NIKE 公式オンラインストア

伊藤綾香

PEOPLEText: Yuji Shinfuku

色鉛筆のみのハンドメイドでデザインされた色彩豊かななサーモン。プログラマーと共同で制作したというまるでペンで走り書きされた様なポートレイト写真。その多種多様な作品達は様々な表情を持ち、我々の考えるデザインという枠を超え見る者を魅了する。

横浜で生まれ、現在ニューヨークを拠点に活動するデザイナーの伊藤綾香の作品は、様々な媒体を通してウェブデザイン、グラフィックデザイン、イラストレーションを使い分けるも、常にカラフルで楽しいイメージにあふれている。アメリカの大学でインタラクティブデザイン、コミュニケーションデザインを学んだという彼女は、ウェブ、紙媒体、立体作品、映像などを用いジャンルを横断した活動をされている。そのスタンスはグラフィックデザイナーというよりかどちらかというとクリエイターというほうが近いのかもしれない。ニューヨークという異国の地で活躍されている彼女のパッションと創作の秘密について伺った。

portrait.jpg
Portrait, Scribbed Line People, Ayaka Ito

自己紹介をお願い致します。

伊藤綾香。1988年生まれ、横浜市出身のグラフィックデザイナー、イラストレーターです。現在は、ニューヨークでファッション/アート中心のクライアントを持つグラフィックデザイン会社「Ro&Coスタジオ」に勤めています。

綾香さんの作品はイラスト、デザイン、映像などの要素がミックスされているように感じるのですが、ご自身の中でそれぞれの振り分けの様なものはありますか?

正直振り分けようと思った事はあまり無いですね。常に思いついて作りたいと思ったものは何でも挑戦して作っていくので、そのために必要な技術があれば、トコトン学んで新しい作品に取り込むことを心がけています。ですから、自分の職業はグラフィックデザイナーやイラストレーターより、クリエーターと言った方が正しいかもしれません。

「Scribbed Line People」という作品や「Paper Letters」という作品では普通のグラフィックデザインには見られない様な技巧が凝らされていると思うのですが、どのような過程でこれらの作品を作る事になりましたか?

「Scribbed Line People」(走り書きされた人々)は、ローチェスター工科大学で知り合った同僚のランダル=チャーチと2008年に始め、2012年の現在まで制作したものです。当時大学では、ニュー・メディア・デザイン科でインタラクティブデザインからプログラミング、写真、3D、など様々な物を学んでいました。

ayako_ito_scribbled_line_people3.jpg
Scribbed Line People, Ayaka Ito

パートナーのランダルは、プログラミング(当時はよく使われていたFlashプログラミング)が得意で、私は写真でアートを作るのが好きだったので、共同作品を作る際に二人の情熱と統合するとどんな可能性が生まれるかと自分達に尋ねた結果がこの作品でした。

img_01_905.jpg
Paper Letters, Ayaka Ito. Photo of magazine provided by Jeff Line

「Paper Letters」は、大学卒業後インタラクティブデザイン会社に勤めて居た頃、自分のデザインスキルをもっと高めたいと思い、タイポグラフィーの勉強に励んで居た頃に作った作品です。もっと手を細かく使う物を作りたいと思い、家にたまたま色紙が置いてあったので、それを使って文字を作ってみました。それをたまたま雑誌や本に載せて頂けたので、本当にありがたいです。

続きを読む ...

【ボランティア募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
スネハ・ディビアス
MoMA STORE