六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2013

HAPPENINGText: Chiaki Ogura

いつもの山がアートでいっぱいの美術館になる!こんな魅力的なイベントが兵庫県の六甲山で行われている。様々なジャンルのアーティスト39組が繰り広げる六甲山の魅力や景観をいかした作品を、五感で感じながら楽しめる。「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013」は、全国で100以上開催されているアートイベントの中でも、民間企業だけで運営されているイベントのひとつである。総合ディレクターは、公益財団法人 彫刻の森芸術文化財団の坂本浩章。

開催エリアは、神戸市から六甲ケーブルを登っていった六甲山上のエリア一帯。六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、六甲山ホテルなどの広範囲が開催場所となっている。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2013
ひびのこづえ「六甲の山のいきもの」

まず六甲ケーブル車両に飛び乗ると目に入るのが、ひびのこづえの「六甲の山の虫たち」である。そして、六甲山上駅に着くと迎えてくれるのが、「六甲の山のいきもの」だ。これらは全て空想上の虫たちである。コスチュームデザインなどを手がけている彼女の試みだ。六甲の楽しい虫たちが、このフェスティバルを華やかに迎えてくれる。六甲ケーブル下駅にて乗車鑑賞も可能だ。

rokko_photo2.jpg
カワクボリョウタ「lost and found(忘れ物取扱所)」

六甲山カンツリーハウスでは、カワクボリョウタの「lost and found(忘れ物取扱所)」という作品に出会える。テーマは、並べられた日用品や現地で拾った物、それらがつくり出す影を眺めながら、新たに何かを忘れたり、思い出したりするための「記憶の取扱所」。回転する人工物と自然物に照明をあて、壁に影を映し出す。その影は脳の中であり、記憶の断片を表している。忘れているつもりのなかった”忘れ物”がここで見つかるかもしれない。

rokko_photo3.jpg
飯沼英樹「無題」

芝生の上に気持ちよく寝そべっているのは、飯沼英樹の「無題」。主催者特別賞を受賞した。ファッションモデルをモチーフとして、六甲山の間伐材を使用して現地制作された。自然空間にハイセンスなカラーとの違和感が楽しめる作品となっている。

rokko_photo4.jpg
國府理「森のドライブ」

森の中に一足はいると、六甲ミーツ・アート 芸術散歩2013のメインビジュアルにも使用されている、國府理の「森のドライブ」が見えてくる。車では行くことのできない、日常を超えたどこかへ飛び出していくような感覚を表現した。車の存在をいろいろな物や現象に置き換えてみるとまた作品の捉え方も変わるかもしれない。

rokko_photo5.jpg
冨岡映里「空をはかる定規」

六甲ガーデンテラスのビニール屋根には、冨岡映里の「空をはかる定規」がある。六甲ガーデンテラスは眺望・夜景スポットとしても人気であるが、その空を14種類のさまざまな”測るもの”ではかってみようというコンセプトだ。目の前にある景色が、距離・量・質度・長さなど様々な単位で成り立っていることに気づかされる。

rokko_photo6.jpg
新山浩+神戸市立科学技術高校「モリアオガエルとして生まれ変わるとせよ」

豊かな自然に包まれた六甲高山植物園の中に一つのドームがある。新山浩+神戸市立科学技術高校の作品「モリアオガエルとして生まれ変わるとせよ」。今回2つの賞を受賞した。たまごドームの中に入るとカエルの鳴き声・胎動の音・雨音などの自然の音が柔らかく聴こえ、上の小さな穴からは太陽の光が差し込んでくる。一度たまごに戻って生まれ変わる体験ができる。

rokko_photo7.jpg
足立喜一朗「LIFE BALANCER no.01」

若手アーティストとして注目を浴びている、足立喜一朗は「LIFE BALANCER no.01」という造形作品を制作した。「命にはどうもそれぞれの重さというものがあるらしい」という想いから始まった作品は、いのちの重さを可視化することに成功した。左右の植物は天秤になっており、植物の成長に合わせてバランスが変化する。四季により移り変わって行く植物園の風景との対比もまた面白い。

rokko_photo8.jpg
明和電機「DECAP EVOLUTION」

六甲オルゴールミュージアムでは、明和電機の「DECAP EVOLUTION (デカップ エボリューション)」が楽しめる。1938年ベルギー製の巨大自動演奏オルガンが明和電機の技術により、展示空間にメカニカルにアレンジされた日本の名曲を鳴り響かせる。

rokko_photo9.jpg
佐々木愛「ふたたびの森」

六甲山ホテルでは、佐々木愛のインスタレーション「ふたたびの森」は、砂糖でできたロイヤルアイシングよって壁一面描かれた、真っ白で繊細な作品である。人々の心の中にある「記憶」から呼び起こされるような世界感と、瞑想の後のような静かな空間がそこにはある。

rokko_photo10.jpg
今村遼佑「森の出来事」

数多くの力作が揃っている中、「あえてテーマを設けていない」とディレクターの坂本氏は語る。アートは主役でもあるが脇役でもある。アートの力で六甲山自体の魅力を際立たせてほしい、その想いが伝わりアーティストたちも六甲の自然となじみ、楽しんで制作活動を行った様子が感じ取れた。また今年から新たな試みとして、「ザ・シアター」というライブパフォーマンスを行う公演部門が始まっている。会期は初秋から晩秋まで、自然の変化と共に何度も芸術散歩に訪れたい。

六甲ミーツ・アート 芸術散歩 2013
会期:2013年9月14日~11月24日(期間中無休)
時間:10:00~17:00(会場により21:30、土日祝は22:00まで鑑賞できる作品あり)
会場:六甲ガーデンテラス、自然体感展望台六甲枝垂れ、六甲山カンツリーハウス、六甲高山植物園、六甲オルゴールミュージアム、六甲山ホテル、六甲ケーブル、六甲ヒルトップギャラリー、オテル・ド・摩耶(サテライト会場)
TEL:078-891-0048 (10:00~17:00)
rma-info@rokkosan.com
http://www.rokkosan.com/art2013/

※六甲ケーブルは台風18号による被害のため、運休中です(2013年10月28日現在)。運休中は代替バスを運行しています。

Text: Chiaki Ogura
Photos: Toshiaki Sakai

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE