蓮沼執太

PEOPLEText: Yu Miyakoshi

音楽家としてキャリアをスタートさせた蓮沼執太(はすぬま・しゅうた)。2006年のファーストアルバムリリース以来、舞台や映画の音楽制作、コンサート、パフォーマンス、インスタレーションなどとシームレスに活動を広げてきた。蓮沼執太は今、どこに向かっているのだろうか。個展の準備に追われているという蓮沼氏のもとを訪ね聞いてみた。

蓮沼執太
Photo: Takehiro Goto

最初に、蓮沼さんと音楽との出会いからお聞かせいただけますか?

特に音楽的というわけでもない普通の家庭に育ったのですが、幼稚園の時にエレクトーンを習っていたので、小学校の合唱会のような時には必ずピアノを弾かされていました。いつも本番直前に猛練習していましたね(笑)。自分で音楽を作るようになったのは、大学生の時に渋谷にあるレコード屋でアルバイトをしていて、MPC2000XLというサンプラーの中に音を入れて遊んでいた頃からです。あとは大学で環境学を専攻していて、記録として環境音をレコーディングすることがあったのですが、それがきっかけでフィールド・レコーディングをするようになったり、プログラムを書いて電子音を作ったりしていました。大学4年生の時にアメリカのインディーズレーベルからセルフタイトルのアルバムを発表したのですが、本格的に音楽をはじめたのはその時からです。

Peter%20Coffin.jpg
Performance view from “OUR MAGIC HOUR” at the exhibition space for Peter Coffin, Yokohama Triennale 2011. Courtesy the artist / Photo: KATO Ken Photo Courtesy of Organizing Committee for Yokohama Triennale

なぜいきなりアルバムデビューだったのでしょうか?

いわゆる若者っぽい発想ですけど、卒業を前にして漠然と就職したくないなぁ、というのがあったのです。それで「作品」と呼べるような形ができれば他の表現でも良かったのですが、音楽が一番手取り早かったのです。それから自分の演奏にフィールド・レコーディングで集めた音であったり、プログラミングのパッチから出力した電子音や少し器楽音をのせて、アルバムを作りました。

初期の音楽を聴いていると、フィールド・レコーディング主体の音が音楽として聴こえてきます。音感がない者としては、どうしてそんなことができるのか不思議です。

フィールド・レコーディングに音感なんて必要ないと思いますよ。現象を自分自身で観察していくものに近いですから。サンプリング・ミュージックとかテープ・ミュージック(*1)とか、ミュージック・コンクレート(*2)も例外はあるものの、音感が必ず必要というものでは無いと思いますけどね。僕はたまたま音感があるのでラッキーだなと思いますが、それは足が速いのと一緒ですからね。身体的なことに近い気がします。特技というか、細い縫い針に糸を通す力があるみたいな、そういうレベルだと思います。

headz160h1.jpg
“CC OO” 4 CD Set Album, 2012 (UNKNOWNMIX / HEADZ)

当初は環境音や電子音を素材にアブストラクトな音楽をつくられていましたが、最近はいわゆるメロディアスな音楽もつくられていますね。どんな変化があったのでしょうか?

ファーストアルバムにも一応メロディはあるのですが、たしかに最近はより主旋律がはっきりとした音楽をつくっています。それは多分、自分の中の緊張がほぐれてきたのだと思います。アウトプットすることに寛容になってきたというか。ここはこういう方法を使ってもいいんだとか、ここはこうした方が良いんだとか、経験も方法も少しずつ増えてきたのだと思います。でも、僕は作曲や演奏よりも、聴くことが一番好きなのです。自分の作った音楽を一番早く聴けるのも僕自身ですしね。僕は音楽を作るよりも聴くことから色々なことを学ぶことが多いです。

fill.jpg
Shuta Hasunuma Philharmonic Orchestra, 2012

蓮沼チーム/フィルを組織したり、演劇作品や映画の音楽を担当したり美術館で展示をしたりと、ジャンルの枠を超えて活動を広げてきましたね。

「ジャンルの枠を超える」という言い方がどうしても馴染めませんが、自分が作曲した音楽が様々な環境でインストールされることのアウトプットの多さは、これからも続けていきたいです。ジャンルの壁なんて、わざわざ超えなくていい壁だと思っています。「これがアートだ、これが音楽だ」という意識することよりも、「いったい僕が作り上げたものは何なんだろう?」と問い続けることで、僕は制作する活力を得ていると思います。もちろんそれは、ジャンルにはそれぞれ大切な作法というものがあるからです。たとえば映画音楽の制作も、そういう仕事に取り組むことで映画における音楽とは何だろう、と考える機会が生まれます。そうやって、自分の音楽論みたいのも定まっていくし、経験として蓄積されていくと思います。

ototobi-1.jpg
Installation view of “have a go at flying from music part 3”, Museum of Contemporary Art Tokyo, 2011 Photo: Takehiro Goto

2月から始まる展覧会「音的」では、展示のためにリサーチプロジェクト「蓮沼執太のスタディーズ」を行われてきました。フィールド・レコーディングにもリサーチ的なニュアンスを感じるのですが、つくる時には “リサーチ” がベースになるのでしょうか?

リサーチといっても、その実際は自分の体をその場に持って行って、直感的に物事や現象を判断しているにすぎないのですが、それはフィールド・レコーディングでも同じことで、リサーチというより、アンテナを全開で張って現象をキャッチするとか、逆にキャッチせず曖昧にするとか。そういうことの積み重ね、連鎖ですね。

その場でセッションをしているような感覚ですか?

うーん、少し違いますね。セッションという言葉の響きは音楽的ですけど、この行為自体は音楽的ではないですね。観察行為に近いかな。「スタディーズ」は、その時間にそういったことが圧縮されていた感じです。 詩人の山田亮太さんたちをお呼びして舞台作品『タイム』の朗読をシューティングしたり、音楽家の大谷能生さんや木下美紗都さんたちと録音したり、たくさんの人たちをお招きして音楽イベントを開催したりなど、色々なことに挑戦しました。

IMG_6718.jpg
Studies at Asahi Art Square, 2012

「音的」の展示について教えてください。

新作を10点展示します。すべて2012年末から2013年1月に制作した物がほとんどです。本当はもっと前から制作をスタートしたかったのですが、蓮沼執太フィルのコンサートなどで時期がタイトになってしまいました。たとえば『World in Our Hands』というビデオ作品があります。今までは自分の映像に音楽をつけるということをしなかったのですが、この作品では初めてそれをしています。そのほかにスタディーズで撮影した『タイム』の映像作品、ガラスとガラスが擦れて音が鳴る砂時計のような作品、展示設営中に撮影を行うメンバー紹介のビデオ作品、そして『Boomerang』というリチャード・セラのビデオ作品からヒントを得た、僕が作曲したメロディーを友人に口ずさんでもらう映像作品などがあって、会場の真ん中に『コミューナル・ミュージック』という音楽作品があります。

会場全体で音の設計のようなこともされていますか?

そうですね、僕はそういうことを当たり前のように思っている節があるので、説明が足りてないかもしれませんね。音の設計はもちろんしています(笑)。細部まで緻密な演算的なことから、偶然性を入れる部分まで考えてやっています。たとえば、『コミューナル・ミュージック』という音楽作品は、それ自体にもそういった要素(音の設計)はあります。この作品の大きなコンセプトは、スピーカー10個から出力される音楽だけが作曲した作品ではありません。周りの環境音も合わさることで『コミューナル・ミュージック』というひとつの音楽作品が成立するというものです。楽曲構成要素として作曲段階から環境音までを一要素にしています。聴く人の立つ場所によっても音が変わってきますが、『コミューナル・ミュージック』以外の作品と、音や音楽が干渉し合います。それらは決してネガティブなことではなく、そういった干渉してしまうこともすべて含めて “ひとつの音楽” として成立できるような作品です。

asahi_phil_20120305.jpg
Studies at Asahi Art Square, 2012

「音的」と聴くと抽象的な感じがしますが、プロセスのひとつひとつは明確ですね。

タイトルは素直ですよ(笑)。「音のようなもの」、すなわち「音」だけ、ではない。「sound」じゃない、というメッセージが強いです。タイトルは英語から発想しました。つまり「音楽」を展示している、という意味です。あまり「音」という言葉自体を展覧会のタイトルにしたくないのですが、英語の「sound like」から「音的」という言葉を使用しました。僕は「音楽」を媒体にして作品を作っていくわけですが、それは既存にあるようなサウンドアートやメディアアートと呼ばれる表現領域とは全く違う立ち位置だと思っています。いま2月13日に行うシンポジウムのためにウェブ上でパネリストと意見交換をしています。そこでも歴史という認識について意見を交換していたりしますが、僕は今、膨大な歴史を持つ音楽の古さを現代化してみることに意識的に行動しています。もっと音楽の捉え方や価値観を広げることに挑戦していきたいと思っています。

蓮沼さんの活動の周辺に自然と音楽とアートが起きてくる、というのが不思議です。

そうですかね?とりあえず行動に起こしてみるということの連鎖ですからね。失敗がまず有りきで挑戦する、で、また失敗する(笑)、ということの連続です。まあ日本でも60年代の芸術の中で、国内に於いてたくさんのジャンルの貫通があったと思うのです。そういう空気感というのを1人で再考している気がします。


(*1)テープ・ミュージック
楽器音やその他の音を録音したテープを切ってつなげたり、走行速度を変えたり、逆方向に走行させて再生する技法のこと。
ミュージック・コンクレートと、狭義の電子音楽とをまとめてテープ・ミュージック(音楽)と総称する。(出典:Wikipedia)


(*2)ミュージック・コンクレート
1940年代の後半にフランスでピエール・シェフェールによって作られた現代音楽のひとつのジャンルであり、音響・録音技術を使った電子音楽の一種。具体音楽とも訳される。(出典:Wikipedia)

蓮沼執太展「音的」
会期:2013年2月9日(土)〜17日(日)
開館時間:12:00〜21:00(2月9日のみ18:00開場)
会場:アサヒ・アートスクエア
入場料:パスポート 500円(会期中再入場可)
出品作家:蓮沼執太 × 金氏徹平 × 津田道子 × 毛利悠子 × 山城大督
オープニングトーク:2月9日(土) 20:00〜21:00 蓮沼執太 × 佐々木敦 (批評家)
ギャラリーツアー :2月12日(火) 20:00〜21:00 蓮沼執太 × 坂田太郎 (アサヒ・アートスクエア)
シンポジウム『新しいフィクション/ドキュメント/その境界』:2月13日(水) 19:00〜21:00

http://asahiartsquare.org

蓮沼執太
1983年東京都生まれ。東京藝術大学大学院映像研究科研究生終了。蓮沼執太フィルを組織し国内外でのコンサート公演を行う。他ジャンルとのコラボレーションを多く展開し、自身が主催の音楽祭『MUSIC TODAY』を企画構成する。主な展示に『have a go at flying from music part3』(2011 東京都現代美術館 ブルームバーグ・パビリオン)、最新アルバムに4枚組CD『CC OO』(2012 UNKNOWNMIX/HEADZ)。
http://www.shutahasunuma.co

Text: Yu Miyakoshi

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE