ジャン・ペイリー

PEOPLEText: Emma Chi

ジャン・ペイリーは1988年に映像作品「30×30」を制作したことで、尊敬の意を込めて「中国映像アートの父」と呼ばれるようになった。しかし、このようなレッテルが芸術家を不快にさせることは彼の様子から見て取れる。『このような名前で呼ばれる事に実に戸惑いました。私は父親になりたいと思った事はありません。それは私にとって全く意義の無いものでした。更には「85年の美術界(左傾した美術に対して当時の青年らは不満を持ち、西洋や現代アートの中に新しいものを求めた。中国全国規模で引き起こったアートのニューウェーブ。)のニューウェーブ・アーティスト」と呼ばれたりもしましたが、それらにはどのような事実も語られていません。中国で初めてとなる映像作品を私が制作したことや、年齢が少し高めだったことから「父親」と呼ばれたのです。自分ではどうしようもありませんでした。本来ならば作品だけで評価すべきだと思います。私はただ良い作品を作りたいと思っているだけです。』54歳の彼は黒いTシャツにハーフパンツというラフな出で立ちで、手にはエスプレッソコーヒーを持っている。眼は鋭く輝き、話は明確で筋が通っている。彼は慎重に考えを巡らせた。

ジャン・ペイリー

「中国最初の現代アートの実験者」「映像芸術の先駆者」「85年ニューウェーブアート運動の牽引者」のような肩書きや名誉を、いくらアーティスト本人が重要視していないとしても、ジャン・ペイリーの作品は早くから多くの観衆の目に触れられていた。彼の多くの作品はニューヨーク近代美術館やパリのポンピドゥーセンターなど世界的にも有名な施設に収蔵されている。ニューヨーク近代美術館での個展の開催やヴェネチアビエンナーレに三度招待を受けた唯一の中国人アーティストとしても知られている。

ジャン・ペイリーは子供の頃から創作に夢中で、最初の頃は油絵を描いていた。1985年から86年の間の代表作に、水泳とジャズやサックスなどの音楽をテーマにしたシリーズがある。『私の記憶の中では音楽がとても重要な地位を占めています。私が小さい頃、隣にイギリス留学から戻って来た人が住んでいました。彼の家には音楽のコレクションが沢山あり、学校が終わると急いで彼の家に行き「ベートーベンのヴァイオリン協奏曲ニ短調」を聴いたのを覚えています。兄と姉はこの隣人の影響を受け、楽器を学び音楽で遊び始めました。その様子を見ていた私もいつの間にか影響を受けていました。サックスシリーズの制作では、楽器の複雑で細かな部品も細かく観察し全て描きました。』

artist_zhang_peili_dubbed_as_the_father_of_chinese_video_art2.jpg

芸術家の作風というのはしばしば超現実主義と超写実主義の間で揺れ動く。彼は笑いながら言う。『私は超写実主義のように精緻に描く程我慢強くはありませんが、やはりこの画法が好きです。大学生の時にお金を稼ぐため、広告やポスターの絵を描いたことがあります。多くの油絵作品には、広告や写真のような写実主義の手法も用いられています。私は綿密なものや冷静な表現方法が好きなのです。』

小さい頃からデッサンを学び、1984年には中国美術学院の油画科を卒業した。家庭や個人の成長する過程で学んだあらゆる要素が引き出されたジャン・ペイリーの作風には常に理性と厳密さがある。彼は杭州の医師の家に生まれた。自身の家について、彼はこのように面白おかしく言っている。『毎日両親が帰ってくると、服からはホルマリンやヨードチンキの香りが漂って来ました。食卓での会話にもあらゆる複雑な医学用語が飛び交っていました。高校卒業時に医学研究所で臨時職員をしていたのですが、その影響もあり、後に医療用ゴム手袋をテーマにした「X?」シリーズを制作しました。 』

artist_zhang_peili_dubbed_as_the_father_of_chinese_video_art3.jpg

80年代、ジャン・ペイリーは中国現代アート界ですでに活躍していた。彼やゲン・ジエンイーなど、杭州のアーティストたちは「85新空間展」を開催した。当時の全ての情熱溢れる芸術青年と同じく、彼も積極的に絵画・インスタレーション・パフォーマンスなどを様々な手法で制作し発表した。1986年に創意体験を主張する「池社(杭州のアーティスト集団。アートは池という概念のもと名付けられた。)」を設立した。1988年、中国映像アートの処女作が彼の手の中で誕生した。この「30×30」という名の作品は重苦しく坦々としている。3時間にも渡る映像の中で、ジャン・ペイリー自身が落として割った一枚の鏡を辛抱強く張り合わせ、また落として割るという繰り返しをまるで苦役のように演じている。彼曰く、『全く未知のメディアを利用して行うチャレンジには大きな吸引力があり、私を引きつけます。例えば絵を描くのに慣れている人が突然その方法を変えて創作するなど、その変化自体に意義があると思います。とてもシンプルですが、これが初めての映像作品である「30×30」をつくった時の私の考え方です。』

artist_zhang_peili_dubbed_as_the_father_of_chinese_video_art4.jpg

1995年、ジャン・ペイリーは絵画という手段を放棄し、映像作品やそれに関連した撮影、インスタレーション作品の制作に全力を注ぐようになりました。『絵描きはたくさんいます。上手な人も少なくありません。私自身が絵画の感覚を見つけられなかったということもありますが、絵を描くことはもう十分だと感じました。もう描く必要は無いのだと。例えば以前描いたサックスを今になってまた描いたとしても以前描いたものを超えることはないだろうし、描く必要も無いのです。』と彼は言う。いくつかの映像作品はこの時期に相次いで世に出された。例えば「宿題1号」「児童楽園」「水:辞海標準版」(辞海とは中国で総合辞書を意味する)「相関のリズム」「適切でない快感」などである。『あの頃はちょうどテレビがブームになっていて、そこでテレビと関係のある作品を制作しました。根本的な動機はテレビ文化に対する疑問でした。人々の生活はテレビの影響を大きく受け、テレビが我々の日常生活に侵入してきました。それは手軽で簡単なファーストフードのようにその影響と表現方法のパターン化をもたらしたと思います。私はこれに対して疑問を呈したのです。』

作家のリウ・スオラーは「80年代」という本の中で、『あるムーブメントの牽引者が普通の人間へと変化する時、その過程において苦痛を伴う。』と述べている。しかし、ジャン・ペイリーはこれに当てはまらない。彼の変化というのは至って自然というべきものである。『私の初期の作品は挑戦、反抗など、少し気分を害してしまうようなものも含んでいました。しかし、2000年以降の作品は親近感が湧くような作風で、観客の鑑賞力に挑戦状を叩き付けるようなものではありません。しかし、それに対して苦痛を感じる事もありませんでした。何故なら自分自身が変化することが必要だと思ったからです。初期の反抗的な態度というのは結局、過剰なナルシシズムの結果と言えるかもしれません。』

artist_zhang_peili_dubbed_as_the_father_of_chinese_video_art5.jpg

ジャン・ペイリーは古い映画のDVDを収集するのに夢中である。2003年から2006年の間にはその趣味と関連した「遺言」「短語」「喜悦」などの作品を制作している。『私はビデオテープやDVDを集めるのが好きです。家には3000枚程のコレクションがあります。古い映画は私の記憶とリンクします。小さい頃から50年代の「ネオン灯の下の番兵」のような映画を見るのが三度の飯よりも好きでした。家の隣が軍の敷地で、夜になると中に入って遊びました。私のような年代の人にとってはこのような映画の印象は深く残っていると思います。私の作品は今日の言語環境のもとで改めて構成と解読することを通して、言葉や叙事の構成を変化させ断片的な言葉を抽出し、それにより新たな解読を可能にしています。』

artist_zhang_peili_dubbed_as_the_father_of_chinese_video_art%EF%BC%96.jpg

2001年から現在に至るまで、ジャン・ペイリーは中国美術学院ニューメディア科の主任として、中国の現代アート教育事業に力を尽くしてきた。現在彼は2011年に民生現代美術館で開かれる回顧展の準備に追われている。そして彼はインタビューの終わりにこう述べた。『要するに私は作品を通して多くの問題を提起してきたが、答えはまだ出ていない。』

ジャン・ペイリー回顧展「適切な快感」
会期:2011年7月16日~8月14日
時間:10:00~21:00(月曜休館)
会場:民生現代美術館
住所:上海市淮海路570号F座
入場料:20元
電話:+86 21 6282 8729
http://www.minshengart.org

Text: Emma Chi
Translation: Daiki Kojima

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE