NIKE 公式オンラインストア

アバス(ABBAS) 写真家45年の軌跡

HAPPENINGText: Rachel Alexis Xu

アバス(ABBAS) 写真家45年の軌跡展がオープニングを迎えた。熱心な来場者が手にするアバス本人からのカードには、たいていの回顧展は作者が死んだ後に開催されるものだという、ユーモアたっぷりのジョークが記されている。悪い冗談はさておいても、この言葉は名声というものが繰り返しさらされる現実を的確に言い当てている。つまり、作品のもつ世界観は作者の死後にのみ受け入れられるということだ。しかし、素晴らしい作品はシャッターが切られた瞬間から1日経とうが10年経とうが色褪せることはない。アバスの作品のように。

1.%20Courtesy%20of%20National%20Museum%20of%20Singapore.%20Photographs%20taken%20by%20Ray%20Chua.jpg
Courtesy of National Museum of Singapore. Photo: Ray Chua

アバスの旅の軌跡を示し、描き出すことでエキシビジョンは展開していく。ベトナム戦争の身の毛もよだつ戦いの記録、イラン革命時の放浪、そして長年にわたりメキシコ繁栄を見つめる眼差し——。他にも多くの作品が展示される。

2.%20Courtesy%20of%20National%20Museum%20of%20Singapore.%20Photographs%20taken%20by%20Ray%20Chua.jpg
Courtesy of National Museum of Singapore. Photo: Ray Chua

状況や背景がどうであれ、アバスの才能は明らかだ。瞬間を捕らえ、超越したものへと高めていく能力。超越とは時間の概念を越えるものか。あるいはそうかもしれない。しかし皮肉なことに、我々は時間には限りがあると知った上で超越の概念を理解する以外になく、そうすることによってのみ、時間の儚さに相対していくことができるのだ。

UNITED%20KINGDOM.%20Belfast.%20A%20wall%20crumbles%20down%2C%20a%20presumed%20act%20of%20arson%20by%20the%20IRA.%201972.jpg
Belfast. A wall crumbles down, a presumed act of arson by the IRA. 1972. UK © Abbas / Magnum Photos

「私の写真は動きの中で具現化する思考であり、それは瞑想へと誘う」とアバスは記している。動きの中の一瞬——全ての写真が間違いなく何らかの瞬間を捕らえている。しかし、ただ対象を捉えるだけに留まらず、見る者にその写真の前後に起きた事柄について考えさせるほど力強い瞬間を捕らえられる写真は稀だ。アバスが撮影した、ベルファストの塔が崩れる最中を捕らえた写真は崩壊を叙情的にすら切り取っており、見る者の思いを次の瞬間に起こった事象へと引き込む。

JAPAN.%20Tokyo.%20White%20doves%20are%20kept%20at%20the%20Yasukuni%20Shinto%20shrine%2C%20dedicated%20to%20military%20personnel%20killed%20during%20Japan%27s%20wars.%202000.jpg
White doves are kept at the Yasukuni Shinto shrine, dedicated to military personnel killed during Japan’s wars. 2000. Tokyo, Japan © Abbas / Magnum Photos

しかし、展示されている作品全てがハリウッドのアクションスタジオで撮影されたようなものばかりではない。アバスの才能は、瞬間を切り取る彼の写真の中にただ存在するだけではなく、彼の鋭い眼差しと全ての瞬間に人間味を見出す彼の能力によって輝きを増しているのだ。アバスが繰り返し鋭く暴きだすものの中に集合体の熱狂がある、個が感じる寂しさの対局にある感情だ。喜びにあふれて踊る群衆の真ん中に立ち尽くす人物や、観客との対峙を前に静かに役に入り込んでいく女優の肖像がそれにあたる。

3.%20Courtesy%20of%20National%20Museum%20of%20Singapore.%20Photographs%20taken%20by%20Ray%20Chua.jpg
Courtesy of National Museum of Singapore. Photo: Ray Chua

この能力こそが、様々な要素をエキシビジョンの中で結び合わせている。撮影の対象が様々な大陸や完全に異なる政治や社会の状況であるとしても、アバスはそこに共通する感情を通じてそれらをひとつにまとめあげる。そうすることによって人間存在の真の喜びや悲しみを捕らえるのだ。

今エキシビジョンの作品を通して、リアリティーを描写し、物語を語る道具としての写真の力に疑う余地はない。もしも超越こそがアバスが自身の技能を通じて手に入れたいものであるとするならば、額装された写真の一枚一枚がその証だ。

ABBAS, 45 Years In Photography
会期:2011年6月18日〜9月18日
会場:シンガポール国立美術館
住所:93 Stamford Road, Singapore 178897
Tel: +65 6332 3659
http://www.nationalmuseum.sg

Text: Rachel Alexis Xu
Translation: Kazuyuki Yoshimura

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE