜひ次回の開催にも期待してほしい。

アートフェア札幌 2014
会期:2014年11月23日(日)11:00 – 20:00 – 24日(月・祝)11:00 – 19:00
プレビュー:22日(土) 19:00 – 22:00(招待客のみ)
会場:クロスホテル札幌
住所:札幌市中央区北2条西2丁目23
出展者:18軒 [客室2フロアー / 各ギャラリー各1部屋を使用]
入場料:1,000円(デポジット制)
来場者数:1,500人
フェアディレクター:大口岳人(クラークギャラリー+SHIFT)
アドバイザー:戸塚憲太郎(NEW CITY ART FAIR ディレクター)
主催:アートフェア札幌 2014 実行委員会
特別協賛:アウディ札幌東
共催:クロスホテル札幌
連携:NEW CITY ART FAIR、ART KAOHSIUNG 2014、アート札幌 2014、まちなかアートプロジェクト
協賛:アッシュ・ペー・フランス、グラニフ、スノージュエルズ、ミライスト、レーザーシステム、カウパレード・ニセコ、ル・ミュゼ
協力:SHIFT、プリズム、青幻舎
後援:札幌市、北海道新聞社、UHB北海道文化放送、HTB北海道テレビ、HBC北海道放送、STV札幌テレビ放送、AIR-Gʼエフエム北海道、FMノースウェーブ
http://www.artsapporo.jp/2014/fair/

Text: Hanae Kawai
Photos: Yoshisato Komaki

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE