ソフィー・バン・ダー・ペレ

PEOPLEText: Celeste Najt

ソフィー・バン・ダー・ペレはアムステルダム在住のエネルギーにあふれた若い写真家だ。彼女はベルギーのとても小さな村に生まれ、6年前の19歳のときにこの大きな都市に移り住んだ。彼女のそんなルーツが、女の子達と自然を用い、すべてが空想的雰囲気に包まれた卓越した構成を生み出しているのかもしれない。最近ではファッション写真に一歩ずつ踏み出している彼女だが、次の作品がどんな素敵な作品になるか楽しみだ。

Sophie van der Perre

最近の活動を教えて下さい。

最近はファッション関係の活動に専念していました。今まではなかなか定まらずにいたのですが、ファッションを重視した作風に移行し活動しています。主に若いファッションデザイナーやスタイリストの方と働いています。

sophie-van-der-perre1.jpg
© Sophie van der Perre

写真のどんなところが好きですか?

写真は私を自由にしてくれます。自分の作品の中に純粋さと感情を表現するのが好きですし、他の人の作品もそういう部分が一番素敵だと感じます。色、自然、そして美しい古い家を撮ったりするのも大好きです。写真の最も好きな所は作品に感情、特に自分が忘れられない感情を込めることができるところです。その感情はその瞬間を表現し、見る人が作品を通してそれぞれの世界をつくっていけるのです。

sophie-van-der-perre4.jpg
© Sophie van der Perre

美術と写真、どちらを学びましたか?

私は写真学校へ通いましたが卒業はしていません。学校はうまくいっていたのですが、突然旅をして世界を見たいと言う気持ちに駆り立てられたからです。そして写真における自分の視点を見つけることができました。旅行のあとは全てが早く進み、多くの展示を行いました。学校がまた始まるというとき、ニューヨークのライアン・マッギンリー氏の元でのインターンシップの話がありました。学校に戻るか、インターンシップをするかの選択肢から、後者を選びました。

sophie-van-der-perre5.jpg
© Sophie van der Perre

ライアン・マッギンリーとの活動はどのようものでしたか?

素晴らしかったです。ニューヨークは最高でした。他にもライアン氏と共に活動する活気ある人たちと出会いました。彼のところには、若くて創意に富んだ素晴らしいチームがありました。ライアン自身も素敵な方で、刺激を与えてくれます。彼はアムステルダムに彼自身の展示のオープニングの為に来て、私の友人数人を撮影しました。彼の仕事の様子を見れたことは、他にはない経験でした。

sophie-van-der-perre6.jpg
© Sophie van der Perre

あなたの作品は繊細でプライベートな世界を見せているようですが、撮影はどのように行っているのしょうか?作品の原動力は何ですか?

2つの方法があります。一つは、たくさんの洋服を用意し友人たちと撮影をする、そしてとにかく楽しむ方法。または、全てが準備された状態でスタイリスト、本物のモデルたちとチームで一緒に撮影をする方法。私はいつも最初に場所を見ますが、この場合だいたいがセットの中で行われます。

sophie-van-der-perre7.jpg
© Sophie van der Perre

撮影をする時、どういったことに注意しているか教えて下さい。

モデルの性格と環境の組み合わせですね。その人の動き、色、その気持ちだと思います。

sophie-van-der-perre9.jpg
© Sophie van der Perre

あなたの作品を要約する為に一枚の作品を選ばなくてはならないとしたら、何を選びますか?

この写真が私の作品を最も表していると思います。自由で、若くて、無謀な感じでとても好きな写真です。

sophie-van-der-perre10.jpg
© Sophie van der Perre

この数年で撮影スタイルに変化はありましたか?

はい、私のスタイルは変わったと思います。自分自身よりも他の人の方が変化は見えると思いますが。あなたにも私が成長した様にみえていると良いのですが、私自身、成長したような気がしています。

なぜ写真家になろうと思ったのですか?

簡単な事ではありませんが、自分自身で自分に動機を与えなくてはいけないと感じます。デジタル写真の影響で写真は手軽になりました。人が私のやっている事が好きだと言ってくれるととてもやる気が出ます。続けて行くパワーがもらえます。作品を展示する機会が常に自分の夢です。

今後のあなたのプロジェクトを教えてください。

現在デザイナーの方々と新しい撮影を開始しています。そして今年の終わりにローマとパリで行う展示の準備をしています。

日本の読者の方々にメッセージをお願いします。

是非アムステルダムに来てください。素敵な街ですよ!

Text: Celeste Najt
Translation: Meiko Maruyama

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
チーヤン・チェン
MoMA STORE