ダミアン・プーラン

PEOPLEText: Noriyuki Abe

ヨーロッパの様々な国や地域での暮らしや仕事を通じ、そのキャリアをステップアップさせてきたアートディレクター&イラストレーターであるダミアン・プーラン。その多岐に亘る仕事や、出版プロジェクト「オーディー」などについて聞いた。創作活動に対する彼の姿勢を知ることで、アイディアが生まれるひとつのヒントを見つけることができるかもしれない。

DamienPoulain049-2.png

ダミアン・プーランとは何者なのでしょう?ご自身のことを教えていただけますか。

僕は2002年からロンドンを拠点に活動しているアートディレクター、イラストレーターです。さらに出版業も手がけています。プロセスの重要性を念頭に置いているので、僕の仕事はある分野から別の分野へと多岐に亘ります。

2.DP_Larg_Uniqlo4-749x780.jpg
Tokyo for Uniqlo Paper, 2010 ©Damien Poulain

最近の活動や、プーランさんにとって印象的だった過去のプロジェクトについて教えてください。

最近は、写真集を出版する オーディーのウェブサイトをリデザインしていました。また、POV femaleシリーズのボゴタ版として新しい写真集を5冊発売したことに加え、アートブックをデザインし、さまざまなブランドへイラストを提供しました。良いコラボレーションを挙げるなら、ユニクロはいまだ大きく、進行中のプロジェクトの一つです。僕は2002年から彼らとコラボしてきましたが、たくさんの自由と創造の機会をいただいており、常に素晴らしいの一言につきます。依頼に自由に対応させてくれ、寛容な心で物事を受け入れてくれる会社を見つけられるのは非常に稀なことです。

2.Screen%20Shot%202014-08-15%20at%2016.56.48.png
Capsule Hotel for UT OMIYAGE project 2012 ©Damien Poulain

プーランさんはフランス、スペイン、ドイツ、イタリア、ロンドンなど、さまざまな都市に住み仕事をされてきたようですが、それぞれの都市でのお仕事、プーランさんが何をされていたのか、教えていただけますか?また、これまで場所が創作活動に与える特別な影響を感じたことがありますか?

若い頃から、僕は住んでいる場所の影響力や、そこで出会う人々がどのように僕たちのキャリアや道筋に影響を与えるのかに興味を持っています。私はフランスで美術学校に行きましたが、その学校で全コース(5年)を修了したら、教師の影響力と作業の仕方により、そのスタイルを用いていただろうと感じます。通う学校や訪れる国それぞれにメンタリティーとアプローチが存在しますから、僕は旅をして、僕自身の道筋を作り上げることにしました。それは全く容易ではありませんでしたが、美しさは、簡単に付属するものではありませんし、僕は夢を叶えるための苦難は避けられないと信じています。僕は、ゲシュタルトング(形成・創造)を理解するためにドイツで学び、仕事をしました。スペインではマサーナ美術学校で工芸を学びました。イタリアでは僕にミニマリズムを教え、貴重なアドバイスを与えてくれたエー・ジー・フロンツォーニと一緒にファブリカベネトン研究センターで仕事をしました。
その後、僕は世界に、そして大胆なアイデアに十分に開かれている場所を見つけようとしていたのだと思います。僕が思うに、ロンドンは僕が本当の自分自身でいられて、若い個人としての自分を受け入れてくれる、ヨーロッパで唯一の場所でした。クリエイティブなアイデアを最大限に表現することができる場所なのです。

4.DP_Larg_PaperMan2.png
Paper Man, 2014 ©Damien Poulain

プーランさんはイラスト、写真、デザインなど、異なるいろいろな媒体でお仕事をされてきたそうですね。現在焦点を当てているのはどれなのでしょう?

僕は自分の興味に従い、取り組むことすべてに非常に情熱的ですから、もし絵を描くと決めたならば、技術をマスターするために学び、一生懸命取り組みます。もし気が変わったら自分の気持ちに従いますが、いつも事前に勉強するようにしています。
僕の人生はこの段階で、出版、イラスト、グラフィックデザインというちょうど良いバランスに絞り込まれました。ひとつのことが次への投資、あるいは他の実践へのきっかけとなります。出版業にはたくさんの時間が取られてしまいますが、より強力な場所は他にありませんし、大好きな仕事です。

5.Screen%20Shot%202014-08-15%20at%2016.59.54.png
Ask Again, 2014 ©Damien Poulain

プーランさんの創作活動の過程で最も重要な3つのポイントを教えてください。

思考、スケッチ、そして創造です。

6.oodee.jpg
oodee books, 2014 ©Damien Poulain

出版プロジェクト「オーディー」について教えてください。

オーディーは2011年にあるアイデアにより始まりました。僕は出版者になるなんて考えたことはありませんでしたから、これは必然だったのです。
若い女性写真家の作品を公開しようというアイデアからすべてが始まりました。ロンドンで、僕はさまざまな芸術家たちと交流がありました。イーストロンドンのはずれにある、古く風変わりに改装されたパブで芸術家たちと暮らし、トローリー・ブックスの写真家たちと出かけたりしました。そうして写真の世界ではまだ圧倒的に男性が優位を占めていたことに気づいたのです。キャリアを本格的に始めようとするとき、まわりから助けや力を得ることがとても大切であるように、僕のアイデアは、若い女性写真家たちの才能を認識させることと、さらには若者に最初の写真集を与えることだったのです。
そのプロジェクトは、発行分が数週間で完売するほどうまくいったので、僕は合計5都市で同じプロジェクトをやろうと決めました。そのため、僕は一つのシステムのもとで彼らを導かなければなりませんでした。そういった経緯でオーディーが生まれ、現在非常に確立された写真家の作品を世に発表しています。それが、より多くの若者たちが認知される助けとなっています。非常に気に入っています。

ティーンエイジャーのとき、夢中になっていたものはなんでしたか?

まんが、音楽、彫刻、絵画、描画です。主にビジュアルコミュニケーションに焦点を当てたアートですね。

8.panoramic.jpg
Unknown, failed panorama photo

この1週間で、プーランさんを笑わせた瞬間は?

携帯電話で撮影したパノラマ写真の失敗作です。

9.Roman-Cieslewicz.jpg
Roman Cieslewicz

プーランさんに影響を与えたデザイナー、あるいはアーティストはどなたですか?

コンスタントな旅行やあらゆる媒体における探求のため、僕はこれまでたくさんの影響を受けてきました。デザイナーからは、ロマン・チェシレーヴィチの驚くべき視点やパワフルなデザイン、グラフィックデザイナー協会の集合的芸術やそのエネルギー。また、エー・ジー・フロンツォーニのミニマリズムと人生に対する尊敬すべきアイデアなどです。また、アンディ・ウォーホルの居住世界に対する理解、ピカソの芸術に対する絶え間ない探求心と貪欲さなど、芸術家にも影響を受けました。
もっとたくさんいますが、そのうちの何人かは、ただ彼らが為したことでなく、彼らが何者であったか、つまり彼らの人生の選択や歩んだ道のりが、僕に影響を与えました。

読者に何かコメントがあればお願いします。

何があっても、自分自身に正直でいてください。

Text: Noriyuki Abe
Translation: Ishiyama Ayana

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
アレックス・ヴェルヘスト
MoMA STORE