NIKE 公式オンラインストア

ICA(現代美術協会)特別展「1980年代から現在まで:ロンドン サブカルチャーを旅する」

HAPPENINGText: Fuyumi Saito

イギリスで人気のデパートチェーン、セルフリッジが経営していたセルフリッジ・ホテルの跡地で、ICAギャラリー(現代美術協会)の特別展が開催されている。 ポスト・パンクやゴシック・ロックと言われる1980年代から今日にいたるまでの、ロンドンで生まれ発展してきたクリエイティブを紹介する、展示というよりも「プロジェクト」と呼ぶにふさわしい企画である。

Mark-Blower-130911-Selfridges-Hotel-ICA-0106.jpg
ICA Off-Site: The Old Selfridges Hotel, 2013, Installation Shots, Photo: © Mark Blower

ガランとしたコンクリートむき出しの会場には、56ものガラスケースがジュエリーショップのように並んでいる。デザイナーやギャラリー、アーティストたちの作品と生き様、活動の軌跡が、各々キュレーターと共にショーケースの中に繰り広げられ、圧倒的な世界感を披露する。

Mark-Blower-130907-Selfridges-Hotel-ICA-0003.jpg
ICA Off-Site: The Old Selfridges Hotel, Mudlarking Vitrine, curated by Nicola Tyson Photo: © Mark Blower

入って一番最初に覗き込むのは、写真家ニコラ・タイソンが撮影した写真が飾られる「マッドラーキング」のケース。日本語で川の泥の中から価値あるものを探し出す意味がある。テムズ川沿いで拾い集められた小さな古い骨やボトルのキャップ、クレイ・パイプ、陶器のかけらと、それらを探す2人の男性の写真は、アクセサリー・デザイナーのジュディ・ブレイムと靴とグラフィックのデザイナー、ジョン・ムーアの2人である。2人は1980年代後半、ロンドンのクラブシーンの中心で物作り集団として注目をあびたハウス・オブ・ビューティー&カルチャーのメンバーとして、不用品回収などから得た素材で服をデザインしたクリストファー・ネメス(後に活動拠点を東京にし、竹中直人やイチローが着用するブランドとして有名)と一緒に活動していた。彼らの作品として、郵便物を入れる古い鞄の生地で作られたシャツの写真もある。ポスト・パンクのその時代、拾ったものでファッションアイテムを作るDIY美学の精神が、そこから読み取ることができる。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
MoMA STORE