ダミアン・ハースト回顧展

HAPPENINGText: Mike Sullivan

英国現代アート界の風雲児、ダミアン・ハーストの大回顧展

常に刺激的ではっとさせる作品を発表し続けてきたダミアン・ハーストの過去20年の代表作を集めた大回顧展がテート・モダンで開催される。ダミアン・ハースト(1965年生まれ)は、1980年代からイギリスのアートシーンだけではなく、国際的に偉大な影響力を与えているアーティストのひとり。ロンドンのゴールドスミス大学にて美術を修学。1988年に初めての展示会を開催。1990年代から彼の活動の力強さはより勢いを増し、1993年にベニスの国際展示に参加した後、1995年にはターナー賞を受賞。1997年には自伝を出版している。

テート・モダンは、テムズ川沿いに建つ少し変わった建物。元々1947年から1963年の間は、電力発電所だったここは、高い煙突がひとつついたレンガ造りの建物で、地域の中でもひと際目立っている。1996年から2000年の間にアートギャラリーとして運営され、2000年5月にオープン後は、40億人以上の来場者が訪れ、ロンドンでは最も注目されている場所である。特別な展覧会が開かれる場合は入場料がかかるが、基本的に入場料は無料。14の展示室とショップを利用して展覧会が開催される。

ニューポート・ストリート・ギャラリー ダミアン・ハースト
Damien Hirst “Beautiful, childish, expressive, tasteless, not art, over simplistic, throw away, kid’s stuff, lacking integrity, rotating, nothing but visual candy, celebrating, sensational, inarguably beautiful painting (for over the sofa)”, 1996. Household gloss on canvas and electric motor. © Damien Hirst and Science Ltd. All rights reserved. DACS 2012. Photographed by Prudence Cuming Associates

最初の3つの部屋には、ハーストのスポット・ペインティング・シリーズが格子状に並び、色鮮やかなカラースポットは、めまぐるしいほどの光景だが、きちんとしたメソッドで構成されている。また、そこには1988年に初めて公開された彼の写真「With Dead Head(死人の頭と共に)」(1991年) が展示されている。作品には、実際に死人と並び、ポーズをとっている姿を見ることができる。「The Medicine Cabinet(薬品箱)」(1992年) は、症状や体に合わせた薬品が並び、ここ数年でつくられきた様々な種類の薬を一度に見るのはとても印象深い。ハーストは、母親の薬に頼り切る様子からインスピレーションを受けたというが、芸術としての価値は懐疑的である。

ニューポート・ストリート・ギャラリー ダミアン・ハースト
Damien Hirst “The Physical Impossibility of Death in the Mind of Someone Living”, 1991. Glass, painted steel, silicone, monofilament, shark and formaldehyde solution. © Damien Hirst and Science Ltd. All rights reserved. DACS 2012. Photographed by Prudence Cuming Associates

その次の作品は、この中でも最も話題になった作品「A Thousand Years(千年)」(1990年) というタイトル。ガラスケースに牛の頭と無数のハエを放ち、蛆は牛の頭を食べてハエになり、死んだハエはそのままになっている。生と死の人生のサイクルを表現しているが、残酷で臭いも想像を絶する。ある来場者は、「無知」だと言い、次の部屋へと去った。だがしかし好き好まなくても、現実であることは変わりなく、人々を考えさせる。これが真のアートといえるのだろう。また、ハーストの作品の中でも象徴的な作品、「Physical Impossibility of Death in the Mind of Someone Living(生者の心における死の物理的不可能性)」(1991年) は、ガラスケースにホルマリンで漬けたサメを保存。その口は大きく広げていて、今にも獲物を食べるようにも見える。目的としては、観るものに恐怖を感じさせること。

SympathyinWhiteMajor.jpg
Damien Hirst “Sympathy in White Major – Absolution II”, 2006 (Detail). Butterflies and household gloss on canvas. © Damien Hirst and Science Ltd. All rights reserved. DACS 2012. Photographed by Prudence Cuming Associates

4つ目の部屋には、「The Acquired Ability to Escape(脱出する能力)」(1991年) と「Dead Ends Died Out」(1993年) を展示。デスク、灰皿、煙草をガラス容器を置くことで一定の距離ができ、抑制や孤独、フラストレーションを感じさせた。また、その2点目の作品は、棚に煙草の灰が置かれ、消火されたことを示唆している。5つ目、そして6つ目には、生き物がアートとして展示される。「In and Out of Love(揺れ動く恋)」(1991年) では、美しい蝶が部屋のを飛びまわり、花や砂糖水を与えることができたり交尾することもある。その隣の部屋には、カラフルなキャンバスが展示され、そこには蝶の死骸が埋め込まれていて、テーブルには煙草の吸い殻などが置かれている。生と美を語り、それと同時に醜い死の摂理について表現している。

7つ目の部屋では薬品箱が再び現れ、薬局を配置することで境目を強調。8つ目の部屋にはスピン・ペインティングがターンテーブルに置かれていて、さまざまな色合いの注がれていることで動きがでて、自由な形と色鮮やかさが豊かに表現されている。また、同時に「Loving in a World of Desire(欲望という世界を愛して)」(1996年) という巨大なビーチボールで制作された作品も展示されている。

Sinner.jpg
Damien Hirst “Sinner”, 1988. Glass, faced particleboard, ramin, plastic, aluminium, anatomical model, scalpels and pharmaceutical packaging. © Damien Hirst and Science Ltd. All rights reserved. DACS 2012. Photographed by Prudence Cuming Associates

続く部屋には、多くの話題を呼んだ作品「Mother and Child Divided(引き裂かれた親子)」(1993年) は、母親の牛と子牛がそれぞれ半分に割れて、ホルマリン漬けにされている。その間を歩く人々は、牛2頭の内蔵や器官などをじっくり観察することができる。たが、多くの人々はこの作品に抵抗を覚えた。また、「Crematorium(火葬)」(1996年) という作品は、大きな灰皿の中に煙草の吸い殻と灰が溜まっていて、死を象徴している作品といえる。

10番目の部屋は、薬と薬局を共に手術器具、教材を揃えて展示。11番目の部屋には、再び蝶が取り入れられ、まるで教会のステンドグラスのような複雑なパターンで配置された死んだ蝶の美しさで宗教を表現する。部屋の中心には、白い大理石で出来た彫刻からの角度はパーフェクトなアングルだが、違った再度からは内蔵が見える。

最後の部屋には、「Black Sun(黒い太陽)」(2004年) が偉大な存在感があるが、よく観察するとハエの死骸が表面に埋め尽くし、太陽がもたらす生と死を表現している。その他、「Black Sheep(黒い羊)」(2007年) や「Beautiful Inside My Head Forever(私の中では永遠に美しい)」(2008年) などが展示され、「The Incomplete Truth(未解決の真実)」(2006年) では、ハトが吊るされている。それは平和を表し、神聖な精神や希望を伝えているが、一方でそのハトは死んでいてもう二度と飛ぶことができないのだ。

ダミアン・ハースト展
会期:2012年4月4日~9月9日
開館時間:10:00~18:00 (金・土曜日は22:00まで)
会場:Tate Modern
住所:Bankside, London SE1 9TG
入場料:14£
TEL:+44(0)20 7887 8888
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/damien-hirst

Text: Mike Sullivan
Translation: Frances Jyo

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE