ヨシ・ホリカワ

PEOPLEText: Hiromi Nomoto

『音楽は言葉以上に語る』

ヨシ・ホリカワはサウンドデザイナーだ。日常の中や自然の中の音を音楽にしている。「サウンドデザイナー」とは聞き慣れない言葉だが、彼をミュージシャンと呼ぶには、あまりに言葉が足りない。ヨシの音楽を聞いた多くの人は、その曲に驚かされる。

ヨシ・ホリカワは、1979年大阪府生まれ。現在は千葉を拠点に活躍している。大学では建築を学んだ。作品をMy Spaceに載せてから5日間でフランスのレーベルから連絡があったという。現在は特に国外で多くの支持者を得ている。『できれば日本で活動したいのだが、日本のレーベルからは反応がない』と言う。2011年には、マドリードで開かれたレッドブル・ミュージック・アカデミーに参加した。2012年は、タイガー・トランスレートに招待され、ニュージーランドにて曲を制作した。ニュージーランドでは、地元の映像アーティストとコラボレーションし、音楽映像をつくりあげた。

ヨシ・ホリカワ
Photo: Tiger Translate

幼い頃から曲をつくっていたと聞きました。どんな子供だったのですか?

昔から「ものづくり」が好きで、感動したものは何でもつくりたいというたちでした。オモチャも家にほとんど無かったから、友達のオモチャを一晩借りて真似てつくって、喜びを感じていました。

なぜ音楽をつくり始めたのですか?

音楽は親父も母親も好きで、家でジャズばっかりかかっていて、僕はブラックミュージックが好きなんやみたいな。なんかああいうリズムが好きっていう意識が生まれました。小学5年くらいかな。

音楽も自分でつくりたいと思いました。でも楽器も何もありません。あるCDのジャケットに、ヘッドホンに向かって叫んでいる人の写真があって、そのCDを聞いたら、曲に籠った声が入っていました。『ひょっとしてコレ、マイクになるのかな?』と思い、ラジカセのカラオケミックスみたいなところに挿してみたら、見事に録れると分かりました。ああこれで曲がつくれる!って。それから周りのモノを叩き始めました。これが最初です。とにかく何でもつくりたいという、昔からの癖というか、生き方そのままです。

大学では建築を勉強したそうですね。そのまま建築の道に進むことは考えなかったのですか?

ピアノは習っていましたが、練習が好きじゃなかったので、音楽をメインの道にしようとは本当は思っていませんでした。建築だと考えていました。そこまで自分は力無いと思っていましたし。だから「ものづくり」という意味で、設計の方が自分に合っていて、音楽は趣味だと思っていました。

P_WtLuxYZ23gkf0-45Fj0HouMJ6B0mQsQVex_E7Phms.jpg
カレカレビーチで波音の録音。 Photo: Tiger Translate

しかし、音楽を趣味だけにしておけなくったのですね。

サウンドスケープという、「おとづくり」と「ものづくり」の間みたいなことをやっている人がいます。建築の一部に音の仕掛けをつくったりします。その事務所に2年ほど行って、少しずつ音の方にシフトして来ました。建築音響の仕事もしました。今もまだ建築音響もやっていて、音楽だけで食えれば辞めちゃおうかなと思っています。

とても科学的に考えて制作しているのですね。

「ものづくり」には絶対技術が伴っていると考えています。そもそも「アート」という言葉には、技術という意味も本来備わっていると聞いたことがあります。技術が伴ってこその「ものづくり」です。音楽だったら、なぜこの音がこんなにカッコいいのか、何ヘルツの周波数が体に心地良いのだろうなど、技術的な側面からつくるのが好きです。

Y2HRHla2tC9nWFIrM6kd7xOofov1SNBKImu9uE5yv9I.jpg
録音の際に足がほんの少し動いただけでも影響してしまう。同行者たちはみな静かに録音を見守っていた。 Photo: Tiger Translate

どんなことに注意して録音しますか?

あ!これは録っておきたい!というのがあります。録りたいと思ったときにすぐ録れるようにマイクのセッティングを考えました。それに風よけをしています。風にふかれてしまったら、ボソボソボソという音がして使い物になりません。致命的です。

ilmXpI5Yn9bZHlih6abZcN1bQ70Ad4kizF2xvPpJD7M.jpg
ヨシと映像アーティストのトム・グールドはヨシの映像を撮影した。Photo: Tiger Translate

制作過程を見せてもらいました。録音した音をパソコンに取り込んで、それから曲をつくっていました。驚いたのは、音をそのまま使うのではないところです。

やはり自分の耳で聞いたのと、録ったのとでは違います。例えば人間の耳には響いているように聞こえていても、録音したものは響きが思った以上に録れてないというのはよくあります。そういう場合に自分のイメージに近づけるような手の加え方をします。けっこう加工してたでしょ。(実際に、森でとった鳥の声は現地で聞いたものと、録音とで違う印象だった。それにエコーをつけたことで、森の空気感が再現された。加工することで、よりリアルになった。)ああいうことはよくやります。やりすぎると原型を留めません。できるかぎり生々しさを残した上で、でも最終的に曲として面白くなかったら、何の意味もない。そこを自分のさじ加減1つというか、最も難しいところです。

今は全てパソコン上で操作できる。それだけでは面白くありません。だから、録音して制作するということをしていてよかったと思います。

P1090612.jpg
ヨシが形にした音を、トムが聞いて映像をつくる。それからヨシとトムは2人で作業スペースに籠り、お互いに意見を出し合いながら一緒に映像と音楽を制作した。Photo:: Hiromi Nomoto

作品制作の過程でどのようなことを考えているのですか?

曲「Skipping」(縄跳びの音でできている曲。ヨシ自身の兄弟たちの幼い頃の声も入っている )は、最初つくっていて、ダサイなぁ、これは無理だなぁ、と思いました。いつも必ずそういう瞬間があって、でもなんとか使えるようにしようとします。違う音を1つ足したら急に面白く聞こえるようになったり、ちょっとしたことで変わります。途中で投げ出したら全部パーです。諦めずにやってよかったということがよくあります。やっていくうちに、これはいけそうと分かるようになってきました。

ニュージーランドの制作では、あなたは録音に1日、音楽制作に1日、コラボレーションに1日というような、時間的に厳しい状況でしたね。録音の翌日の1日で音楽の大きな形をつくりあげてしまいました。

こういう音は失敗しないとか、そういう慣れが重要で、それを未だに探っいては、あそこまでできません。これは失敗しないとかいうのをライブラリー化していて、その引き出しにあるものだけ使います。限られた時間の中でできるだけのことをする。マイナスの意味だけではありません。ただ、自分で曲を一からつくるときは、自分の引き出しに無いものをやろうという意識があるので、時間がかかります。

音楽映像作品「Aoteaora」(マオリ語でニュージーランド) ヨシと映像アーティストのトム・グールドとのコラボレーションによる

タイガー・トランスレートに出演した感想、舞台上から感じた観客の反応などをお聞かせ下さい。

以前ニュージーランドの友だちから、ニュージーランド人は日本人と似てシャイな人が多いと聞いていました。実際ライブを始めて、なるほどと思いました。お客さんは沢山入ってくれていましたが、舞台から2、3メートル離れたところに立っていて、しばらくは近寄ってもらえず、しかも棒立ちに近い感じでした。不思議とこの状況に親しみを感じて嬉しくなりました。数曲目にはだいぶほぐれてきて踊ってくれる人が増えて来ました。

普段海外でライブをする際には、日本とこうも違うかという程、人目を気にせず踊りまくっている人が多く、反応がすごくいいです。そういう経験からも、よりニュージーランド人と日本人の共通性が見えたように思いました。

em9hLaUhMSs_seVpwBHjd9hcNvyzbnVJG-MKI7liZA8.jpg
タイガー・トランスレート当日のライブの様子 Photo: Tiger Translate

ニュージーランドで、録音、音楽制作、コラボレーションをしました。そして、多くの人々との出会いがありましたね。

ニュージーランドで、そこの映像作家と、現地で録音した多くの自然音、原住民であるマオリ族末裔の人の言葉、伝統的な楽器とその演奏など、沢山のニュージーランド文化に囲まれて制作することができました。僕の制作スタイルを良く知っている関係者がいたこともあって、恵まれた環境を用意してもらえました。

roQDEFm0nAjsOOnFJoZv2IHOVqaF5By9LAIZLhhU4Pg.jpg
カウリの森でマオリの伝統楽器奏者のリキ・ベネットの演奏を録音した。この時に録音した音は「Aoteaora」によく登場する。Photo: Tiger Translate

あなたがニュージーランドに来たことで生まれたものはありましたか?

タイガー・トランスレートで、ニュージーランドに呼ばれた日本人として何ができるか、何を期待されているかを考えました。必ず成果を残さなければという責任感も常に感じていました。ニュージーランドの文化を紹介する為ならば、ニュージーランドを良く知った現地の人たちだけでつくった方がいいに決まっています。しかし、あえて外からの目と耳を入れることでしか生まれない何かがあるのも事実です。ここで期待されるものはそういった文化や感性の交わりなのだと思うようになってからは、比較的伸び伸びと感じたままに制作を進めることが出来ました。ライブの感想を伝えてくれた観客がいました。「ニュージーランド人の自分が日本から来た人にニュージーランドについて教えられたようだった。」という言葉を聞くことができて、この滞在がより意義のあるものになりました。

今後どのように発展していきたいかをお聞かせ下さい。

世に出るにあたって、自分が何者かというのを人に分かり易く示す必要があると思います。今は音楽、その中でも人がどのように聞けばいいか分かり易い音楽、例えばクラブシーンでちゃんと聞けるようなものにしておくとか、踊れる要素を入れようとかを考えてやっています。抽象的な表現も好きですし、メロディーが無いと成り立たない音楽とは違うものも展開したいです。まさに聞いただけで風景が目に浮かぶようなものなど。サウンドデザイナーを始めて4、5年経ちました。正直10年もやっていればアイディアは尽きて来ると思うので、いろいろと広げていきたいです。10年後には違うスタイルが確立出来ていればいいなと思います。

それから、「ものづくり」が好きですし、物質、物体が好きなので、1人でできる範囲で空間と物質との兼ね合い、インスタレーション的なものもやっていきたいなと思います。

P1090581.jpg
ニュージーランドの音楽番組に出演するためにラジオ放送局95bFMを訪れた。他の取材やインタビュー、ラジオ出演にも時間を縫って応じていた。 Photo: Hiromi Nomoto

具体的な予定はありますか?

具体的には、アルバムを完成させます。作業自体を年内に終えられるかどうかです。出せるとしたら2月か3月です。イギリスのレーベルなのですが、アルバムを出したらイギリスを中心にツアーをしようと言ってくれています。今はアルバムのことで頭が一杯です。

Text: Hiromi Nomoto
Photos: Tiger Translate, Hiromi Nomoto

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE