安田侃

PEOPLEText: Mike Sullivan

北海道美唄出身の安田侃は、東京芸術大学大学院、ローマ・アカデミア美術学校で学んだ。大理石の産地として知られる北イタリアのピエトラサンタと、日本にアトリエを構え、40年の間世界中で展覧会を行ってきた。また、多くの賞も受賞しており、主なものにイタリア連帯の星勲章や、近年では北海道文化賞などがある。

日本には多くの彼の作品を配置した彫刻公園・アルテピアッツァ美唄がある他、イタリアの有名な歴史的スポットにも作品が展示されている。彼自身が彫る全ての作品は、近づき、触れる直接的な関わりへと見る人を誘う作品としても知られている。とても静かな落ち着いた雰囲気の中で制作される作品は彼の手で命を与えられるかのよう。

安田侃の初めてのアメリカでの個展が、アイキン・マクレーン・ニューヨークで、5月6日から行われる。この素晴らしいアーティストから生み出される26作品が展示される。

Kan-Yasuda-in-Rome.jpg
Kan Yasuda in Rome © Kan Yasuda, Courtesy of Eykyn Maclean, New York

アーティストになったきっかけを教えて下さい。

子供のときから手で何かに触れることが好きで、何故か心が落ち着きました。

KanYasuda_Chijin.jpg
Kan Yasuda, Chijin, 2011, Photo Nicola Gnesi © Kan Yasuda, Courtesy of Eykyn Maclean, New York

アーティストとしてのの一日のスケジュールについて教えて下さい。

午前、アトリエに行き、石を彫る。
午後、アトリエで石を磨く。
時々雨が上がった日に原石を探し求め大理石の山に登る。

KanYasuda_Kaisei.jpg
Kan Yasuda, Kaisei, 2000, Photo Nicola Gnesi, © Kan Yasuda, Courtesy of Eykyn Maclean, New York

5月からアメリカで展覧会を開かれるそうですが、展示される新しい彫刻について教えて下さい。

石を透かす光と影が、人の心と共感、共振されるかへの挑戦です。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
ラ・フェリス
MoMA STORE