五木田智央展

HAPPENINGText: Taro Masushio

ニューヨーク、1月から2月にかけての寒空の中で五木田智央の最新の作品にしてメリー・ブーンギャラリーにおいて初の個展が行われた。観覧者が徐々に作品との距離感を調整する事により最初の沈黙を経て、五木田の絵はグロテスクに近くもシュールに美しいトーンで展開を繰り広げる。ニューヨークのチェルシー地区ウエスト24ストリートでの展示は五木田の鋭いセンスと技術力で遂行され文化的レファランスで肥沃に満たされている。まばらに配置された高度に微妙な無色の絵画は初見ではほとんど寡黙に見て捉われる、だがここで重要なのが初見ということだ。この手法、スタイルで絵を描いてきた五木田は大衆文化、広告、フィルムノワールの言語を駆使しながらポストシュールレアリズム的美学を開拓し続けている。全15の作品はキャンバスにグワッシュ、チャーコルとジェッソによる絵画で全て2013年に作られたものだ。

五木田智央
Photo courtesy: Mary Boone Gallery, New York

五木田は鮮明で濃淡が強いラインを使い図画の広範囲をフラットにすると同時に、ほぼ完全に装飾されていない背景、まるでありふれている現代的肖像システムを模倣するかのように学校の肖像画に類似する背景から、肖像自体をシャープに区分する。対照的にふくよかなサブジェクトの連なりはそれぞれ的確な服を纏い、平面の世界へと凍結され絵画的な粛正の的となる。その粛正とは、五木田の作品は間近で観ることにより新たな動態を見せるということだ。近よる事により、他に見られる鋭利に製造されたラインとは対照的に顔の部分は無限諧調の灰色で描出され、テクスチャーに溢れ、塗料が混じり、爛れ、飛沫をあげている事に気づく。ブラシの動きが明瞭に提示されレイヤーが見て取られ、チャーコルで描かれたであろう下書きのようなラインも露になる。ウェイトレスやマリリンモンローといった馴染み深い文化的原型はキャンバスの上で変態をとげ、画家の手により征服されたイメージはアイコンと不分明な物との間で振動を繰り返す、それはまるで表現と抽象の狭間に捕われたかのようだ。15全ての絵において顔が識別できるものは一つもなく不気味という領域を軽く超えてしまっている。だがそれと同時に、そしてまた興味深いことに「ある絵画の喜び」というものを引き出す魅力もここにある。それはこの長方形が紛れもなく絵画であるということを宣言し、個が優雅なモノクロや流れ落ちるペイントによって作られた繊細なラインの誘惑に吸収され己を失う可能性という喜びを与えてくれる。

五木田智央
Captive Bunny

無数の文化的レフェランスは衣類や姿勢の選択、ならびに既成のテクニックの画体上流用、具体的に言えば全体的に暗いトーンや激しいコントラストの流用によって明確にされている。キャプティブ・バニーで分かりやすく見て取られるように、特にタイトルと照らし合わせると紛れもないレフェランスが浮かび上がってくる。キャプティブ・バニーは大胆にフィルムノワールのテーマを使用し、劇的なシーンを作り上げている。スーツとネクタイで彩られた明らかに男性的な犯罪者の図と過度に性的な(バニー)スーツの女性が重ねられているそれは、愛と死は溢れ返りほぼ交換可能、がしかしセックスは絶対的に不可欠な徹底したドラマだ。だが容易に識別可能なレファランスは、画家の手によって捩られ、そのプロセスにおいて他のものとなる。これらの絵はフィルムノワールの様に外見上メロドラマ的であるがそれだけではなくクラシックもののローテク・サイエンスフィクション、例えばメトロポリスの様に多少メタになり、単なる流用、そして歴史・美術史の授業の領域を超えたレベルで文化現象を理解するための手がかりを提示している。五木田の歪んだイメージと操作されたアイコンは記号と図の関係を乱し、逆にこの分離点の非晶質的な可能性と曖昧さを重視している。そこでの記号は起源となるものだけではなく、それが何者になるかの過程を示している。そしてそれは果たして何になるのか? それは私には分からない。が、それはさほど重要ではない。というのはそれは架空のエンドポイント(それが不易な何であるか)を示すということは重要ではなく、イメージが取り留めの無い物である(それは常に何かになりつつある)という性質自体を明確に表しているのだ。

五木田智央
Strict Madam

過去からの画像は、凝固したものではなく、むしろ、可鍛性もあり、脆弱でもあり、不定数変更される。おそらく今日ではなおさらであろう。進化する技術が身近になるにつれ、画像は加速された速度で設計、処理、循環し、そして新たな文脈に埋め込まれていきそして、それは繰り返される。このような変化、そして現状を五木田のような作家は敏感に観察するだけでなく、積極的に作成しているのかもしれない。グラフィックデザイン、ジンを含み多数のプロジェクトを経た彼が次にどのような進化を遂げるかが楽みだ。五木田の個展は2014年8月にDIC川村記念美術館でオープンする予定。

Tomoo Gokita Exhibition
会期:2014年1月11日~3月1日
時間:10:00~18:00(日曜、月曜休廊)
会場:Mary Boone Gallery
住所:541 W24th Street, NY
TEL:+1 212 752 3939
http://www.maryboonegallery.com

Text: Taro Masushio

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE