飯沼英樹

PEOPLEText: Yuko Miyakoshi

今年の2月にアートフェア「TOKYO FRONTLINE」を訪れ、何人かの人に注目すべき作家は?と質問したところ、ほとんどの人から「飯沼英樹」いう名前が挙がってきた。その時の展示がヨーロッパでの就学、アーティスト活動を経て日本へ戻って来た飯沼氏の日本初発表だった。ビビッドなピンクを背景に歩く女性たちの姿が、鮮烈な印象を残す。かたわらには街中で撮影したというモデルの女性たちの写真も展示されている。これはもしかしたら盗撮では?それにしても、ぱっと見のプラスティックな印象とはうらはらに、この彫刻には確かな造形力ががある。一体この作品を作ったのはどんな作家なんだろう?新進気鋭の作風といい、唯一無比の存在感といい、謎の多い作家である。今回のインタビューでは、作品への思いや制作の裏話もお伺いし、飯沼氏の素顔に迫った。

飯沼英樹
Photo: Yuko Miyakoshi

現在のようなスタイルで女性の木彫彫刻を彫られるようになったのは、いつ頃からですか?

2000年に愛知芸大大学院を1年休学してパリに留学しました。卒業した後、フランスのブルターニュ地方にあるナント国立美術大学に留学しました。フランスで学んだことは、西洋美術のルールにのっとった作品は、わざわざ説明しなくても正しく解釈してもらえるってことですね。学科が分かれていなかったのでパフォーマンスやビデオ、写真、CGなどに触れるチャンスもありました。アーティストそれぞれが、西洋美術史を勉強し、一体自分の作品が美術史のどこに位置づけられるのか、誰から影響を受けているのか、ということを常に意識しています。そういった新しい価値観に触れながら、今のようなスタイルの作品を作るようになったのはその頃からです。

2004-Esrumsoe-H70cm-Birch.jpg
「Esrumsoe」 H70cm(2004)

飯沼さんは下絵をおこすことなく、写真から作品を彫り起こすそうですが、どのように素材を集められているのですか?

TOKYO FRONTLINE」で発表したスナイパーシリーズでは、日本の街を歩く一般の女性を撮影しました。あえて写真を使うのは、生身の女性だとイマジネーションが湧きにくいというか、萎えてしまうというか、「人」を意識してしまうと、作れなくなるのです。 身近な人を作るとか、美術学校でよくやるようにモデルを立たせて作るということは、まずやらないですね。 だから自分にとって全く関わりがないけど、一瞬で何か感じた人をモデルにしました。

2011slant.jpg
個展「美女」展示風景 SLANT(金沢/2011)

先日XYZ collective」(エックスワイジー・コレクティブ)と「SLANT」(金沢)で行われた個展「美女」ではファッション誌の写真を使われていましたね。

「美女」展はファッションと美女をテーマにした展覧会で、ファッション誌からモチーフを選んでいます。雑誌の中から現代女性を象徴するような写真を探しました。ギリシャ彫刻とか運慶・快慶もそうなのですが、 ポーズや服というのは昔から肉体の強さとか権威を象徴していた部分があるので、それによって僕の想像する美女を表現しています。

2011-07-xyz1.JPG
個展「美女」展示風景 XYZ collective(東京/2011)

ファッションには特別な思い入れがありますか?

ファッションの流行がどんどん変わっていって、少しでも古くなってしまったものが面白いように捨てられていくのが、人間の欲とか社会の新陳代謝を表すものとして見つめていきたいテーマですね。ファション雑誌をモチーフに使っているのに、ファッションの現場のことを全く知らなかったので、2003年にミラノにあるファッションデザインの学校に留学しました。
学校では靴やTシャツの襟をデザインしたのですが、学生達は建築などファッション以外のモチーフをデザインに混ぜ込んで作品を作っていました。メディアを浸食してデザインをする手法はとても新鮮でした。
ミラノファッションの内側を体験したことは今の表現に生かされているし、最新ファッションには常に興味があります。

色彩のポップな印象などから、海外では日本のポップ・カルチャーを連想されることもあるかと思うのですが、飯沼さん自身はアニメや漫画などのカルチャーから受けた影響はありますか?

