スーパーマーケット2012

HAPPENINGText: Victor Moreno

初めてきく方のために説明をすると、「スーパーマーケット」とはストックホルムで行われているインディペンデント系のアートフェアだ。ここでは、世界中のアーティスト運営のギャラリーや団体が、スウェーデンや世界のアートシーンで新たなネットワークを作ることができる。カルチュールフーセット(カルチャーハウス)で開催されているこのフェアは、40カ国80ギャラリーが参加するほど大規模なものになっている。アーティストたちを招いて作品づくりをしてもらい、その企画自体にインタラクティブなアートとしての意味を持たせているというのが、このフェアのメインのひとつ。その中には、セミナーやパフォーマンスアートといったプログラムもある。「スーパーマーケット」全体の目的は、作品を売ることよりも、国際的かつ思いもよらない新しい出会いの場をつくることだ。

Supermarket 2012

アーティストによって立ち上げられ運営されているこのフェアは、地元のグループによる小さな試みから本格的な国際アートフェアへ発展し、アートの世界地図においてストックホルムを有名にする一助となった。実際このフェアは、世界中の文化機関や政府機関からたくさんのサポートを受けている。

このアートフェアは非常に大規模なため、わたしたちは一旦会場を歩き回って何が起きているのかを見学することにした。そこで注目した見所をいくつか紹介しよう。

XP9U0132.jpg

GRAD(ベオグラード)へようこそ。KC GRADとしても知られているGRADヨーロッパ文化・討論センターは、カルチュアル・フロント・ベオグラードとアムステルダム・フェリックス・メルティス財団が共同で2009年に設立。ベオグラード中心部の荒廃した工場エリアの1884年に建てられたかつての倉庫の中に、このセンターはある。

XP9U0133.jpg

デヤン・ウービヴィッツとルドミラ・ストラティミロヴィックが共同創設者であり、共同ディレクターを勤めるこの大きなギャラリーでは、国内外のコンテンポラリーアートやデザインを中心に扱っている。様々なジャンルの革新的なアーティストを世界中から集めた音楽プログラムもあり、過去にはグラス・キャンディ、カリブー、サシャ・ファンケ、デビッド・カレッタなども参加をしている。

XP9U0156.jpg

ロー・アンド・ビーホールド(アテネ)は、「パブリック・ドメイン」という企画でスーパーマーケット2012に参加。これは、アーティストたちに都市景観の中での作品づくりを呼びかけたプロジェクトだ。各作品がプロジェクトの目録の役割も果たしており、グローバル化が進み、似たような問題や状況を抱えた環境に対しての、アーティストらしいユニークなアプローチが見られる。参加アーティストは、手法、発表形式ともに決まった作業工程をたどることになる。まず、彼らは自身が住む街の公共の場における“介入”を考え、実際に行うことを求められる。そして、その“介入”の様子を写真で撮影し、ポスターの形で提出する。これらのポスターはロー・アンド・ビーホールドのブースに展示される。このプロジェクトには、ゲリラ・ガールズ、ルーク・ラルフス、エマ・ハムリアン、マグナス・ティーフェルダーなど多数が参加した。

XP9U0114.jpg

ヤーンシュトールン(ストックホルム)のプロジェクトでは、IKEA創設者イングヴァル・カンプラードを話し手として登場させ、どう“スウェーデンの”ライフスタイルを売ることに成功したか、彼のスウェーデン神話の“ウソの”背景がPR会社の案内によって語られる。実際のIKEAが売っているのは「IKEAボックスに詰め込まれた家具やフィクションや夢よりも、ライフスタイル」、「個人的な愛情やニーズよりも、没個性」、「実際に家がどうあってほしいかよりも、どうみえるべきか」だろう。

XP9U0102.jpg

フォトギャラリー・ウィーン(ウィーン)は、芸術的な写真や新たなメディアの発展をめざす非営利団体だ。インディペンデント系の情報ギャラリーとして、商業的なメインストリームとは一線を画している。1981年にヨーゼフ・ヴァイスによって創立、1982年に7名の写真家がWUK(スタジオ・アンド・カルチャーハウス)での展覧会を開始させた。チームコーディネーターのメラニー・エンダとベッティーナ・カーティンガーに、彼らの30周年記念の本について、また現在進行中のプロジェクトや、ウィーンの興味深いアートシーンについて話を聞くことができた。この本では、この30年間が写真にとってどのような時代であったのかが、30年にわたるフォトギャラリーの歴史をあらわす数々のイメージと共に語られている。彼らは、何人かのアーティスト、同業者、専門家を招き、誕生日プレゼントと称してメッセージを送ってもらっている。30通の個人的な思いのこもった、写真の30年を祝う、30周年の誕生日メッセージだ!このギャラリーでは、現代アートとしての写真、ジャンルを超えたプロジェクトや新しいメディアの紹介に力を入れている。国際的な新人アーティスト、中でもオーストリア内外の若手アーティストの作品を紹介することが、彼らのミッションだ。

Supermarket 2012
会期:2012年2月17日~19日
時間:11:00~22:00
会場:カルチャーハウス
住所:Sergels torg 3 – 7, 11157 Stockholm
入場料:100 SEK (16才以下の子どもは無料)
TEL:+46 (0)8 508 31 341
info@supermarketartfair.com
http://supermarketartfair.com

Text: Victor Moreno
Translation: Sayaka Ito
Photos: Victor Moreno

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
icon
MoMA STORE