ジャン・ディン

PEOPLEText: Emma Chi, Xue Luyao

ジャン・ディンは2007年の個展「工具」から、初期の作品に見られる都会の片隅をテーマとしたドキュメンタリー的な視点を変化させ始めた演劇的な方法を多く用いて、インスタレーションや映像等の多種多様なメディアを組み合わせた異質な空間を作り上げるようになった。それらの作品は異なる物質と元素の融合、対立、時には破壊を通して、巧妙に矛盾の溢れる現実を、独特なオーラでミスマッチであるかのような風景へと変化させている。ジャン・ディンの代表作を挙げると「工具」(インスタレーション、映像, 2007)、「大時代」(映像、写真, 2007)、「ヤブライの夢」(映像インスタレーション, 2008)、「法則」(インスタレーション, 2009)等がある。2011年5月21日から上海のシャンハート・ギャラリーのHスペースでジャン・ディン個展「オープニング」が開かれている。

ジャン・ディン

今回シャンハート・ギャラリーで行われている個展「オープニング」ではどのような作品を展示しているのか具体的に聞かせて下さい。

私の新しい作品は3つの要素を含んでいます。1つ目は体操、平行棒、平均台、鞍馬、段違い平行棒等のインスタレーションです。2つ目は古典的な大理石の台座、女性パフォーマーが立つ台座、平行棒を支える台座です。3つ目は“オープニングパーティーの雰囲気”。会場には実際に2人の女性パフォーマーがいて、それは夜の店の女性ダンサーを想像させます。

artist_zhang_ding7.jpg
「方向がはっきりしないゲーム」ミスクトメディア,2009

初期の作品の形式はドキュメンタリーフィルムに近いものでしたが、その後マルチメディア・インスタレーションへと発展していきました。なぜこのように変化したのでしょうか?また変化が起きた時期はいつですか?

私としてはこれは変化ではありません。ただ作品の必要性に従い作業を進めるのであり、最も表現が豊な方法を採用しているだけです。マルチメディア・インスタレーションは、私にとってとても心地よく自在なものなのです。

あなたの初期の作品はドキュメンタリーに近いと思います。一種の主観的自然主義の手法で、少数民族や都市の移民、同性愛者、放浪者等、社会の片隅にいる人たちに目を向けています。何故彼らに注目したのですか?実際に彼らと接触したことはありますか?また、インスピレーションはどこから来るのですか?

特別に少数民族や移民というわけではなく、彼らは私がよく知る人々ということになるでしょう。私は中国西北地区で生まれたので、彼らの生活環境を理解しています。都市の移民や同性愛者、放浪者に至るまで、もちろん深く交流したことがあります。彼らの生活のあらゆる側面が私のインスピレーションの源です。彼らはある種代表的な人々で、異なる人々の異なる運命を反映することができます

artist_zhang_ding2.jpg
「工具 1」ミスクトメディア,2007

あなたの作品はどのような社会問題を反映しているのでしょうか?

実際私の作品は深刻な社会問題を反映し風刺しているのではなく、私の心の内にある感性から自然ににじみ出たものです。私は作品を通して自分の心の中の感性を伝えたいのであって、必ずしも社会の現実を語りたいわけではありません。そしてただの視覚的刺激ではなく、私は鑑賞する人が強烈に感じるような芸術的雰囲気を作りたいのです。例えば人と人が会った時、その人の一挙手一投足から年齢、職業等の個人的背景を予測し、その結果その人に対する第一印象を持ちます。そのように私は鑑賞者が私の作った芸術空間の中で見る人それぞれが欲するものを得て欲しいのです。

artist_zhang_ding3.jpg
「工具 3」ミスクトメディア,2007

80年代生まれの芸術家として、どのような芸術的傾向がありますか?このような時代に生きることはあなたの創作にどのような影響を与えていますか?

私はちょうど80年代生まれの芸術家に区分されます。芸術は確かに時間の積み重ねが必要ですが、私の作品は自分の生きている時代とあまり関係がありません。特別意識して80年代生まれの特質を表現するつもりもありません。創作の対象になるのは私が興味のある人や物事だけです。

あなたの作品の中の人や物、出来事は都市文化と孤立した社会の片隅に存在しています。あなた自身は社会の片隅に生きる人間ですか?それとも一般的な主流社会に属する人間ですか?

私自身は主流社会に属していると思っています。私の作品は私の心の中のほんの一部分を反映しているに過ぎず、私の思想全てを表しているわけではありません。作品の中の人、物、出来事は、私が接したことがあるものたちの代表モデルです。

artist_zhang_ding6.jpg
「彫刻 1」発疱剤,2009

あなたの作品は国内外に出展しています。国内と国外では観客の反応にどのような違いがありますか?

展覧会の中で、観客と交流することはほとんどありません。本当のことを言うと、作品に対する彼らの反応をとても知りたいのですが、私はときどき自信がないときがあります。低い評価をされるのが怖いのです。芸術家の立場から言うと、作品というのは芸術家と観客の直接的な交流を可能にする媒介です。作品にはたくさんの情報が含まれており、私がわざわざ解説を加える必要はありません。観客は分析し判断する能力をそれぞれが持っています。作品の材質や組み合わせ方、その空間を体験すること等が更に彼らの想像と思考を刺激します。論文を書くのと同じで、多くの論拠の分析や判断を通して思考を整理し、一歩一歩結論を出すことができるのです。

どのような芸術家の影響を受けてきましたか?

多くの芸術家の影響を受けました。中国の伝統的なものから西洋のものまで色々です。私は以前油絵が中心でしたが、現在ではマルチメディア・インスタレーションが自分に合っていると思っています、なぜなら表現方法がより豊富だからです。芸術家は自分の作りたいものを作るべきだと思います。自分の好きなものを多くの人に向けて表現するのです。そしてそれは実利的過ぎるべきではありません。

artist_zhang_ding5.jpg
「ヤブライの夢」2008

「ヤブライの夢」のインスタレーションでは何を表しているのですか?

あの作品は八角形の立体構造になっています。8人の人が手を繋ぎ言葉を交わしている姿を想像できます。上部の8つのディスプレイは映像をリピート再生しています。人類の歴史の発展における重要なポイント、例えば測量技術の発明、エネルギーの発見、芸術、宗教、戦争等を描いており、そこから芸術の起源を探って行くのです。

artist_zhang_ding4.jpg
「大時代」ビデオ,2007

作品「大時代」では“都市移民”をテーマに表現されているそうですが。何故裸で馬に乗るという手段を用いたのですか?

厳密に言えば、都市移民がテーマという訳ではありません。私が描きたかったのは都市の臨界点で孤立する人々の姿です。例えば、私は上海で生活していますが、自分とこの都市の主要な部分との関係は強くないと感じており、帰属感がありません。これが先ほど述べた臨界状態というものです。この「大時代」というショートフィルムが描いているのはある男が馬の頭の付いた自転車に乗って夜の上海の街をさまよっている様子で、作品はドラマ性に溢れています。この写真では男が裸で、ある汚い公衆浴場に現れ、浅い水の中でタイヤも沈みながら一生懸命に自転車を漕いで前に進んでいます。馬の頭や自転車は私の幼少時代の木馬や小さな自転車に対するオマージュです。男性が馬に乗るというのは一種の騎士精神とも言えます。この作品の本当のテーマは夢を抱いて農村から都市に出て来た人々です。

artist_zhang_ding1.jpg
「西にnキロメートル」2006

「西にnキロメートル」について聞かせて下さい。

真ん中にある球体は27個の音を出す装置と繋がっており、全て同時に都市の朝から晩までのあらゆる音を流しています。見た目は時空を越えそうな未来的雰囲気がありますが、実際はシンプルにCDプレイヤーや拡声器で出来ています。「西にnキロメートル」の本体以外から音が出るような感じを作りたかったのです。

今までで一番満足している作品はありますか?

それは未来に誕生するであろう作品だと思います。芸術家は追求を続けるもので、現状に満足することはありません。絶えることなく創作に力を注ぎます、Just do it!

ジャン・ディン個展「オープニング」
会期:2011年5月21日~7月10日
時間:13:00~18:00(月曜休館)
会場:シャンハート・ギャラリー Hスペース
住所:上海市莫干山路50号18号楼
電話:+86 21 6276 2818
http://www.shanghartgallery.com

Text: Emma Chi, Xue Luyao
Translation: Daiki Kojima

【ボランティア/プロボノ募集】翻訳・編集ライターを募集中です。詳細はメールでお問い合わせください。
コントワー・デ・コトニエ公式通販サイト | 2016 SUMMER SALE
MoMA STORE