確かにフランスではそういう反応を受けたこともありましたが、僕自身が影響を受けているというわけでないですね。ヨーロッパで勉強した時には周りにアンチポップな考え方が流行っていて、僕自身も漫画やアニメというより、別な方向に掘り下げた表現を理解してもらいたいと思うようになりました。

2011-02-frontline.JPG
TOKYO FRONTLINE 「スナイパーシリーズ」展示風景(東京/2011)

日本デビューとなったアートフェア「TOKYO FRONTLINE」での展示、その後の個展「美女」にはどのような思いで臨まれましたか?

TOKYO FRONTLINE の時には、アートフェアという場で何か事件性を盛り込めるんじゃないかと思い「スナイパーシリーズ」という名前をつけました。街での撮影は相手に気付かれるか気付かれないかの瀬戸際がけっこうスリリングです。でも小さなカメラで隠し撮ったりすると犯罪にひっかかるので、ちゃんと一眼レフをかまえて、僕は写真を撮りました。お洒落した格好を見られたいという女性達の願望、街でお洒落な人を見たい願望、その視線を彫刻という形にしました。街で「狙撃」した一般女性をランウェイで歩かせる展示方法によって一つの解決をみたと思っています。

「美女」展では、 僕自身の女性性をセルフポートレートする方法によって美女を表現しました。女性が大好きな男性的な自分と、女性の美しさに嫉妬している女性的な自分がツイストすることで、女性らしさを演じたり、男性らしさを演じるような役割を求められる社会、または男性化する女性、女性化する男性、といった現代社会をあぶり出すことができるのではないかと考えました。

僕自身はすごく男性的でマッチョな気持ちでモデルを選ぶこともあるし、反対にレディーファーストを徹底した女性礼賛みたいな気持ちで作品に向き合うこともあります。青山悟さん(現代美術家)とのトークショーの時に、「女装癖はないの?」とか言われたりもしたのですが、 女性になりたいというわけではなくて、女性性を追求していくことで女性的になっていくというよりは、それぞれの性を意識して作品化していく感じです。

2008-Narrow-mountain%20-H68x17x17cm-camphor.JPG
「Narrow mountain」H68x17x17cm (2008)

飯沼さんがモチーフにされているものの一つに「消費社会」がありますが、それは飯沼さんにとって重要なモチーフですか?

そもそも世の中に出回り読み終わったら捨てられていく雑誌は消費社会を象徴しているんじゃないかと思うのです。その中でも、ファッション雑誌は一時のブームで刷られては破棄されていく。ファッションそのものの華やかさに惹かれるというよりは、切り捨てられていく「はかなさ」のほうに魅力を感じるところがあります。それと同時にモデルたちも歳をとったら捨てられていく、という女性のはかなさもあるし、「美」というもの自体がそういうものだと捉えられます。
 
でも2月にTOKYO FRONTLINEが終わった後、消費社会をモチーフにすること自体が時代遅れなのではないか、という気がしてきたました。直前にエジプトでフェイスブックによる革命が起こって「消費」よりももっと大変な時代が来たと感じました。その後の震災で価値観が根底から覆されるようなことがあったので、消費社会という言葉がしらけて聞こえるのかもしれませんね。

3.11以降、制作に変化はありましたか?

僕は3月15日に家族と大阪の親戚の家に避難したのですが、東京を逃げた罪悪感でいっぱいになりました。その時、第2次世界大戦でパリから日本に帰ってきた岡本太郎や藤田嗣治、そして反対にパリに残った長谷川潔やパブロ・ピカソのことを考えていました。長谷川潔は収容所に入れられても最後までパリに残って版画を続けました。パブロ・ピカソは権力に対して真っ向から抗議して、描き続けることこそが芸術だと直感したのではないかと思いました。そう考えてから、僕も東京に帰って作品を作り続けようと決意しました。

福島の原発問題で真実を隠した報道による国家の危険性が指摘されたりしましたよね。アーティストが国家権力に対して個人の表現の自由をどう考えていくのか僕自身も今考えていることです。3.11以降は、今までと変わらず制作を続ける力強さを求められるというのもある一方で、その変わらないことに対する罪悪感みたいなものもあります。

2003-Baden-baden-H90cm-Acacia.jpg
「Baden-baden 」H90cm (2003)

ヨーロッパでの活動を経て、現在日本を制作の場所に選ばれたのはなぜですか?

5年間いろいろな国のアトリエを渡り歩いてきてたのですが、まず生活基盤、ベースをしっかりさせよう、という思いで日本に帰ってきました。住む家、アトリエもそうだし。外国に行って目新しいものから受けるインスピレーションもあるのですが、メンタリティーとか歴史や文化をふまえての会話というのは、こちらも想像しながらになるし、深いところまで理解しようとすると時間がかかりますからね。デンマークの美大のワークショップでサイモン・スターリング(現代美術家)に会ったんですが、彼に「君にはオリジナル・ランゲージが無いね」と言われたんです。英語もフランス語も話せる気になっていたのですが、日本語で色々考えていく過程というのは、もっと味わったり、深めていけますよね。自分のコンセプトも日本語が一番ダイレクトに伝わると思います。しっかり日本語で考えたコンセプトを翻訳し世界に対峙していこうと考えています。

好きなアーティストや影響を受けたアーティストを教えてください。

ドイツ人のゲオルグ・バゼリッツというアーティストは、ヨーロッパで色々な作品を見てきた中で、頭の片隅にずっとひっかかっていました。なぜあんなに荒々しいのに、完成度が高いのだろうと。このゲオルグ・バゼリッツを調べていくうちに、美術史の中で「非技術」みたいな、きれいに仕上げない美術というものがあるということを知りました。例えばゴッホとゴーギャンがいて、ゴッホを精神障害者だと見ると――もちろんゴッホはそんなに異常ではなかったと思いますが―― その精神障害者を翻訳して表現したのがゴーギャンなのではないかと思っていて、そのゴーギャンの描いたものがナビ派からブリュッケに伝わり、抽象的に人物を描くような動きがあった。その後にコペンハーゲン、アムステルダム、ブリュッセルで起きたコブラという芸術運動があって、その一派が人間性の回復を求めるようなブラッシュストロークを使って表現した。その後にジャン・デビュッフェがいて、彼は人間の無意識の部分や子どもらしさを翻訳して描いたアーティストだと思っているのですが、そういった流れの中にバゼリッツがいたのです。彼も精神障害者とか子どもの絵を集めたりしていて、今お話したような流れをくんでいたから、荒々しい表現ができたと思います。自分が美術史の中でどこに属するのか、どこに居ようとしているのか、自分なりに流れを意識した上で、荒削りの部分と逆にメイクアップのようにきれいに仕上げていく部分とを共存させたいなと思っています。

女性性の追求というテーマは今後も続いて行きますか?また、新たなテーマはありますか?

女性性の追求は今後も続いて行きますね。男女間の惹かれあう遺伝子と動物的本能の作品化とか。写真、ファッション、デザイン、ストリートやポップカルチャーとの共犯作品などを考え続けています。

飯沼英樹
1975年生まれ、長野県出身。愛知県立芸術大学大学院卒業後、2001年よりナント国立美術大学(フランス)に入学し、同校からヨーロッパ高等教育交流プログラム(ERASMUS)によりデンマーク王立美術大学、ナーバ美術大学(イタリア)、カールスルーエ国立美術大学(ドイツ)へ留学。大学卒業後はヨーロッパでアーティスト活動を行い、国際彫刻シンポジウム 1等賞(2004/ドイツ) 、エルンスト・バルラッハ賞(2005/ドイツ)などを受賞。現在は「SNOW Contemporary」に所属し日本で活動を行う。

Text: Yuko Miyakoshi

【ボランティアスタッフ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE