神戸ビエンナーレ 2013

HAPPENINGText: Chiaki Ogura

「世界のアートを日本で披露するのではなく、JAPANコンテンツを世界に発信する未だかつてないビエンナーレ」。アーティスティックディレクターの大森正夫氏が、目を輝かせて語る「神戸ビエンナーレ2013」が始まっている。あいちトリエンナーレは、瀬戸内国際芸術祭と並ぶ西日本最大級のアートイベント。今年のテーマは「さく“saku”」。現代アートだけがアートなのではなく、神戸が発信しているもの自体がアートであり、幼い頃から生まれ育ってきた環境の中に元々存在している。そのことに気付き、震災の過去を乗り越え、新しくのびのびと文化創世をしてほしい、そんな願いがテーマの主題にこもっている。

神戸ビエンナーレ2013
メリケンパークから神戸港まで一帯が会場となっている

確かに独特だ。ジャンルはインスタレーションなどの現代アートに限らず、ペインティングアートや港の空間を活かしたデザイン展と規模の大きなものから、いけばなや書道・創作玩具まで幅広い。家族で楽しめる神戸の街全域を巻き込んで、見れる・触れる体験型アートイベントに仕上がった。

kobe_photo2.jpg
メリケンパーク会場にはコンテナ内外に72点の作品が並ぶ

企画展示部門であるメリケンパーク・神戸港エリアには、港を体感できる作品群が集まっている。輸送用のコンテナの内部を展示空間とする「アートインコンテナ国際展」は138作品のうち入選25作品が展示されている。40ftコンテナという限られた空間内には、海を意識したインスタレーションが多数見られた。

kobe_photo3.JPG
安蔵隆朝「Light flower of Two faces」

神戸ビエンナーレ大賞の安蔵隆朝の作品「ライト・フラワー・オブ・フェイシス」。“Push”ボタンを押すとストーリーが始まる。プロジェクターで映像が当てられ、生き物のように見える回転体。突然映像が消えてストロボが発光すると、隠れていた実態が現れる。大きな建造物に映像を映し出すプロジェクションマッピングではなく、あえて小さいものに焦点を当てたところが新鮮な作品だ。

kobe_photo4.JPG
circle side 「interweave no.2」

サークル・サイドの「インターウィーブ no.2」は準大賞を獲った。麻糸5500本は媒介物(メディア)を表している。人の温度に反応するため、部屋にいる人数で色の出方が変わる。デジタルの光が麻糸を照らしながら、色とりどりに輝き上下に移動する。現代の情報との関わりや、メディアそのものについての再考を促す作品となっている。

kobe_photo5.JPG
大西野々「不定期連載中『間村伝承~始めの第一歩の巻~』」

「しつらいアート国際展」は、ウォーターフロントのロケーションを活かし、自由な発想で「しつらい」という日本に伝わる空間構成が表現されている。神戸の環境を最大に活かした国際展だといえよう。

今回最年少の受賞となった、大西野々「不定期連載中『間村伝承~始めの第一歩の巻~』」は、海沿いに展開される約90mの長さのオブジェである。昔話を読み進めながら、ウォーターフロントの風景を一緒に楽しめるのがこの作品の魅力である。

kobe_photo6.JPG
岩城和哉・東京電機大学岩城研究室「FRP FABRIC SAKU」

朝顔型の虹色のオブジェが目を引く。建築士でもある岩城和哉・東京電機大学岩城研究室の「FRPファブリック・サク」。10体のオブジェは、敷地の状況や環境に応じて複数連結できる。今年のテーマである「さく」をイメージした清々しい作品である。

photo7.JPG
四方謙一「starry sky view」

別会場でも準大賞を獲得した、四方謙一の作品「スタリー・スカイ・ビュー」は周辺の情景をそれぞれ切り取り断片化する。花のつぼみに似た形の穴から顔を除かせてみると、光と自分の姿が内部に反射し、正面の穴から見える海の景色と一体化される。

kobe_photo8.JPG
大平由香里「華舞う」

元町高架下を舞台にした「ペインティングアート展」。なかなかつくりにくい絵画の大作を制作する場所と機会を提供したいとして、絵画部門としては初の試みである。4m強の大きさの壁面に、手書きでのびのびと絵画が描かれている。いずれも生命力に根ざしている作品ばかりである。

kobe_photo9.JPG
兵庫県立美術館で開催中の”横尾忠則 感応する風景”展

紹介してきた以外にも会場と作品はまだまだある。兵庫県立美術館や横尾忠則現代美術館、BBプラザ美術館も、神戸ビエンナーレに合わせて企画展を開催している。ビエンナーレのサブタイトルは「港で出合う芸術祭」。神戸一帯がアートに包まれるこの機会、神戸の街の歴史・多様性を体感することで、どうぞあなた自身も”さく”ことができますように。

神戸ビエンナーレ2013
会期:2013年10月1日~12月1日
メリケンパーク・神戸港エリア 10:00〜17:00(土・日・祝日18:00まで)
兵庫県立美術館・BBプラザ美術館 10:00~18:00
横尾忠則現代美術館 10:00~18:00(金・土は20:00まで)
元町高架下(JR神戸駅〜元町駅間) 10:00~17:00(土・日・祝日18:00まで)
TEL:078-322-6490 (神戸ビエンナーレ組織委員会事務局)
http://kobe-biennale.jp

Text: Chiaki Ogura
Photos: Chiaki Ogura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE