アート・ベルリン・コンテンポラリー 2012

HAPPENINGText: Kiyohide Hayashi

秋といえばベルリンのアートシーンが最も盛り上がる季節だ。その理由は世界各国のギャラリーが一堂に会し、美術作品を販売するアートフェアが開かれるからである。そこへは作品購入を目当てに世界各地からコレクターが訪れるため、アートフェアに参加しないギャラリーも彼らの目を引こうと時を合わせてオープニングレセプションを開く。また美術館やアーティストもこの盛り上がりに合わせて多数のイベントを開催するのである。こうした年に一度しかないアートの祭りの中心にはアートフォーラムベルリンと呼ばれるアートフェアがあった。しかし今やそれは存在しない。現在ベルリンで見ることができるのはabcと呼ばれる新しいスタイルのアートフェアの姿だ。

アート・ベルリン・コンテンポラリー 2012
abc opening. Photo: © Stefan Korte

art berlin contemporary」(アート・ベルリン・コンテンポラリー)、略して「abc」は2008年から始まったものであり、本年で5回目の開催となる。今年は9月13日から16日までの4日間、ベルリン中心部にあるかつての郵便物用駅舎であった広大なスペースで開かれ、ベルリン、ニューヨーク、パリ、ロンドン、ウィーンなど各都市から129軒の国際的なギャラリーが参加している。abcが自らを革新的アートフェアと呼ぶように従来のものとの違いは一目瞭然となっている。通常見られる小さく区切られ販売に適した小作品や絵画で満たされたブースをここで見ることは無い。広大な会場の中で視界を遮るものは巨大な作品ぐらいである。そしてギャラリーが与えられたスペースで見せるのは一人のアーティストであり、その紹介に重点を置いているのだ。

ChristophKeller_byMarcoFunke_19.jpg
Christoph Keller. Photo: © Marco Funke

実際に会場を歩けば、アートフェアらしからぬ作品に多く出会う。例えばベルリンのギャラリーエスター・シッパーが紹介するクリストファー・ケラーの作品のように。展示スペースには旧式のキャンピングカーが置かれており、その中に入ることができるようになっている。運転席部分には古めかしい民族学の映像が映し出されており、車内に座って作品を鑑賞できるようになっていた。この作品は強い体験性によって馴染みのないテーマへと近付けさせ、アートフェアにいることを忘れさせてくれるものだった。

TimmUlrichs_abc_creditStefanKorte.jpg
Timm Ulrich. Photo: © Stefan Korte

同じくベルリンのギャラリーヴェントルップでは、ティム・ウルリッヒが巨大な木造の構造物を見せていた。彼の作品は平屋の建物にも見えるが、そこには壁が一切なく、あるのは柱と扉のみ。作品内にある多数の扉はきしんだ音を立てながら自動で開け閉めが繰り替えされている。壁の無いアートフェアでの壁の無い作品には、多くの来場者が導かれるように引き込まれていた。

DavidAdamo_byMarcoFunke_5.jpg
David Adamo. Photo: © Marco Funke

またロンドンのギャラリーIBIDが見せるデヴィッド・アダモの作品は、巨大でも派手でもないものだが強い印象を残している。展示スペースのコンクリートの床には柱のような木の角材を削り出したものが並ぶ。一方でスペース横に延びる階段にもはみだすかのように同様の作品が置かれている。彫刻の本質と向き合おうとする作品は無機質な展示空間を取り込み、作品そのものだけでなく展示空間へと視線を向けさせるものとなっていた。

InstallationView_abc_creditStefanKorte.jpg
abc Installation view. Photo: © Stefan Korte

それ以外ではギャラリーカリエ | ゲバウアーローザ・バルバの映像のあり方を探る作品や、ギャラリーKOWクレメンス・フォン・ウェデマイヤーによる場所と映像の関係を扱うインスタレーション作品、そしてギャラリーマックス・ヘッツラーモナ・ハトゥムによるアーティスト自身の生い立ちを伝えるポリティカルな作品のように、いずれのギャラリーも個性的な作品を競うように展示をしており、abcの特殊性を更に強めていた。

People_byMarcoFunke_5.jpg
Photo: © Marco Funke

こうしたabcの特徴は、作品販売を至上とするアートフェアに対向して、作品販売も行う展覧会として多くのギャラリーが集まって始まったことに起因している。開催初期の頃にはテーマが設けられており、2009年にはパブリックスペースでのアートプロジェクトのアイデアをテーマに参加ギャラリーは作品を展示していた。ただし同一形態の机を利用して作品を展示することが条件となっており、机を展示作品の台にするもの、プロジェクター用のスクリーンに用いるもの、机そのものを変形させ作品にしてしまうものさえあった。そこではコレクター向けの商品と化した美術作品を見ることはなく、ギャラリーやアーティストのテーマに対する取り組みが見られ、美術作品が本来あるべき姿として並ぶ展覧会にもなっていたのだ。このようなabcの企画や作品を中心とした構成は、作品販売を中心に構成されたアートフォーラムベルリンと強烈な対比を生み出し、アートフェアのあり方を深く考えさせるものとなっていたのである。

そして2011年このようなライバル関係にあったアートフォーラムベルリンが中止となり、以降ベルリンの秋のアートシーンはabcの独壇場となっている。不安視されたアートフォーラムベルリンの不在はabcの独自の発展に補完されたということができるだろう。2011年の開催の際には絵画作品にテーマを絞り、コレクター好みのものに対応している。そして本年の開催にいたっては特定のテーマを与えることなく、より自由な形で各ギャラリーは展示を行うことができるようになったのだ。こうしてabcは本来の性格を保ちつつも通常のアートフェアの性格を兼ね備えることになっていく。

現在のabcの姿はベルリンの混沌としたアートシーンから生み出された状況の産物と言うことができるかもしれない。ただし結果として二つの傾向を持つことにより、従来成し得ないことが成立している。それはアートフェアでの「アーティストを紹介する場」と「作品を販売する場」の両立である。アートフェアの過度な商業主義の追求はアーティストを商品制作へと駆り立てることになり、そこでの美術作品のあり方については常に批判が生じている。しかしギャラリーは作品を販売することなくアーティストを紹介し続けることはできない。まして作品販売のために多くのコレクターを引き寄せるアートフェアは必要不可欠なのである。ただし、そこではコレクターのみを対象にするのでなく、それ以外の人々にも作品を紹介しなくてはいけないのだ。今回のabcでは、その問題の解決を見出そうとしていたと言えるだろう。少なくともここでは様々な人々が混じり合うことが可能となっていた。新しい美術作品を目当てに訪れる一般客。作品の販売とアーティストの紹介を行うギャラリーのギャラリスト。作品購入を目的としてやってくるコレクター。そして自らの作品を「美術作品」として展示を行うアーティスト。様々な人々が行き交うことになったabc は新しいアートフェアの姿をアピールすると共に、まだなお新しいものを生み出そうとするベルリンのアートシーンの底力を強く印象付けたに違いない。

art berlin contemporary
会期:2012年9月13日~16日
会場:STATION-BERLIN
住所:Luckenwalder Strasse 4-6 10963 Berlin
入場料:8 Euro
http://www.artberlincontemporary.com

Text: Kiyohide Hayashi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE