澁谷俊彦

PEOPLEText: Satsuki Miyanishi

絵画から空間へ。

北海道札幌を拠点に、場との共鳴を求める作品づくりを行う美術家・澁谷俊彦。冬や雪、大地と自然、雪国ならではの新しいアート表現に意欲的挑み続ける数少ない作家のひとりだ。
クロスホテル札幌で開催される展覧会「MYSTIQUES」(ミスティークス)への参加や、札幌芸術の森での野外展示、モエレ沼公園で行われる「スノースケープモエレ」での展示など、澁谷氏の作品が多くの場所で楽しめる冬の季節が北海道にやってくる。
クロスホテル札幌での展示を前に澁谷氏にお話を伺った。

澁谷俊彦

まずはじめに自己紹介をお願いします。

1960年室蘭生まれ、札幌在住の美術家。現在は個展中心に発表活動をしております。 

1984年から作品発表を行っていますね。東京、名古屋、大阪、京都、札幌と展示を行ってきましたが、その間自身の作品はどう変化してきましたか?

当時(80年代)私の周辺には形式主義的似非現代美術作家が多数おり、そこに自らの方向性を見出せずにいたため、あえてオンペーパーである版画(幾何学抽象表現によるモノタイプ版画)で、色彩をテーマに制作しておりました。四季折々の各地の自然観を表現するなかで、徐々に大いなる大地、郷里北海道への想いが募るようになり16年前に東京から戻ってまいりました。

2006年からは平面から、立体へ、インスタレーション作品の制作を行っていますね。変化のきっかけは何だったのでしょうか?

2004年から始まった「絵画の場合」(展覧会開催と定期的に開催される議論編を軸に展開される運動体)における議論がそのきっかけです。翌2005年展にむけて「絵画の定義」が議論され、当時メンバーであった穂積利明氏(現道立近代美術館主任学芸員)から投げかけられた様々な問いに対して悪戦苦闘(笑)した結果、2年越しに出した答え?が、2006年にCAI現代芸術研究所で開催した個展「瞑想の森」でのインスタレーションだったわけです。穂積氏が追求されていた「グローカル」(グローバルとローカルを合わせた造語:地理的偏差の撤退、中央−地方という階層の解消を示すばかりではなく、欧米主義−アジア、男性中心主義−女性の身体性、障害者、との融合・共動といったことも含んでいる)の実践は今なお、自らのあるべき方向性を探る指針となっております。

具体的にはどのように「絵画」を拡張していったのでしょうか?

morinoshiduku.jpg
「瞑想の森」2008年

分かりやすく具体例をあげて説明しますと、2006年開催の個展「瞑想の森」、2008年個展「森の雫」では矩形画面への内なる追求から空間へ進出することで絵画の可能性は拡がるのではないかと考えました。まずは壁面から床面へと展開することで、作品は天地左右が消失し360度鑑賞可能となります。また支持体の高低差を調整することで、鑑賞者と作品の焦点距離をコントロールできるようになったのです。

aoishiduku.jpg
「蒼い雫」2009年

また2009年の個展「蒼い雫」では支持体を掌サイズの半球型とし、その円形平面状に版表現を施しました。陶磁器や茶道具の如く、手に持って鑑賞してもらうことで、壁面作品の鑑賞方法より親近感を抱いて貰うよう心がけました。このように従来型の鑑賞方法に変化を与えることで、何かが生まれると考えたのです。
この時点では未だ強く絵画表現への自覚(執着)を持って展開しておりました。

ご自身の言葉である「精神の森」についても教えていただけますか?

日本人が抱く自然への畏敬の念、その象徴としての森。自らが森を散策しながら瞑想し作家としてのアイデンティティの構築を目指し、その具現化を「精神の森」と称しました。

esse.jpg
「森の雫」2008年, ギャラリーESSE

2009年からギャラリーでの展覧会から、茶室や野外での展示を積極的に行っていますね。サイトスペシフィック・アートを行う理由は何ですか?

ホワイトキューブ空間での作品設置と真逆のベクトルに新たな可能性を感じ始めていた頃、新設のギャラリー「ESSE」での企画個展(2008、2009年)で、会場特性である大窓から注ぐ太陽光に魅了されました。インスタレーションは外光の影響(光と影)で刻々とその姿を変えました。雲に陰り、人影に陰り、そして日没とともに人工光線の空間へと変化するわけです。太陽光を積極的に作品に取り入れたいとの思いが強まりました。そして紅桜公園、茶室寿光庵との出会いです。偶然訪れたそこは「場の力とアートとの共存」を叶えてくれるものと直感し、交渉の末3日間という前例のない展覧会「茶室DEアート」の開催にこぎ着けました。

chashitsu.jpg
「茶室DEアート」2011年, 紅桜公園・茶室寿光庵 写真:川村魚実

和の空間・畳敷きでは鑑賞方法の基本は座すことです。視線が下がることで作品は非日常な見え方となります。床柱や梁に使われている樹齢600年のオンコの幹、お香の香り、借景の木々の緑、抜ける風、野鳥のさえずり、蝉の声、毛氈の赤色、五感を刺激される空間に対して、自らのテイストに場との調和を図るコンテクストを盛り込むことで、場の力を引き出し作品と融合させることに専念しました。場から五感に作用し作品と共鳴するその空間はホワイトキューブでは得られない新鮮な体験(作者−鑑賞者)となりました。場との共鳴を求めることは必然的に野外へとシフトしていきます。

harikayama.jpg
「ハルカヤマシロシメジ繁殖計画」2011年, ハルカヤマ藝術要塞 2011 写真:川村魚実

「ハルカヤマ藝術要塞2011」では廃墟となったかつてのホテルとそこにもたれかかる様に寄り添う倒木のシュチエーションが、「自然と人間との共生・共存・再生」といった想い(制作意欲)を呼び起こしてくれました。3・11以降、芸術の無力感に苛まれておりましたが自然との共生をテーマに具現化した「ハルカヤマシロシメジ繁殖計画」という作品へと繋がりました。

konpeitou.jpg
「コンペイトウの隠れ家」2010年, 北海道立体表現展(札幌芸術の森美術館)写真:梁井朗

スノースケープなどの作品は、雪のある北海道ならではの表現ですね。アートによって長い北海道の冬が楽しめる、そんな作品です。

2010年の北海道立体表現展(札幌芸術の森美術館)では蛍光塗料を支持体裏面に塗布したオブジェを使った反射光の作品を発表しました。ここでは前述と異なり空間はホワイトキューブでなくてはなりませんでした。反射をより効率的に引き出すには空間が白いことが前提となるからです。そして幾つかの展覧会でこの作品(コンペイトウシリーズ)を発表するうちに、白くなければ成立しないのであれば、いっそ雪の中へセッティングできないものかと試行されたのが今年の2月のスノースケープモエレ6での作品、雪上インスタレーション「SNOW PALLET」です。

snowscape.jpg
「SNOW PALLET」2011年, スノースケープモエレ6(モエレ沼公園) 写真:川村魚実

鉄製の円盤状オブジェは裏面に塗布された蛍光塗料によって雪面に鮮やかな色の影を放ちます。オブジェには幾つかの高さのことなるものがあり、積雪量によってその反射効果が変わり日々異なる景色を見ることができます。低いものは雪に埋もれ、その存在を消し去り高いものは積雪が増えた状態で初めて輝きを雪面に描き出します。雪面の反射率はとても高く、実は晴天よりも曇天のほうが影色はよく映えます。全ては天候に左右されてしまうわけですが、自然相手のアートとはこういうものだとわたしは思っております。対峙したところで所詮ひとりの人間の所作が敵う相手ではありません。自然をコントロール(支配)するのではなく、寄り添うように上手に利用していくことだと思うのです。

意外なことにこれまで、「冬・雪」といったモチーフが現代美術で積極的に取り込まれたことはここ北海道ではあまりありません。わたしの取り組みが単なる雪像ではない冬のアートのアプローチのきっかけになってくれたら、と望みます。冬は嫌われ者ですが(巣篭もりすることなく)、視点を変えてみることで未来の可能性が広がります。雪国ならではの新しいアートが、ここ北海道・札幌から発信できたらいいですね。

kazenomori.jpg
「風の森」2011年, クロスホテル札幌 写真:川村魚実

クロスホテル札幌では新作を発表されるそうですね。作品について教えてください。

作品タイトルは「風の森」です。実は来年2月にモエレ沼公園で行われる「スノースケープモエレ」用にシミュレーションしていたものを都市型に変化させたものに改良し、前倒しで発表します。
風になびく動くオブジェによるインスタレーションです。

これからの予定を教えていただけますか?

12月23日(金)〜2012年3月7日(水)札幌芸術の森美術館 中庭インスタレーション「SNOW PALLET 2」が予定されています。11月26日に設置しますので、会期前からご覧いただけますが、積雪の保障はできません。3ヶ月の積雪量に対応した発展型オブジェと新作オブジェを用意しました。
同美術館で開催中の札幌美術展「リビングアート」と合わせてご覧ください。

2012年2月(中旬)スノースケープモエレ7/モエレ沼公園ガラスのピラミッド周辺 
クロスホテルで設置された「風の森」のモエレバージョンを発表します。雪原に100基のオブジェを設置予定。

2012年3月 「絵画の場合・最終章」(仮タイトル)/ポルトギャラリー

最後にメッセージなどお願いします。

派手なこと、斬新なことはできませんが、それでもなにかムーブメントが起こせたらいいな、と思っております。ひとりで叶うことができなければ、みんなで協力し合いましょう。日々個々の努力を怠ることなく精一杯な自分でありたいと願っております。 

「MYSTIQUES」ミスティークス
会期:2011年12月5日(月)〜2012年2月29日(水)
オープニングレセプション:12月4日(日) 18時〜
会場:クロスホテル札幌
住所:札幌市中央区北2西2
主催:クロスホテル札幌(企画部 011-272-0051)
キュレーション:SHIFT
出品作家:青木美歌飴谷 等櫻井清隆澁谷俊彦中 新、橋口潤平、矢柳 剛ワビサビ
http://crossmet.jp/sapporo/

札幌芸術の森美術館 中庭インスタレーション
澁谷俊彦「SNOW PALLET」

会期:2011年12月23日(金)〜2012年3月7日(水)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)及び12月29日〜1月3日
会場:札幌芸術の森美術館 中庭
住所:札幌市南区芸術の森2丁目
TEL:011-591-0090
http://sapporo-art-museum.jp

Text: Satsuki Miyanishi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE