「マハト・クンスト」展

HAPPENINGText: Kiyohide Hayashi

2013年4月ベルリンに新しい美術館が誕生した。その名前は「ドイツ銀行クンストハーレ(以下クンストハーレ)」。この新しい美術館は注目を集めると同時に多くの期待を背負っている。なぜなら、閉館した美術館に代わる役割を求められているからだ。その美術館とは多くのアーティストをベルリンで紹介してきたドイツグッゲンハイム美術館。クンストハーレはその建物を使用しており、まさに正当な後継者でもある。周囲の期待が高まるなか、新しい美術館での展覧会が開催された。ただし普通のものとはかなり異なっている。展示期間は僅か24時間。そして展示されたのは200以上もの平面作品。クンストハーレは新しい美術館での展示作品を一般に募集し、アマチュア、美大生、そしてプロのアーティストからも作品を集めた。つまり誰もが展示できる展覧会を行ったのだ。

macht_kunst02.jpg

公式開館前のイベントとして開催された初の展覧会の名前は「Macht Kunst(アートを作る)」。新しいアートが生まれるであろう場には多くの人が詰めかけた。ベルリン中心部にある会場へと向かうと、建物を取り囲む人の列が見える。夜の11時をまわり入場を待たされるにも関わらず、多くの人が寒さに耐えながら待っている。会場の中へと入り展示スペースを見回す。かつて世界的な巨匠の作品が並んだ場所には、壁を埋め尽くす無数の作品が見える。展示されているのは油絵、水彩画、コラージュ、写真など様々なもの。卓越した技術を見せる作品もあるが、技術的に未熟な素人風のものが多く目につく。印象派風や表現主義風といった美術史に残る作品を彷彿するものもあり、独自性を見つけることは難しい。個々の作品の質を考えると以前の美術館の展示と比較することすらためらってしまう。では一体クンストハーレは何を行おうとしているのだろうか。そのためにもクンストハーレの開館までの流れを簡単に追うことにしよう。

macht_kunst08.jpg

クンストハーレは名前の通りドイツ銀行が母体となっている美術館だ。ドイツ銀行は文化活動に力を入れ、美術作品の購入を続け、多くのコレクションを所蔵している。1997年には世界各地に美術館を持つソロモン・R・グッゲンハイム財団と共に、ドイツグッゲンハイム美術館をベルリンに設立した。そこで所蔵作品の展示を行う一方、ドイツを代表する画家ゲルハルト・リヒター、現代彫刻の奇才アーニッシュ・カプーア、新しい彫刻のあり方を模索し続けるガブリエル・オロツコといった世界的な巨匠の展覧会を開催してきた。こうして名立たるアーティストたちの展示によってベルリンと世界のアート・シーンを結びつけてきたのだ。つまり、かつてここは世界とベルリンのアート・シーンを繋ぐ場所となっていた。しかし2013年の2月に世界的な文化財団との共同作業は終わりを迎える。そして世界へと繋がる場所に並んだのは無数の素人や学生の作品だった。

macht_kunst07.jpg

クンストハーレはドイツグッゲンハイム美術館と異なる方向性を打ち出している。ここでベルリンと結びつけられるのは世界のアート・シーンであってもその中心の動きではない。開館に合わせ明らかにされた基本方針によれば、アジアやアフリカや南米などの国々に焦点を当てた展覧会やイベントを行うという。過去に取り扱っていたのは世界的に活躍するアーティストであり、その多くは美術界の中心であるヨーロッパやアメリカの国々のもの。それとは対照的に今後は美術の世界で注目を浴びにくい周縁の国々を取り扱う。本展はこうした美術界の世界地図に当てはまるものではないが、基本方針に従うものと言える。なぜならこれからキャリアを積むアーティストやアマチュアといった人々に光を当てようとしているからだ。つまり、これまでのように美術界の中心ではなく、美術界の周縁にいる人々までも紹介することになるのだ。

macht_kunst12.jpg

確かに美術界の中心に位置する著名なアーティストを美術館が紹介することは重要である。また未知のものに多くの労力を払うのは簡単なことではない。実際に本展で語るに足らない作品が多くあったのも事実だ。しかし効率を優先して美術界の中心国や巨匠ばかりに焦点を当てることは、美術の枠組みを狭めることになってしまう。美術とはヨーロッパやアメリカのリアリティーのみを反映するものではない。キャリアを積んだアーティストのみが作り出すものでもない。何より現在の「美術」の枠組みに収まる必要は全く無いのだ。それに対して美術界の新興国や若手アーティストやアマチュアに光を当てることは多くの可能性を秘めている。なぜなら美術の枠組みを広げて新しいものを生み出すかもしれないからだ。そう、クンストハーレは美術の枠組みを広げて、その新しい可能性を見せることに挑戦しているのだ。

logo_db_kunsthalle01.JPG

クンストハーレが開催した僅か24時間の展示は賛否両論を巻き起こしたが、最終的には成功に終わったと言って良いだろう。展示を訪れた6000人を越える人々。そして、作品の受け入れ期間に集まった2000点を越える応募作品はその証拠だ。当初は展示室に収容可能な作品数を先着順に受け入れる予定だったという。しかし大きな反響により全ての作品を受け付け、本展で展示出来なかった作品はクンストハーレ主催により別会場で展示を行うことになった。展覧会の名は「Macht Kunst Part 2」。同じく24時間のみの展覧会となっている。その展示がドイツグッゲンハイム美術館に代わる役割を果たすことを期待したい。何より美術の枠組みの広がりや、それによる新たな可能性を生み出すことを願わずにはいられない。

Macht Kunst
会期:2013年4月8日~4月9日
会場:Deutsche Bank Kunsthalle
住所:Unter den Linden 13/15 10117 Berlin
http://www.deutsche-bank-kunsthalle.de

Macht Kunst Part 2
会期:2013年4月28日~4月29日
会場:Alte Münze Berlin
住所:Molkenmarkt 2、10179 Berlin
http://www.deutsche-bank-kunsthalle.de

Text: Kiyohide Hayashi
Photos: Mathias Schormann, © Deutsche Bank KunstHalle

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE