TOKYO FRONTLINE 2012

HAPPENINGText: Yu Miyakoshi

トーキョーの新しいアートのセレクトと開発。

allview2.jpg
Photo: Yu Miyakoshi

「同時代のアートの力」を増幅させることをミッションとするアートフェア「TOKYO FRONTLINE」(トーキョー・フロントライン)。2年目を迎える今年も「3331 Arts Chiyoda」(アーツ千代田3331)を舞台に「g3/」(トリプルジー)や Gallery HAM などのアートギャラリーのほか、「B GALLERY + TOKYO CULTUART by BEAMS」や「hpgrp GALLERY TOKYO」といったファッション業界発のギャラリーや、伊勢丹新宿店、三越日本橋本店、銀座三越のショーウィンドウをサテライトに開催された「KISS THE HEART」など、様々な分野からの参加者を迎え開催された。

natsumi_hayashi.jpg
「Today’s Levitation 02/11/2011」 © Natsumi Hayashi, Courtesy of MEM

今回のポスターに使用され、マネキンのような女の子の写真が印象的なのは「MEM」の林ナツミ。浮遊する少女のセルフポートレート写真は昨年「よわよわカメラウーマン日記」というホームページに公開され、国内外で話題に。ツイッターやフェイスブックでブレイクという、一過性の拡散方法でありながら、写真には癒されるような、飽きさせない魅力がある。林氏は現在、アーティストのアシスタントをしながら、ホームページを更新。目下の目標は「浮遊シリーズ」をコンプリートするということだそうだが、この先もどんな瞬間を見せてくれるのか、楽しみ。

pelelight.jpeg
「メタ・モルフォス – Meta.Morphos」 © Maki Toshima, Courtesy of MEM

同じMEMから紹介されていた戸島麻貴の「メタ・モルフォス」も、ストレートに美しさを表現していて印象的だった。標本箱の中に閉じ込められた蝶が動きだし、羽を閉じたり開いたりを繰り返していたかと思うと、やがて大きく羽ばたき、箱の外へと飛び去ってしまう。戸島氏はこの作品で、美しいものを様々なメディアによって留め置きたいという人間の願望と、テクノロジーより尚、拡張し続けるイマジネーションの自由さを、標本箱と架空の蝶になぞらえて表現したという。こうしたトリックのメディアアートは今までにもあったように思うが、戸島氏の作品には、新鮮な驚きを覚える。想像の世界が現前した世界観には、手技というよりも一種のマジックが働いているような気がする。

120216_Yana-aluminum_01.jpeg
「Polygon-Double Yana (study)」名和晃平, Courtesy of SCAI THE BATHHOUSE Photo: Sho Ogasahara (SANDWICH)

キュビズムのような造形が目をひく名和晃平の「Polygon-Double Yana (study)」。この作品はオンラインストア「Living with ARTS」から出品されているが、ウェブで販売されているのはこの1/3モデルではなく、名和氏が申し込み者(又はその方から指名を受けた人)を彫像にするというオーダーメイド作品。全身を3Dスキャンし、そのデータからアルミの彫像を削り出していくというから、まるでアーティストにクローン制作をオーダーするような、不思議なコミッションワークだ。また、オーダーをした方はアルミ素材の作品「Mirror」のほかに、大小のガラスビーズで表面を覆う「PixCell」を選ぶこともできる。

koyama.jpg
左2点「SANDWICH Textures」シリーズ 名和晃平 x 小山泰介, 右「Melting Rainbows」シリーズ 小山泰介 Photo: Yu Miyakoshi

また、「SELECTED ARTISTS SHOWCASE: emotional material」に展示されていた、小山泰介と名和氏によるコラボレーション作品「SANDWICHTextures」シリーズのプリントも、群を抜いた存在感を放っていた。

kim.jpg
メインギャラリーのエントランスを飾った金光男作品 Photo: Yu Miyakoshi

京都に、名和氏が主宰するスタジオ「SANDWICH」がある。サンドイッチ工場をリノベーションしたスタジオにアーティストやデザイナー、建築家など様々なジャンルのクリエイターが集い、活発なコラボレーションを展開する創作のためのプラットフォームだ。「SANDWICH by KOHEI NAWA」ブースには、神話的な文様で絵画や壁紙を描く松本尚、子供のような発想で身の回りのものを作品に変身させてしまう山下拓也、キューピーを用いて人間が愛を維持しようとする姿を表現した「あいはらびーずすとあ」など、さすがアーティストのキュレーション、と思わされる面白い作品ばかり。イメージを黒いボーダーのグリッドで縛り、内包されたものが崩れていくのを崩壊するがままにしておく、という相反する手法で印象的だったのは金光男の作品。洗練されたイメージながらも、作品の奥に渦巻くような底力を感じさせ、これからどんな一面がひきだされていくのか、期待が湧いて来る。

dinchinchung2.jpg
「Vacant Room」 © DIN Chin-Chung Photo: Yu Miyakoshi

今回、とてもパワフルな風を感じたのは台湾より参加の「Galerie Grand Siecle」(ギャラリー・グランデ・シエクル)の一角。ディン・チンチュン(丁建中)の「空いている部屋」シリーズは、電化製品から発される不穏な音と共に光が回転する様子を写した映像作品。荒涼としたイメージの奥底から感じられる原始的な振動が心地よく、不思議な映像に時間を忘れて見入ってしまう。この映像は長回しで撮影されたものではなく、回転する光を撮った画像を1000枚以上つないで作られたものだという。洗練された作品が並ぶ中、「空いている部屋」のいい意味で荒削りなところが残された表現は、ストレートに心と体に響いてくる。

CHENPinHua.jpg
「Ghost in the Phone」 © CHEN Pin-Hua Photo: Yu Miyakoshi

同じく「Galerie Grand Siècle」から紹介されていたチェン・ピンファ(陳斌華)の「ゴーストの電話」は、iPhoneに登録された偉人のイメージを写した作品だ。アーティストは、自身の電話帳に記されている既にいなくなった人の連絡先を眺めていると、徐々に昔の記憶が浮かんで来る、という体験に基づいてこの作品を作ったという。頭の中に度々浮かぶ人物の情報を iPhone の電話帳に入れ、暗い部屋に置いて電話をかける。そしてその着信記録を、邂逅の記録として写真に残す。チェンビンファは歴史を学んだ経験もあり、現代の装置を、記憶を表現するものに利用してしまった。この作品を通して見ると、写真が現代的なイコンに見えてくる。

yukenteruya.jpg
「Heroes – ウルトラマン」照屋勇賢 Photo: Yu Miyakoshi

Maki Fine Arts(マキ・ファインアーツ)では、「六本木クロッシング2010展」で発表された「告知―森」が印象的だった照屋勇賢の最近のシリーズを発見。照屋氏は現在ニューヨークにスタジオをかまえ、群馬県の前橋市で行われている「未来の芽 里親プロジェクト」に参加したり、自身の故郷である沖縄の工房と連携し制作をしたりと、日米を横断した活動を行っている。最近のシリーズ「Heroes」では、沖縄に伝わる紅型染め(びんがたぞめ)という染色技法を用いて、沖縄民権運動の瀬長亀次郎や、バラク・オバマ、アメリカ原住民のジェロニモといった、自身や誰かにとっての「英雄」を描いている。照屋氏の作品は色鮮やかで一見楽しげだが、奥に社会的なメッセージが潜み、アーティストとして真摯に表現していこうという姿勢が伝わって来る。

yoikawakubo.png
「The Waterfront」シリーズ © Yoi Kawakubo

スペインに生まれ、一般大学を出ていながら、学生の頃に世界一周旅行に出たことがきっかけで写真を撮りはじめたという、今回「hpgrp GALLERY TOKYO」から出品されていた川久保ジョイ。その経歴に想像をかきたてられてしまったせいもあるのだが、川久保氏の写真には、自由を選ぶ人ならではの視点で捉えられた「ここではない何処か」が写されているように思う。それは還りたい何処かであり、現実から飛び立っている何処かの風景のように見える。また、どの写真を見ても、地球という惑星の一部であるということを感じさせるような、世俗の時間と切り離された静謐さがある。

kyokonagashima.jpg
Gallery 360° の永島京子作品 Photo: Yu Miyakoshi

オノ・ヨーコ、ホンマ・タカシなどの国際的に活躍しているアーティストを擁する「Gallery 360°」の壁には、永島京子の写真が辺りの空気を分けるように掛けられていた。無人の空間を写した写真には、どことなく人の気配が感じられるような温かさがある。表面にはレンチキュラレンズという透明な板がかぶせられ、視線を動かすと風景がぶれ、動いて見える。その少し懐かしさも漂わせるレンチキュラレンズの効果が生かされ、写真の中に時間の動きを映し込んでしまったような不思議なイメージを残している。

yanobe_sunchild.jpg
ヤノベケンジによるモニュメント「サン・チャイルド」
KISS THE HEARTの展示ではこのシリーズのミニチュアモデルとステンドグラスを展示

アートを通じて行われる復興支援活動として開催された「KISS THE HEART」は、トーキョー・フロントラインとしても新しい試み。伊勢丹新宿店、三越日本橋本店、銀座三越のショーウインドーを舞台に「イマジネーションの力」をテーマとした新作が発表され、3月4日には出品作のオークションを実施。落札金額は全て東北の「こども芸術の家プロジェクト」に寄付される(消費税分は除く)。アーティストのヤノベケンジ飯沼英樹junaida(ジュナイダ)、ユニットでインスタレーションを制作した真鍋大度石橋素、被災地で撮影した写真を発表した緒方範人、本フェアの会場構成を手掛けた村山圭などが参加した。

portfolio.jpg
「TOKYO PORTFOLIO REVIEW」
レビュアーがアーティストに面と向かって評する Photo: Yu Miyakoshi

また、トーキョー・フロントラインが通常のアートフェアと違うのは、若いアーティストを支援するプログラムが数多くあること。アマナグループと恊働で行われた「TOKYO FRONTLINE PHOTO AWARD」では写真家の篠山紀信や森美術館館長の南條史生などが審査にあたり、今年は川島崇志を優秀賞に選出。また、会期中には本フェアのオーガナイザーである後藤繁雄や哲学者の千葉正也、森美術館キュレーターの片岡真実などを迎えたシンポジウムや、東京都現代美術館学芸員の籔前知子や編集者の伊藤ガビン、批評家の星野太など、強力なレビュアー8名がアーティストのポートフォリオを評する「TOKYO PORTFOLIO REVIEW」など、クリエイターにとって意義深いイベントが多く開催された。

allview1.jpg
Photo: Yu Miyakoshi

3.11の直前に開催された第1回から1年。この1年でわたしたちは、様々なものを淘汰し、心を豊かにするものを求めてきた。だからこそ、アートの価値も問われ、本当の意味で心を豊かにするものを見出すことや、一人一人がアートを体験することに気持ちが向いてきた。自分の中の壁を破るほど価値観を揺るがすアートに触れることや、現在進行形で生まれていくアートについて語ること。トーキョーフロントラインにはそうした機会に触れられるセッションの場があり、また来年へ向けて動いている。

TOKYO FRONTLINE
会期:2012年2月24日(金)~26日(日)
会場:3331 Arts Chiyoda
住所:東京都千代田区外神田6-11-14
主催:TOKYO FRONTLINE事務局/アートビートパブリッシャーズ
ディレクター/オーガナイザー:後藤繁雄
http://www.tokyofrontline.jp

Text: Yu Miyakoshi
Photos: Yu Miyakoshi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE