三原聡一郎

PEOPLEText: Satsuki Miyanishi

子供の頃によくお風呂で遊んだ泡、ふわふわなメレンゲ、ビールの泡、私たちの常に身近に存在するこの泡について熟考した経験がある人はそう多くはないかもしれない。アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において優れた作品を顕彰する第17回文化庁メディア芸術祭のアート部門で優秀賞を受賞した三原聡一郎の作品「   を超える為の余白」は、エアーポンプ、電源制御回路、水、シャボン液、グリセリン、エタノールそして電気を用いて空間に「泡」を発生させるインスタレーション。形を変化し続ける泡という物質を巧みに用い、私たちが主体的に考えるきっかけを与えてくれるこの作品は、2011年より作者が展開する「空白」のプロジェクトの一環として制作された。音響を基軸にしたシステムを利用した作品などメディアアートの分野において、国内外で活動を行う三原氏に作品や制作への思いについて話しを伺った。

三原聡一郎
現在滞在中のオーストラリアは真夏。40°を超える日もあり、毎日こんな格好でラボに通っています。

一見理科の実験のようにも見える、泡を使った今回のインスタレーション「  を超える為の余白」は、2011年より展開している「空白」のプロジェクトの一環として制作されているそうですが、「泡」のどういった性質に注目し作品の表現に用いたのですか?

2011年3月11日以降、色々な角度から自分の国の状況を考え続けてきました。規模の大きさと深さを把握すること事態ですら困難なスケールであること、そして今も現在進行形で状況が変遷しているという印象がまずありました。その印象から不定形で流動的な素材を探し始めました。試行錯誤の結果、可塑性を感じられたという点、空気を包んでいることで存在非存在の曖昧な質感が最も感じられる点で泡を選びました。「空白」という言葉はここから自然に出てきました。多くは失われましたが、それを空虚ではなく空白として、未だ残された問いとして、現状を捉えたいのです。泡は生成し続けないと一定量を保てず、有機的な事柄のメタファーとして奥行きを与えていると思います。作品で常時泡が生成し続けるように、問い続けなくてはならないと思っています。

最終的には鑑賞者が作品をつくりあげることが理想だなと感じています。それは作家の責任を転嫁するのでもなく、解釈は委ねますという安易なことでもなく、作品体験を経て、自然に言葉や感情が出てくるようなトリガーでありたいなと思います。何故なら、個人から出来事を捉えることが今少し困難なように思えます。それは、この出来事の当事者性も関係していると思います。行政上の線引きでは、僕はあてはまりませんし直接的な被害も有りませんでした。しかし国を出れば、多くの人が僕を当事者として認識します。それらとも離れて僕自身の意識もあります。一概に線引きなどできなく、全ての人が個別の当事者性を持っていると思うのです。それぞれが個別の意見を持ちえるし、それらは全て尊敬されるべきだと思うのです。多くの人がこの出来事に対して、各々の体験を通した距離感での捉え方があると感じています。

見上げるような泡の堆積の移ろいの印象深さは、抽象的であるがゆえに多くの人とトリガーとして共有する為にはとても適しているのではないかと感じます。

Soichiro%20Mihara_portrait.jpg
第17回文化庁メディア芸術祭 アート部門 優秀賞「 を超える為の余白」 © 三原聡一郎

三原さんの作品は音響や、デジタルを用いた作品のイメージが強いのですが、常に新しい素材を扱い続けるインスピレーションはどういったところから得ていますか?

まず現状の表現を規定するフレーム自体を認識することでしか、表現とは何か?アートとは何か?という根本的な問いに対峙することはできないと考えています。そのフレームを考えることが、アートを含めた様々な問題とつながるトピックであると非常に興味が湧いてきます。必ずしも新しい必要性はないのですが、僕は自分の生活を成り立たせているテクノロジー全般に興味があり、現在、色々なテクノロジーを非専門家の個人が扱える可能性が拡がっているので、可能な限り色々と試したいと思っています。

Soichiro%20Mihara2.jpg
「鈴」(空白のプロジェクト#2)
常に世界には一定の自然放射線が存在している。その知覚しえない存在が聞こえるならば、どんな音であるだろうとい考え始め、偶然、風鈴の起源が目に見えない邪気を払う為であることを知り、放射線感知回路と風鈴を結びつけた。ガラスで包むことで、風を遮ると同時に、それでも音が聞こえる(エネルギーは漏れる)現在の廃棄方法を示唆している。

アーティスト活動を始めるようになったきっかけはなんだったのですか?

この世の中にわからないことや不思議なことがあまりにもいっぱいあって、それを自分なりの方法で捉えようとしてきたのが、今につながっているのかも知れないと思います。

Soichiro%20Mihara3.jpg
「moids ver.2.* – acoustic emergence structure」 © 丸尾隆一
斉田一樹らとのコラボレーション作品。1一つの音を組み合わせることで、1+1+1…+1=総和のイメージではなく、また別の一つの質感になることは可能か?そしてそのプロセスに僕らが存在している空間性や物質性をどのくらい介入させることができるのか?という問いを追求した。

三原さんにとっての生命科学・バイオテクノロジーとアートの境界領域であるバイオメディアアートの魅力、またその可能性について教えて下さい。

このジャンルで僕が最も面白いと感じているのは、生命とは何か?を問う技術自体がアートになり得るのか?と思っています。勿論、表現に携わるものとしての素材自体に対する興味もあります。それ自体が生きていて、かつ個人で扱えるようになってきた、現在最も社会性のある素材の一つだと思います。ただし新しいこと自体は有効な話題ですが、価値を保証する訳ではありません。ここが一番面白いと感じています。アートであるからこそ、この技術の持つ、正負の面やそれ以上に複雑な様相を提示できるのだと思います。生命倫理に関わる問題も含め、まだ十分な議論が為されていない段階で、一個人からメッセージを発信することができる可能性に興味を持ちます。もし有効な問いを引きだせるならば、それは未来の生きかたを方向づける美学につながると思います。

Soichiro%20Mihara5.jpg
「vexations – composition in progress 時間旅行展」クロージングイベント, YCAM © 三原聡一郎

作品制作の際に、重要視しているポイントがあれば教えてください。

ぼんやりと考える時間を取るようにしています。あとはなかなか難しいですが、一日一つ何でもよいから今までにしていないことを試したいと思っています。

Soichiro%20Mihara4.jpg
「vexations – composition in progress」
毛利悠子とのコラボレーション作品。歴史上、極めて長時間を要する楽曲の1つといわれるエリックサティのヴェクサシオン。840回の繰り返しをコンピュータを介し演奏/録音、解析(楽譜化)〜再演奏/録音と繰り返すことで、会場の空間特性やノイズの偶然性も取り込みながら音列構造を変容させていく。

国内と海外での作品に対する反応に違いはありますか?

僕は主にドイツ語圏とアジア数カ国での活動しかないのですが、アートの持つ役割や認識、そして個人が意見することに対する価値観はエリアごとに異なると思います。リアライゼーションとコンセプトの評価バランスも異なると思います。国外だと僕自身や表現に対して、日本人らしいとか日本人らしくないと言われることがあり、それは興味深く理由を尋ねてみます。

Soichiro%20Mihara6.jpg
テクタイルツールキット」 © テクタイル
昨年度まで在籍した「YCAM InterLab」で、触覚研究者と2年間かけて共同研究を行なった成果の一つ。
スマホなどタッチングデバイスの普及で注目が集る最新の触覚技術分野の普及とアートへの応用の為に、子供も含め一般向けに振動を利用して触感プロトタイピングを可能にするツールキットを制作。主に昨年度まで工学系、表現系の大学研究機関や美術館などでワークショップ展開を行なった。

影響を受けたアーティストやデザイナー、音楽などがあれば教えてください。

超越した何かを追求する哲学や思想を感じる方が非常に好きです。沢山居るのですが、荒川修作、内藤礼、安藤洋子、ウェルナーヘルツォーク、スタンブラッケイジの5人は特別です。

現在はバイオテクノロジーの考察を続けているそうですが、その活動や今後挑戦していきたいことがあれば教えて下さい。

今回の滞在は来年の8月で終ります。その後はサスティナビリティ(持続性)というテーマで特にエネルギーの美意識を考えたいです。長いスパンだと、まだ未踏の地にはどこでも興味ありますし、死ぬまでには宇宙空間か他の惑星でアートプロジェクトをしてみたいです。

これからもメディアアートの分野にとどまらず、他分野とのコラボレーションを続けていきますか?

様々なプロフェッショナルの方と関われることは、知見が拡がるので非常に嬉しいです。またメディアアートという言葉が実際どこまでのフィールドを含むのか、僕にはあまり実感が湧かない部分もあります。余り気にせずに、その時にめぐり逢うもので表現していければと思います。こうしなくてはいけないということがアートにはないのですから。

第17回文化庁メディア芸術祭受賞作品展
会期:2014年2月5日(水)~16日(日)
会場:国立新美術館、東京ミッドタウン、シネマート六本木、スーパー・デラックス
   ※開館時間、休館日は会場によって異なります
入場料:無料
主催:文化庁メディア芸術祭実行委員会
TEL:03-5459-4755(9:00~20:00)
http://j-mediaarts.jp

三原聡一郎
1980年、東京生まれ。世界へ開かれた芸術作品として音響を基軸にしたシステムを提示している。
2011年より、この社会を成立させるテクノロジーと「 」の関係性を探る空白をテーマとしたプロジェクトを展開。現在、バイオテクノロジー考察の為、オーストラリアはパースに存在するバイオアートラボ「SymbioticA」にて滞在中。
http://mhrs.jp

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE