イーナ・ヴォリヴィルタ

PEOPLEText: Mike Sullivan

2010年より国際的に展示を行ってきたイーナ・ヴォリヴィルタの作品は、あらゆる物が材料となっている。家具の他にも、例えば真ちゅうやスチールから作られた鏡、焼いた木材の上にゆっくりとガラスを落とした美しいデザインのガラス製品、ジェスモナイトという石膏に近いプラスティック素材から作られたフラワーベースなど。この若いデザイナーの素晴らしさは、彼女の職人との見事な作品づくり、伝統的な技術を継承したいという情熱にある。こういった職人に話しを聞くのはたいてい容易ではないが、幸運なことに今回は彼女にインタビューを行うことができた。

イーナ・ヴォリヴィルタ
© Iina Vuorivirta

ご自身について、仕事について教えて下さい。

25歳のフィンランドのデザイナーで、専門はアートクラフトです。フィンランドでアートとプロダクトデザインを勉強した後、コンストファック大学で学ぶため、ストックホルムに引越しました。2011年にプロダクトデザインの学士を卒業し、それ以来北欧だけでなく、台湾、イタリア、ドイツなど様々な国の展示会に参加し、活動を続けて、現在はコンストファック大学院の博士課程で学んでいます。

いつも職人さんたちと共に活動しています。私の仕事ではプロセスが常に最も重要な役割を担っており、作品を唯一無二に仕上げること、作品によって人々の心を満たすことは、人間の手と脳でしか叶えられないことだと信じています。 

iina.vuorivirta.Avanto.1.jpg
© Iina Vuorivirta

最近どのようなプロジェクトを取り組んでいますか?

若手デザイナー賞を受賞後、多くの反響があり、フィンランドで新しいコラボレーションも多めるきっかけにもなりました。その他に、現在はロンドン・デザイン・フェスティバルに合わせて行われる19ギリシャ・ストリートでの展覧会のためにセラミックのスタジオで作業しています。その他の時間は、主にストックホルムに戻って、博士論文を書くのに集中する予定です。

iina.vuorivirta.home-for-my-breakfast.jpg
© Iina Vuorivirta

スウェーデンの留学やロンドンでの展覧会などについて伺いましたが、デザイナーになりたい人にとって国際的な感覚というのは不可欠だと思いますか?

スウェーデンのベックマンズ・スクール・オブ・デザインで学び始めたとき、スウェーデンのデザイン業界の活発さを肌で感じ、海外で活動することの重要さを学びました。海外で多くの展覧会に参加することで、新しい、驚きのコラボレーションに繋がって行きます。ニューヨークのギャラリー展示も、ヴェネチアの職人との活動も、全ての出会いが私にとって重要です。これらの海外での活動の原動力は好奇心で、現地のメーカー、アーティストなどを知ったり、聞いたり、見たり、会ったりできることは本当に魅力的です。そして、ロンドン、ニューヨーク、台北、ミラノなどどのようなところでも私自身の再発見になるのです。

4th%20of%20July.jpg
© Iina Vuorivirta

新しいオブジェや、家具をデザインするときのインスピレーションはどういったところからきていますか?

造形の美しさによっていつも私の心臓は高鳴ります。造形の過程を深く掘り下げていくことで、作品の本質を引き出そうと試みます。また古い技術、伝統を最新のデザインに応用する方法を見たり、学んだりすることが大好きです。

iina.vuorivirta.Mass-produced-Individualism.2.jpg
© Christofer Yevens Zagal

作品づくりに様々な素材や職人の技法を使っていますが、どのようにこういった多様な作品を制作できるようになったのですか?フィンランドの豊かな文化が関連していると思いますか?

前述のように、これは私の新しいことをしたい、学びたいという飽くなき欲求のためだと思います。未知の世界へ飛び込み、新しいことをしてみるのが好きですが、一人で行うのではなく協力し合う職人を見つけます。どのプロジェクトでも、いつも知識についての会話や意見交換が存在します。この学習プロセスは、私のスタジオや一人での活動のときも続きます。
プロダクトデザインについてフィンランドで学んだとき、異なる材質を使ってありふれたプロダクトを制作することが私の研究の大部分を占めていました。これが今でも私の制作スタイルに大きく影響していて、それを少しずつ進化させています。

iina.vuorivirta.Reflexion.jpg
© Jason Strong

フィンランドにおけるクラフトとデザイン業界についてどう考えていますか?

クラフトについては、フィンランドデザインには長い歴史と伝統があり、この素晴らしい遺産がまだ根強く息づいていると思います。しかし、規模は少しずつ縮小し、ユニークな作品を作るメーカーを見つけるのが難しくなってきているのも事実です。少しずつ失われてきている伝統的なノウハウを人々に広める事も私の役目だと考えています。デザインについては、フィンランドでますます新しく面白いメーカーやデザイナーが現れ、とてもよい流れがあると思います。もちろん海外でもですが。本当に面白いことばかりです!

iina.vuorivirta.Fennia.6.jpg
© Iina Vuorivirta

デザイン・フォーラム・フィンランドの若手デザイナー賞を受賞し、人々は全く新しい方法でデザインのフィールドにチャレンジしたという印象に映ったと思いますが、今回の受賞について教えて下さい。

私自身としては、近代的な大量生産される製品と、小規模なハンドメイドの作品との間というのを意識し、技術者とともに本物の技術、最小限の材料を使って忘れられた物語や当たり前になりすぎているものを人々に語りかける作品を目指しました。

iina.vuorivirta.Nomad.jpg
© Iina Vuorivirta

おすすめのユニークなデザインメーカーや、作品が見られる場所などがありますか?

残念ながら、ユニークなスキルを持ったアーティストを見つけるのは簡単ではありません。例えば、先週一緒に制作を行った素晴らしいガラス職人がいるのですが、彼は携帯電話も持っていませんし、インターネットにも情報はありません。それが魅力でもあります。とにかく実際に足を運んでその人に会って、話をするに限ります

Text: Mike Sullivan
Translation: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE