アンドレアス・グルースリッヒ

PEOPLEText: Kiyohide Hayashi

ベルリンが現代アートの中心地なのはどうしてだろうか。その理由に多くのギャラリーがあることが挙げられるだろう。ベルリンには無数のギャラリーがあり、それはアーティストや美術関係者を惹き付けている。そんなベルリンには近年の経済不況の暗雲が立込めている。主要なギャラリーが閉廊する話も出てくるなど、この街の美術市場の未来は明るくない。そして多くの美術関係者は不安を抱えている。だが、このような逆境の中でも、それをものともせず新しいギャラリーが誕生している。その中には若々しいエネルギーだけでなく、長期的なヴィジョンを感じさせるものがある。つまり、逆境を切り抜けて伸し上がる可能性を感じさせるギャラリーがあるのだ。そのギャラリーとは2012年に設立された「アンドレアス・コンテンポラリー」。今回は「アンドレアス・コンテンポラリー」を経営するギャラリスト、アンドレアス・グルースリッヒに、今行っていること、そして将来のヴィジョンなどについて話を伺うことにした。

Andreas Greusslich
Portrait: A. Greusslich © Martina Magno

なぜギャラリストになろうとしたのでしょうか?

私の個人的な性格がギャラリストへと向かわせました。私はアーティストになることからキャリアを始めています。私にとっての芸術の問題が、アートやアート作品と関わる人々の必要性や願望であることに気付きました。そこで人々が出会い、話し合えるプラットフォームを用意しました。私の使命は、アーティストのためにプラットフォームを提供し、アートに関わる人々を支援することなのです。このようにしてアーティスト、アートを取り巻く人々、アートの専門家、そしてアート作品といったアートに関わる全てのものに携わって以来、ギャラリストになることを決断しました。私は繋がりが好きなのです。

以前アーティストだったそうですが、アーティストが作品を通して表現をするように、展示を通して何か表現したいですか?

私は展示を通して文脈的な意味を生み出すことに優れたキュレーターではありません。私にとっては、面白い、発想が素晴らしい作品が重要であり、素晴らしいアーティストと共に働き、それについて友人たちと話すことが重要なのです。時には面白いやり方で、様々なアーティストを一緒に展示することを楽しんでいます。それだけです。

IMGP1465.JPG
Kunstverein INGAN

ギャラリーの歴史について話してもらえませんか?

ギャラリーの歴史は私個人の展開に関連しています。美術大学の学生だったことは、大学時代の友人や彼らの作品が私の芸術的なアプローチに強く影響を及ぼしています。その後15人ほどのメンバーと共にスペースを構え、そこで私はオープンスタジオを企画しました。これは非営利スペース「クンストフェアアイン・インガン(Kunstverein INGAN)」の発足へと繋がり、そして私は美術作品を制作することを止ました。ベルリンを代表するギャラリーに数年間務めつつ、「クンストフェアアイン・インガン」の運営を行い、そしてビジネスプログラムの修士課程を修了した後、ギャラリー「グルースリッヒ・コンテンポラリー(Greusslich Contemporary)」を始めました。そして2012年の9月から、正式に美術専門のスペースとしてギャラリーの運営を始めています。(ドイツ語で「Kunstverein」は「美術協会」の意味を表す文化組織。多くは半公共的な役割を担い、ドイツでは美術館に並んで商業美術とは違う立場で美術界を支えている)

Ivan%20Abreu.jpg
Installation view: Iván Abreu “Multiple Vortex Tornado” 2013, © Ivan Abreu, Greusslich Contemporary

「クンストフェアアイン・インガン」から「グルースリッヒ・コンテンポラリー」への変化について説明してもらえませんか?そこではアート作品を売る必要がありますよね?

もちろん。ですが美術市場の現在の状況ではアーティストのキャリアを支援することが最善の方法です。私はそれが決定的なことであり、アートフェアでアーティストを紹介することだと思います。アートフェアは素晴らしいアートを探し求める専門家や関係者などにとって、最も国際的なプラットフォームです。非営利組織はこの種類のプラットフォームに参加できず、通常ではアーティストと長期的な共同作業ができません。ギャラリーは美術界で非常に重要なのです。

Matti%20Isan%20Blind%20Vanessa%20Farfan%C2%A0.jpg
Installation view, “Matti Isan Blind + Vanessa Farfán”, Greusslich Contemporary 2013

あなたの生活がアートに影響を受けていることを知っています。そして私が聞きたいのは、まさにこうした「情熱」や「ライデンシャフト」です。(ドイツ語で「ライデン/Leiden」が「苦しみ」を表すため、「ライデンシャフト/Leidenschaft」は「情熱」を表すと同時に、そのために「犠牲を払う(苦しむ)」という意味も併せ持つ)

実際に「クンストフェアアイン・インガン」設立した後、自宅で展覧会を行っていました。生活空間はアートのために実際に制限されてから、私は犠牲を捧げ、情熱を見せました。ですが正直に言えば、とても楽しかったです。そして私の情熱を個人的なものから、より多くの人に向き合えるように専門的なものへと変えました。(現在では展示を自宅ではなく展示専門の空間で行っている)。ギャラリーは簡単な仕事ではありませんが、さらに多くの人にアーティストや作品を知ってもらえます。

あなたのギャラリースペースで、アーティストが滞在しているのを見たことがありますが、ギャラリーにはレジデンス・プログラムがあるのでしょうか?

所属アーティストがベルリンを訪れる場合、仕事や生活スペースについて可能な限り支援をしようとしています。時には、この支援はレジデンス的な側面を持っています。これは定期的に行われてはおらず、毎回状況に応じて行われています。

Peter%20Rollny.jpg
Installation view: Peter Rollny “Afloat on a Flood of Being − New Paintings” 2013 Greusslich Contemporary, Berlin

あなたのギャラリーで見た ローリン・ビーミッシュの展示が記憶に残っています。その展示はとても印象的でした。このアーティストについて説明して頂けませんか?

もちろん、完全に手書きで描かれる写実的なドローイングの技術は、第一印象でとても刺激的なものです。集中力や、意思や技術の力といった、アーティストが費やしたものに気付かされます。インターネット上の写真を引き延ばしてハイパーリアルに描いたドローイング作品を通して、彼がテーマとするものが生活の最も内側のものであることが解るでしょう。それらは、大きさや形態の点で超現実的な側面を持っています。彼が調べ、取り上げた公的、半公的な人物のポートレートを通して、見る者に人権、正義、愛、倫理を思い起こさせるのです。

またアーティストはドローイングのモチーフに、映画の登場人物や、人の手により殺された人々の死体を選び出しています。彼は特殊な告発者であり、心地よい作品を生み出すわけではありません。彼は展示室の壁に掲げたドローイングでインスタレーションを構成していきます。そこには墓石のように見える木炭のドローイングで覆われた作品も含まれています。文章が書かれている壁のドローイングは、鑑賞者に、詩的な印象、ブラックユーモアな印象だけでなく、絶望的な印象を生み出すことでしょう。

アーティストは現在のメディアにおける意味の表現や生産について調査をしており、メディアが生み出す真実を信じることについて慎重になるよう働きかけます。彼は2014年に 「クンストフェアアイン・メンヘングラートバッハ(Kunstverein Mönchengladbach)」で「ゴースト」と呼ばれる重要な個展を開催する予定です。

Rollin%20Beamish%C2%A0
Installation view: Rollin Beamish “few people”, 2013, © Rollin Beamish, Greusslich Contemporary

どのようにアーティストを見つけるのですか?

ギャラリーを開く12年前から私はネットワークを作り始めました。私自身のネットワークはアーティストとギャラリストの信頼関係のためにとても重要です。また調査の中で新しいアーティストを見つけています。2013年に「アート・ブリュッセル」の期間中、「ポップポジション」と呼ばれる興味深いプロジェクトで、素晴らしいアーティストとコンタクトが取れました。私は一般的に全ての可能性や、ネットワークを生み出す全てのメディアに扉を開けています。ですが、突然の売り込み(一度も会ったことがないアーティストからの持ち込み)には良い経験がありません。ただし一人のアーティストと素晴らしい逸話があります。

ある時ギャラリーから次の場所へ向かうために自転車に乗っていた際に、一人の人物に出会いました。自転車に乗りながら話をして、彼がアーティストであることがわかり、アーティストは去り際にカタログを渡していきました。目的地が近かったため私たちには十分に話せる時間がありませんでした。翌日カタログを机に置き、その中身を眺め、アーティストのホームページを調べました。そして興味を持ち、メールで質問を送りました。今ではそのアーティストは私のプログラムに含まれています。これこそが人生です…。

ギャラリーの未来について話してもらえませんか?

ギャラリーの方向性は現在の国際的な流れに従うでしょう。この秋にはフランスの若手アーティストを展開します。またインターネットの新しい可能性を調べ、所属アーティストの紹介にその最新技術を活用することでしょう。そして近い未来に、何よりまずアートフェアに参加したいですし、次にベルリンのスペースを広げる、もしくは支店を設立することになるでしょう。

Greusslich Contemporary
住所:Buchholzer Str. 11 10437 Berlin
営業時間:Wednesday, Thursday 16:00 – 21:00, Friday, Saturday 13:00 – 18:00
TEL:+49 30 5367 2850
http://www.greusslich-contemporary.de

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE