ストックホルム・ファッション・ウィークAW13

HAPPENINGText: Victor Moreno

2013年のストックホルム秋冬ファッションウィークは、前回のコレクションとほとんど変わりなく開催された。同じ形式、同じ場所、そして基本的には同じデザイナーだった。今季のファッションウィークのコレクションで、最も目を引いた新しいデザイナーの一人は、フィンランドのブランド、マリメッコのデザイナーだ。今回はスウェーデンのデザイナー、キャリン・ウェスターと、スウェーデンのデニムブランドであるチープマンデーの新しいコレクションにも注目したい。

Stockholm Fashion Week AW13

マリメッコは、IT企業のノキアとアルヴァ・アールトの家具ブランドのアルテックと並びフィンランドで最も重要なブランドの一つ。マリメッコの2013年秋冬コレクション「プリントのアート、季節のカラー」には、世界を取り巻く、移りゆく季節が反映されている。秋の天気模様は、心惹かれる美しさを表している。例えば、グレーの背景に対照的なハイライトカラー。マリメッコのデザインチームは1920年代や30年代の幾何学様式や民族的な原始アートに似たもの、そして生き生きとした秋の庭に影響を受けている。デザインは落ち着いたトーンと、明るく強いアクセントの色が組み合わされており、現代のマリメッコのデザインのコアな部分を表現している。

XP9U0037.jpg

キャリン・ウェスターはベルンサロン(過去にキャリンがコレクションショーを行った場所)にてショーを行った。2013年秋冬コレクションでは、再び男性的な特色を持たせた強い女性像に目を向け、とがった肩のラインに重きを置いた。シルエットは基本的にオーバーサイズで、重ねられた色はメルトンのウールコートで合わせるという遊びを取り入れてる。フランネル素材のプリーツスカートと幅広のショートパンツ、そしてシャープなペンシルスカートは今季は「ひざ下」となっている。ブルーの上品なプリーツは、スカート、パンツ、そしてワンピースに取り入れられ、今年の冬の重ね着の必須アイテムとなっている。

XP9U0054.jpg

アンゴラで編まれたウールのセーターが、対照的なつやのあるサテンのワンピースに組み合わせられていたり、オパードスエードのパンツにツヤのあるファーを組み合わせたりといった遊びが取り入れられている。V字や四角く開いた背中に、金色の繊細な装飾が施されてあり、より、いたずらっぽい女性のイメージを引き出しているが、強く慎ましい兵士の様なイメージも残している。

XP9U0067.jpg

チープマンデーの2013年秋コレクションのテーマは「アーティフィシャル・グランジ」だ。ショーはストックホルムの中心地にある、廃校となった高校で行われた。会場の全員が90年代に戻ったような感覚であり、120分間ミート・パペッツの音楽が流されていた。しかし、これはグランジに対する共通の記憶で、商業的なものであり、実際の文化よりもグランジである。よって、”アーティフィシャル(人工的)”と呼ばれるのだ。グランジをベースとしたアイディアは、それが最も最近の若者世代のムーブメントだからである。「グランジは本当に反抗的で、大衆に根差したものだった。プリントはグランジの時代に関連している手書きのもので、擦り切れた見た目、象徴的な引用の遊びがある。古典的なスタイルにグランジ時代の記憶のイメージをぶつけることで、2013年の秋冬コレクションに何か新しいものをもたらしている。

XP9U0095.jpg

今日、本当の若者世代のムーブメントと言うものを見つけるのは難しい。なぜなら、デザインはそのデザインが生まれる前から、商業的に選び出されているからだ。「本物」と「人工的」の線引きは曖昧である。そして、「本物」とは一体何なのか?グランジはそれ自体、これまで「本物」であったことはあっただろうか?」と、彼らは自分自身に問いかけている。混沌としたスタイリングと、ランダムな見た目のレイヤーが、このコレクションでは核となっている。レース、フットボールストライプ、ミリタリーのディテール、古着風のカーディガン、60年代風のトップス、ワンピース、靴全てが混ざり合っている。しかし、デザインは再現されたものなので、実際はよく計算されており、でたらめに作られている物ではない。つまり、「人工的」という事だ。

明るい白からくすんだ白、洗いざらしの黒から濃い黒、土色の様な緑や濃いプラム色と、色の範囲は広くにまたがっており、私たちが記憶している通りこの配色が、この時代にとても重要なのである。

XP9U0135.jpg

過去に使われた明るいライムと、薄く赤い色が付いた洗いざらしの黒をぶつけることで、赤に作り替えられる。フランネルのチェックシャツやワンピースをTシャツの上、もしくは下に着るのも重要な要素だ。シースルーのワンピースは、よりはっきりした銀色や、薄い青いルレックスの布地、銀布の鏡のようなスカートや細いリボンと組み合わされている。淡い青色のふわふわしたモヘアのスカートや、糸のほころびが見える計算された服は、擦り切れて、ぼろぼろの見た目を和らげている。黒と白のストライプと、作為的にぼかされた迷彩柄を切り離すことで抑制と構造を生み出している。

メルセデス・ストックホルム・ファッションウィークAW13
会期:2013年1月28日〜30日
会場:Berns Salonger, Kungsträdgården etc, Stockholm
http://www.mercedesbenzfashionweek.se

Text: Victor Moreno
Translation: Aya Kitano
Photos: Victor Moreno

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE